T県三門市に突如開いた異界からの門から現れたネイバーと呼ばれる異界からの侵略者によりたちまち街は蹂躙された。

街が壊滅寸前にボーダーと名乗る組織により街は救われた。

これはボーダーで働く1人の少年の物語

読者層が似ている作品

比企谷八幡ボーダーで、青春ラブコメしてる模様(作者:アオザキ)(原作:ワールドトリガー)

もはや何番煎じかわからない、ワートリと俺ガイルのクロスオーバーです。▼八幡は結構強いです。性格は原作と同じ感じを出すつもりですが、生憎ボーダーに友だちがいますので原作ほどの事はないと思います。▼ヒロインは木虎で原作で木虎がとりまると会った時みたいな感じをだしたいです。▼初投稿なので、下手なところも多いと思いますが、見ていって下さると幸いです。▼アンチヘイトは…


総合評価:343/評価:5.50/話数:5話/更新日時:2016年11月03日(木) 22:27 小説情報

やはり俺のボーダー生活は間違っている(作者:空気ゆーま)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は人間という生物が嫌いだった。▼しかしボーダーの連中が安らぎをくれる。▼それとともにぶつかる高校での出来事。▼横暴な教師▼毒舌美人▼アホの子▼そして、ボーダーの仲間たち▼目が腐るほどひねくれた彼の出来事です。▼pixivでも投稿しています。▼http://www.pixiv.net/whitecube/user/17420302


総合評価:299/評価:3.70/話数:15話/更新日時:2016年10月18日(火) 22:37 小説情報

やはり俺の界境防衛機関での物語は間違っている(作者:つむじ)(原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っている )

異世界から攻撃を受け続け4年の歳月がたった▼知り合い、身内をその侵略で連れ去られたもの、殺されたもの。▼残された対抗手段はトリガーと呼ばれる異世界の技術を用いた武器のみだった。▼これは、比企谷八幡とその仲間達の物語である。


総合評価:620/評価:5.14/話数:39話/更新日時:2016年12月05日(月) 21:41 小説情報

やはり俺が界境防衛機関で働くのはまちがっていない。(作者:貴葱)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

最初に触れておきますが、本作は強烈の俺ガイルキャラ(主に奉仕部、葉山グループ)へのアンチ・ヘイトを含む予定です。そのあたりは読むにあたり予めご容赦ください。▼また、本作では『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』『ワールドトリガー』両作において、多大な改変を行っている部分がございます。キャラクターの性格のちょっとした変更、本来この時系列では存在しない戦法…


総合評価:1350/評価:6.85/話数:9話/更新日時:2016年08月20日(土) 15:00 小説情報

やはり俺が綾辻遥の義理の弟であることはまちがっている。(作者:haruto5234)(原作:ワールドトリガー)

▼4年前、この都市は後に近界民と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めたその時だった。▼突如現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究しこちら側…


総合評価:435/評価:5.53/話数:9話/更新日時:2016年11月30日(水) 15:40 小説情報

【改稿版】 やはり俺の灰色の脳細胞は腐っている(作者:近所の戦闘狂)(原作:ワールドトリガー)

前作の改稿版です▼ヒッキーがボーダーでの人間関係を通して人として成長していく物語です。▼多分二話あたりから「あれ? 前と違うぞ?」って感じ始めると思います。▼ちなみに毎月末投稿で行きます。


総合評価:735/評価:7.48/話数:4話/更新日時:2017年01月31日(火) 20:00 小説情報

やはり俺がチート部隊の隊長をするのは間違っている(作者:サラリーマン)(原作:ワールドトリガー)

近界民(ネイバー)から三門市を守る組織、界境防衛機関(ボーダー)そこに所属するある一人の目が腐った男の物語▼*注意*▼作者は文才がないので相当変な感じになると思います。あと登場キャラの口調などこれじゃないだろ!となる箇所がいくつもあると思いますが笑って許してください!▼それでもいいならどうぞ


総合評価:523/評価:3.05/話数:37話/更新日時:2017年05月04日(木) 00:00 小説情報

やはり俺が入隊するのはまちがっている。(作者:斉天大聖)(原作:ワールドトリガー)

▼かつてこの都市は後に近界民と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めた時だった。▼突如、現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究し、こちら側の…


総合評価:802/評価:6.95/話数:14話/更新日時:2016年12月11日(日) 18:44 小説情報

やはり俺達のボーダーでの復讐は間違っていない(リメイク)更新停止(多分一旦)(作者:蟇六)(原作:ワールドトリガー)

やはり俺達のボーダーでの復讐は間違っていないのリメイク版です。色々変えたので作品としては違う作品と感じる人もいるかもです。


総合評価:262/評価:2.40/話数:16話/更新日時:2017年03月02日(木) 16:14 小説情報

やはり俺がA級隊員なのは間違っている(作者:mowさん)(原作:ワールドトリガー)

A級隊員としてボーダーに所属する比企谷八幡。▼ボーダー隊員としての彼の青春ラブコメはやはり間違っているのだろうか。▼


総合評価:2957/評価:6.70/話数:47話/更新日時:2017年05月21日(日) 23:14 小説情報