生物兵器の夢   作:ムラムリ
<< 前の話 次の話 >>

17 / 37
16. 殲滅ミッション 4

 ショットガンを杖代わりにして、色欲狂いが立っていた。
 至近距離から二度もショットガンを食らっていた色欲狂い。腹のプロテクターを叩けば痛そうによろけた。
 肋骨が折れたか。
「う……」
 色欲狂いがそのショットガンで頭を殴った人間は、まだ辛うじて生きていた。
 それを態々、もたつきながらショットガンを撃って止めを刺すと、反動でまた辛そうによろけた。
 走れそうにも余り無かった。
 ただ、足跡はここで終わっている訳じゃなかった。
 先にまだ、続いていた。
 ……多少心細いが、先に行くしか無いか。
 色欲狂いの爆弾を能天気に渡させて、色欲狂いは戻るように指示した。走れもしない仲間を連れて行っても意味は無い。
 ショットガンを杖代わりにしたまま、歩いて戻っていった。
 …………さて。
 行かなくてはいけない。敵を取り逃したとなれば、余り良い事は待っていない。
 復讐が待っているかもしれない。
 壊滅寸前まで追い込んだ後の復讐で、酷い目に遭ったという事を人間達から聞いた事があった。
 それは即ち、仕留め損ねれば、自分達にも被害が及ぶ可能性があると言う事だ。
 自分と能天気だけでは心細いが、行かなくてはいけなかった。
 爆弾を食らっても、弾丸を幾度もプロテクターで受けても、自分の体は十全に動いていた。痛みはあるが、色欲狂いのような骨折程のものではなかった。
 人間達を呼ぶ事も出来ないし、首輪はまだ警戒音を発していない。そしてまだ、ここはミッション区域内でもあった。
 走り始めた。

 弾丸が腕に当たり、強い痛みが走る。骨からの痛みもあった。
 ……何度も食らっていられないな、これは。
 けれど、歩みを止める訳にも、目と首を守らない訳にもいかなかった。
 足に当てられ、また転ぶ。転がって追撃を避ける。立ち上がって、また走る。
 足も腕も、腹も痛んでいた。頭も疲れていた。でも、疲労自体はタイラントと戦った前程じゃない。
 前回は、今回よりも大量の仲間が投入されて、そしてそれらを犠牲にしながら進んでいった。
 何度も仲間を盾にした。爆発に生身で吹き飛ばされた。仲間の血で塗れていた。
 その前回よりは、頭も体も、疲れていない。
「―――とかしろ!」
「―――――ンチャーがあります。それを、もっと近付いてから、確実に仕留められる距離になったら」
 ……うん?
 声が聞こえる距離に近付いてきて、聞こえて来た声に、物凄く嫌な予感がした。
 ……ロケットランチャー? グレネードランチャー?
 そうでなくとも、近付くのは危険過ぎた。その兵器は少なくとも、自分達をプロテクターごと破壊出来るものだ。
 能天気もそれを聞いて走りを止め、木の陰に隠れた。
 どうする? 分かれて向かうべきか。
 幸い、残っている人数は少なそうだったが、こっちも少ないのには変わらない。
 撹乱も大して出来ない。
 爆弾を投げられる距離まで近付いたら、多分相手にとっては仕留められる範囲内だ。どうしようか……。
 どちらかが生き残って全滅させる何て選択肢は、能天気とはやりたくなかった。
 距離を保っていると、声が相変わらず聞こえてきた。
「後少しで森も抜けられます。そうすれば車を隠してあります。頑丈なので、そこらの銃器でもB.O.Wでも壊せません。安心してください」
「本当だな?」
 喋っていない人間がもう一人居るかどうか。
 計、三人程度。
 時間は無い。
 そして、口調からして、重要な人間が居るらしい。
 こいつらを殺せればもう、それ以上の人間は居ないだろうけれど……。
 森の中で仕掛けた方が良いのは確かだった。けれども、どちらも犠牲にならないような倒し方が思い浮かばない。
 いや、何体居てもそれは変わらないか。自分も能天気も、そういう事態をこれまで何度も潜り抜けてきた身だ。
 恐怖なのは、多分このプロテクターごと吹っ飛ばせる、一つの武器。
 ずきずきと鈍く、体は痛んでいた。休んでもそれはもう変わらない。
 ……行くしか無いか。
 仕留め損なったら、それを激しく後悔するような復讐が待っているのかもしれない。
 その時だった。
 人間から舌打ちが聞こえた。
「……もう一匹来やがった。急ぎます!」
 一匹? 一体誰だ、と思いながら距離を保って追いかけていると、足音が聞こえてきて、追い着いてきた。
 痩身だった。
 三体になった。その援護はとても嬉しかった。これなら安全に行けるかもしれない。
 そして丁度、良いものを持っている事を思い出した。
 爆弾は届かないとしても、煙幕を張る事は出来る。それでも自分達の姿が見えてしまうのかそれとも見えないのかは分からないが、撹乱は出来るはずだ。
 自分はもう一個しか持っていなかったが、痩身は三つ、能天気は二つ持っていた。
 痩身から一つ貰い、それぞれ二つずつ。
 三方向に広く分かれて、その煙幕の爆弾を対象に向けて投げた。

 広く煙幕が立ち上る。続けて、痩身と能天気もその煙幕の爆弾を投げた。
 煙幕の中までそれぞれ走った。足止めの為か、銃声が何度か鳴った。自分の方にも飛んできた、が、狙いがずれていた。耳に風切り音が一回聞こえただけだった。
 煙幕を張れば、位置も分からなくなるのか。
 煙幕の中まで入って、もう一つの煙幕の爆弾を投げる。
 追いつけないにせよ、これで距離はかなり縮まる。後は、その兵器を身に食らわないように願うだけだった。
 そして、きっとプロテクターごと破壊出来る程の強力な兵器ならば、至近距離では使えないと思えた。
 煙幕を抜けて、そのすぐ先で待っていたのは、意外にも一人だけだった。もう二人は先に逃げたか。
 持っていたのは、グレネードランチャー。組織の人間が持っていたような、銃の下に付属してるだけのではなく、爆弾を撃ち出すだけの、専用の兵器。
 一番先に煙幕を投げた自分、そして一番素早い痩身が同時に煙幕を抜けていた。
 鋭い銃声が鳴った。左から攻めていた痩身が、横から弾丸を身に受けて足をもつれさせた。
 そして、自分にグレネードランチャーの照準が合っていた。
 横に跳ぶ。照準が冷静に自分に狙いを定め続け、木の陰に隠れる直前に発射された。陰に転がり込む直前に爆風で吹き飛ばされて、宙を舞った。目が回る。耳が聞こえない。転がって泥の中に顔を突っ込んだ。
 でも体は千切れていない。足も腕も頭も爪も、十全に動く。
 けれど、状況が見えない。視界を拭うと目の前の大木の根本が爆発して、自分の目の前に倒れてくるのが見えた。必死に転がった。背中に太い枝が当たって地面に軽くめり込んだ。
 痛みを堪えて起き上がろうとする中、遅れて来た能天気がまた爆弾を転がしたのが見えた。蹴り返されて、能天気が跳び逃げた。そこへ追撃の爆撃が来て、けれどギリギリ外れて後ろで着弾した。
 能天気は、人間の方へ吹き飛ばされた。
 人間の直前に転がった能天気、何とか起き上がった自分。姿の見えない痩身。
 能天気が、殺され……ない。人間の直前。グレネードランチャーは、撃て、ない。巻き込まれる距離だ。
 人間が迷いを見せた。
 そして、遠くからの狙撃を掻い潜り、懐まで到達した痩身。
 人間が気付いた時には、背後から胸を貫いていた。
 一気に口から血を噴き出した。最後、道連れにしようと引き金に力を加えようとするも、その前に爪を引き抜かれ、倒れた。
 能天気がグレネードランチャーをすぐさま掴み取り、狙撃されていた方向へ向かって、引き金を何度も引いた。
 照準も大して合わせる必要も無いそれは、最後の一発で悲鳴を聞かせた。

 倒れていた、狙撃銃で攻撃していた人間に止めを刺して、最後に森が疎らになってきた所で必死に逃げていた人間を見つけて、首を刎ねた。
 ……今度こそ、本当に終わった。
 誰も死ななかったのは、運が良かったとしか言えなかった。
 特に、自分や能天気は死んでいてもおかしくなかったと思う。
 今回は、これで終わりかな……。古傷と悪食が死んでしまった事を思い出した。そして、首輪の外し方を知ったのと、組織の男を殺してしまった事も思い出した。
 時間を掛けてまた慣れて行くしかない事が出来てしまった。色々、考えなければいけない事もあった。
 体も痛む。走りたくない。
 歩いて、ゆっくり戻ろう。
 そう思って後ろを振り返ると、痩身が自分と能天気を急かすように引っ張ってきた。
 …………まだ、終わっていないのか?
 そしてまた、思い出す。
 G-ウイルスなるものの存在について。
 急かす理由は、とても嫌な予感しか思い浮かばなかった。
 何度も爆風に吹き飛ばされて、銃撃の衝撃を数多に身に受け、挙句に太い枝にまで叩きつけられたこの体は、前回よりももう、疲れているように感じた。
 けれども、走らない訳にはいかなかった。
 傷を負っている、親しい仲間達が沢山居るのだ。