バイオハザード インクリボンがゴミと化した世界で   作:エネボル
<< 前の話 次の話 >>

3 / 9
03 現実の恐ろしさを前に 前篇

 ロバート・ケンドの手記

 9月25日
 『ケンドの銃砲店』はじまって以来の大繁盛だ。飛ぶように武器が売れやがる。
 だが武器を求める顧客の多くに共通するのが、コレまでの人生でまともに武器を扱ったことも無さそうな手を持っているという事だ。
 この景気には絶対に何か裏がある。素人が安易に武器を求めてくる時は、大体決まって良くない事が起こってるってのが相場だ。
 そして身構えていたら案の定だ、クソッたれ。かなりやばい事が起きていた。
 奇跡的に早い段階で俺がソレに気づけたのは、我が友バリー・バートンの鳴らした警鐘のおかげだろう。
 バリーと近所の狩猟仲間達と共にJ's BARで飲んでいた際、アイツはアークレイ山地で起きた猟奇殺人の犯人はゾンビだと言った。
 その時は余りにも馬鹿馬鹿しくて思わず仲間と一緒に酒を噴出したんだが、さっきのアメフトの試合中に起こった暴動の様子を見て笑えるほど俺も馬鹿じゃあない。
 警備員が暴徒に対して何発も9ミリを叩き込んでいた。
 だが、それでもやつらは動きやがった。
 銃を扱う稼業の人間だからこそ俺にも判る。
 普通なら致命傷となる位置にアレほど鉛玉を喰らってまともに動けるわけが無い。
 あれはバリーの言ったとおりまさにゾンビだ。
 ――そしてそんな連中が街に溢れかえりやがった。
 どうにも先月頃から街の様子がどこかおかしいとは思っていたが、遂にはこうなるとはまったくの予想外だ。
 とにかく少しでも対策を練らないと不味いと思い、出来る事は少ないながらも警察と協力してツテの限りを尽くし、爆薬や武器をかき集める事にした。
 まったく長い夜になりそうだぜ。
 ――そう言えばアイツは無事に家に戻れたんだろうか?
 昼頃に一度店を訪れ接客を手伝ってくれたが、その時もまだ病みあがりか少し調子が悪そうだったが……。


 9月26日
 一夜明けて多少はマシになったかと思えばより事態は深刻な状況だ。
 昨晩のスタジアムでの暴動を皮切りに、街のあちこちにゾンビが現れるようになった。
 ゾンビ映画さながらに、ゾンビは仲間を増やす為に生きた人間を食いやがる。
 もう商売なんて言ってる場合じゃない。早速近所に住んでる知り合いの内、特に銃でドンパチやるのが得意な連中を根こそぎかき集めた。
 退役軍人、元警察官、警備職員、消防官――
 中には元ベトナム帰りの今は失業保険で暮しているという奴も居る。
 こういう場合にモノを言うのは金よりも人脈だ。どいつも若いとはいい難いが、行動力に溢れる正義感を持った奴ばかり。そうした連中を中心に店にある在庫の火器を一挙に配り、警察と協力して市民の避難誘導を行っている。
 まったくこの騒ぎで店は大赤字だ。
 需要はあっても金を受け取る意味が無いなんてとんだ地獄だ、まったく!
 俺も早いとこラクーンシティから脱出を急いだ方がいいだろう。
 避難の優先順位が女子供病人と言うなら、俺にも一応その資格があるからな。
 だがそれよりも先にアイツを探さなきゃあならん。
 さっきもマービンから奴の安否確認の連絡があった。
 それを受けてこっちからも奴の家に電話を掛けたが、連絡はつかなかった。
 マービンの話が本当なら奴も無事に家から脱出したようだが――――
 とにかく奴らを押さえ込まな
 
《ページが破れている》


「――――手を貸してくれ! こっちだ!」
 
 R.P.D.のバッジを身につけた制服警官が、男達に呼びかけた。
 ゾンビの数は増加の一途を辿っており、この地域周辺の路上封鎖も間もなく終了する頃だ。
 
「――奴らを近づけるな!」

 バリケード構築の為、警察官らの作業を援護するようにロバートはショットガンを構えた。
 続くように各自武器を持ちより民兵として立ち上がった白人、黒人、ヒスパニック、チャイニーズの多くのラクーン市民がそれを援護する。
 
「押すぞ!」
「良し!」

 路地の奥に迫るゾンビの牽制を民兵達に任せ、大柄な体躯の警官が二人掛りで警察車両を押した。
 
「――これで一先ずは良し、だな」
「あぁ」

 ありがたい事にゾンビにはバリケードを乗り越えてくるほどの知能が無いらしい。亡者は封鎖された路地の奥で生存者達に向けて吐瀉物を吐きかけて呻くばかりだ。
 だがそれでも安心はできない。
 数が多くなればパトカー二台のバリケード等、簡単に突破されてしまうだろう。

「――ジリ貧だな」
「まったくだ」

 ショットガンに弾を込めながらロバートがぼやいた。
 その呟きに一人の男が答えた。ロバートの顧客の一人である警察官――ケビン・ライマンだ。
 顔立ちの整った31歳の男で普段はだらしなく軽薄な雰囲気を持つ不良警官だ。
 しかしその顔には普段とは違い明確な疲れの色が見える。
 無理も無い。この不良警官をして真面目にならざるを得ない状況なのだ。
 ロバートはふと提案した。

「――少し休んだらどうだ? いつもと違ってやけに真面目じゃないか?」
「気持ちは嬉しいが俺は空気を読んでサボる男なんでね」

 ケビンは笑みを浮かべながら返した。
 勤務態度に難有りでS.T.A.R.S.の採用試験に二度も落ちた男とはまるで思えぬ勤勉な態度には、ロバートは思わず苦笑を漏らす。

「だが寝てないんだろう? 寝不足で扱えるほどヤワな代物じゃないぜ、その銃は?」
「それこそ腕の見せ所だろう?」
 
 ケビンはロバートが店でカスタムした拳銃を両手で構えた。
 そして独特な構えから放たれる拳銃狙撃で、50ヤードも離れた先のゾンビの頭を一発で撃ちぬいた。
 狙撃を傍で見ていた数人の民間人がピュゥ♪と口笛を吹いてその腕前に賛辞を送った。するとケビンは彼らに、己の腕前を誇示するように不敵な笑みを浮かべた。
 
 ケビンを初めとする多くの警察官が、現時点で強い疲労を抱えているのは隠せてはいなかった。
 ロバートは密かに小さく溜息を吐く。
 警察官の多くは昨日の夜に起こったスタジアムの暴動から引き続いて状況に対応しており、疲れを見せようとしないのは民間人に不安を感じさせまいとするプロ意識だろう。  
 警察はゾンビの動きを牽制しつつ街に取り残された住民の避難に動き、その救助作戦の一環で地下下水道にC4を設置して、その直上に位置する区画ごとゾンビを滅する作戦を立てている。
 ラクーンシティーという巨大な街で発生したゾンビパニックに対し、その一撃がどれほどの効果を齎すかは未知数だ。
 もしかすれば雀の涙ほどの成果しか上げられないかもしれない。
 だが今はその作戦の成功が皆の希望となっていた。
 作戦の決行は午後6時――
 つまりは4時間後となる。 

「………………」
 
 ロバートは率先して住人の避難活動に尽力する傍ら、店の従業員のジョー・ナガトの姿を探していた。
 時折、警察署にも問い合わせているが、現時点で救助された者の中にジョー・ナガトの名前は無い。

「――警察による爆破作戦が一つの目安だな」

 作戦の成否に問わず大人数を投入しての救助作戦はそこで一区切りがつくだろう。ロバートはそんな風に今後を予想した。
 逆に言えばそれ以降は安否確認が絶望的になるという事だ。

「うあぁあああ!」
「っ!?」

 その時、思考の海に沈みかけたロバートの耳に甲高い悲鳴が飛びこんできた。
 視線を向けた先には無数のゾンビがいた。
 別の区画から進入してきた群れで、その群れが追いかける先には生存者が居た。
 またその悲鳴に呼応して、先程作ったバリケード越しに群がる無数のゾンビも慌しくなる――
 ロバートは携帯しているフルーツドロップを口に含むと、警察や他多くの生き残り達と共に武器を構えた。

「生存者だ、行くぞ!」

 ケビンが荒々しく音頭を取る。
 それに続いて現場が慌しく動き始めた。

 危険を前にする興奮が一時的に胸中にある大きな不安をかき消した。
 だがそれは一時的に忘れているだけである。
 実は何の解決にもなっていない。
 それの事を誰も気づかない。

「――よし!」

 ロバートも愛用のショットガンを構えた。
 口の中に広がるフルーツドロップのフレーバーによって街に漂う死臭を誤魔化す様に、ロバートもまた、不安をかき消す興奮の中に身を投じた。





 その頃、ジョー・ナガトは意図せず対峙する事になった赤い怪物を前に、鋭く視線と銃口を向けていた。
 構えたマグナムの銃口からはむせ返るような強い硝煙の臭いが漂っている。
 先程までの騒乱とは打って変わり、周囲には不気味な静寂が広がった。

「――――死んだの、それ?」
「たぶんな」

 四肢の末端がピクリと動いている所為か、ソレは今にも動き出しそうな気配がある。
 しかしマックスの撃ったショットガンによって床にひっくり返され、むき出しの心臓をジョーの持つマグナムで二度も撃ち抜かれたのだ。
 流石に絶命していると思いたい――
 ジョーは不安な表情を浮かべる一同を背中に庇いながら視線で退路を示した。

「――――行くぞ」
「え?」
「もうこんな場所に長居したくないだろう?」
 
 マグナムの代わりにベレッタを取り出し、ジョーは端的に言った。
 冷静になれば恐怖がぶり返す――
 その前に可能な限り安全な場所に移動するべきだ――
 そんな風にジョーが暗に言わんとする言葉を察した一同は、直ぐに機敏な動きで二階からの撤退を開始した。
 ショットガンを持つマックスが一同の先頭に立ち、その間をオルガ、シェリー、テリの順で続く――
 去り際。
 殿に立ったジョーは安全確認の意味を込めて、もう一度ベレッタの銃弾をリッカーの頭部に撃ちこんだ。
 リッカーの頭部が銃撃で跳ね上がった。
 だがそれ以上の反応はなかった。
 コレでこの先も奴が起き上がる事はないだろう――
 ジョーは判断したが、しかしそうした良い結果を見てもその表情は未だに険しかった。

 赤い怪物を前にしてジョーは反射的にそれをリッカーと口走った。
 ゲームで戦った記憶もあっての事だが、その姿はまさしく“舐める者”の異名に相応しい姿であったからだ。
 肥大化した脳みそによって鼻や目と言ったパーツの殆どを押しつぶされた面貌――
 唯一むき出しの牙が並ぶ口には老シスターを軽々と貫いた凶器の舌がだらりと伸びる――
 その舌の全長は本体の身長を軽く越すほどに長いだろう――
 そんなゾンビとも違う異形の怪物と遭遇した一同の心は、ひどく疲弊していた。
 礼拝堂に戻ってもしばらくは御互いに口を開かなかった。

「――ねぇ。皆、怪我は無い?」

 沈黙の中でテリが全員に尋ねた。
 テリの表情には未だ強い恐怖の色があった。声も微かに震えていた。
 しかし気丈に振舞おうとする強い意思が垣間見えた。

「えぇ。大丈夫。シェリーは?」
「私も無事」

 テリの問いに呼応して、オルガも正気を保つように頭を振りながら答えた。シェリーも続いた。そしてマックスも「俺も無事だ」と、己の健全を伝えた。

「――ジョーは怪我してない? かなり危ない場面もあったみたいだけど?」

 一同の視線がジョーに移った。
 最前線でリッカーと相対していたのはジョーだったからだ。
 テリだけに留まらず、皆ジョーに対して不安な表情を見せた。
 そんな全員の視線を受け、ジョーは観念したように、返事の代わりに袖をめくって出血した左腕を見せた。

「残念ながらちょっとだけ掠った。ハーブペーストを使う必要があるな」
「――だったら早く言いなさいよ、まったく。オルガ、出番よ」
「わかったわ」

 ジョーがおどけた調子を見せ、テリは呆れの溜息を吐いた。
 だがそのやり取りが緊張状態にあった一同の精神を程よく解した。
 オルガは先程作ったハーブペーストの瓶を持ち寄り、ジョーの受けた傷の手当を始める。 
 その間ジョーは無言だった。
 しかしその視線だけはジッと傷口に注がれていた。

「――どうしたの?」
「いや――――」

 ふと、オルガが心配そうな顔で尋ねた。
 しかしジョーは首を振って平静だとそれに返した。
 だがオルガは引き下がらなかった。しかし強くは追求せず、年上として優しく言った。

「――不安があるなら直ぐに言ってね。力に成れるかは判らないけど、貴方が倒れたら私達全員が危険だから」
「………………」

 ジョーの心にふと湧いた強い不安をオルガは的確に見抜いていた。





 察しの良さとは往々にして人生の分岐を左右する。
 そして危機的状況における察しの良さとは、時に思いもよらぬ可能性へと人を導いてしまうモノだ。
 その際に生まれる可能性とは、大抵が人の心に希望を作らない。寧ろ絶望を作るケースの方が多いだろう。
 そしてこの瞬間に置けるジョー・ナガトにも、それは当てはまった。

「不安、か――――」

 一同はジョーが持ち寄った携帯食で栄養補給がてらの短い休憩を取った後、教会を脱出した。
 目指す先はケンドの銃砲店――そして警察署だ。
 しかし道中に散乱する無数の事故車やバリケードの影響で、いくつか道を迂回する必要があった。
 周囲にはゾンビの影がちらほらと見える。
 しかし何れもその動きは遅く、幸いにして十分やり過ごせる程だった。
 恐らく先程ジョー達を襲撃したリッカーがその大半を捕食したのだろう――
 ジョーはゲームをプレイした時の知識から、状況をそう推測した。

 リッカーとは潤沢な食料を食べ続けたゾンビの成れの果て――つまり元々はゾンビである。そして元がゾンビなので、その攻撃には新たな感染者を産み出すT-ウィルスが含まれていると推測できる――

「危ない!」
「――――っ!」

 いち早く気づいたテリが叫んだ。
 路地の暗がりに蹲って潜んでいたゾンビが、ジョーに組み付こうと襲い掛かった。
 飛び掛ったゾンビは少女の姿をしていた。元はジョーと同い年ぐらいで、生前はそれなりにモテたであろう肉感的な肢体を持っていた。――しかしその生前の美貌も、今では影すらない。

「――くっ!」
 
 ジョーは咄嗟の判断で身を捩り、掴みかかろうとしたゾンビの足を払って路上に転ばせた。そして頭をブーツの靴底で叩きつけるように踏みつけた。
 ゴキャリと言うアスファルトに潰され骨が砕ける音が響き、ゾンビの頭部が石榴のようにはじけた。

「……はぁ」
「だ、大丈夫か?」
「あぁ。悪い――――」

 不安げなマックスに返事を返しつつ、ジョーは内心で注意力散漫な自分自身に強く舌打ちした。
 此処で己が下手をこけば、後ろからついてくる他4人の生存者も危険に晒す事になるのだ。だからこそ――と、ジョーはオルガが手当てした己の左手につけられた傷の事を忘れようと努めた。
 それは戦闘の最中にリッカーの舌が掠めて受けた傷であった。
 転んで少し出血した程度の掠り傷で、気にしなければ忘れてしまうような小さな傷だ。
 しかしジョーはその際に思ってしまった。
 傷を受けた事がきっかけで、己にも他の多くの市民と同様に“感染”してゾンビに成り果てるという可能性がある事に気づいてしまった。
 
(仮に脱出に成功しても感染してたら――――)

 バイオハザードと言うゲームに登場した人物は、皆ゲームだからこそ生存し、最後は生き残り未来を生きるというエンディングを迎えていた。
 ――しかしこの世界はゲームではなく現実だ。
 感染=ゾンビ化という方程式が確かに存在する以上、主人公でも無いモブの一般市民であるジョーがそうなるという可能性も十分に考えられた。

「――行こう」

 ベレッタを構えて再び歩みを開始するジョーの頭には、思わず吐きたくなるほどの様々な悪い考えが渦巻いた。
 心のどこかで自分はゾンビにならないと言う楽観がなかったか?
 いや、あったどころか考えもしなかった――
 リッカーから傷を受けて初めて現実的に自分が死ぬ事に気づいたか?
 死にたくない――
 生きたい――
 どうすればいい?
 どうしたら助かる?
 どうしたら?
 どうしたら――――
 渦を巻くように様々な思考が脳裏を走った。
 
「――おい、ジョー? お前本当に大丈夫か? なんかさっきから顔色悪いぞ?」
「――大丈夫だ」
「だけど――――」
「大丈夫だっつってんだろ!」
「――っ?!」 

 先導して歩くジョーに追いつき引き止めるように気遣うマックスの放った一言に、ジョーは思わず声を荒げた。
 その怒号にシェリーはビクリと身を竦ませた。

「――――悪い」

 気づいたジョーは直ぐに謝罪した。

「――謝るよりも先に事情説明をしてくれない? はっきり言うけど、アンタの不調は私達全員のピンチに直結するんだから」

 するとテリが尋問する様な視線をジョーに向けて、腕を組みながら言った。
 オルガもそんなテリに同調した。

「――さっきの怪物との戦闘で一体何があったの?」
「………………」
 
 ジョーは沈黙するが、それが逆に何かあったという答えとなった。

「――判った」

 シェリーを含む一同の探るような目に耐え切れず、ジョーは仕方なく口を開いた。

「アークレイ山地で起きた猟奇事件の事は知ってるだろ? 実際はあの事件で既にゾンビが発生していたらしい。――と、いうよりあの事件が発端だそうだ」
「――発端?」
「あぁ。調査に赴いたのは俺の働いてる銃砲店の顧客。名前は伏せるが、警察の特殊部隊S.T.A.R.S.のメンバーだ。まぁ、俺もそのメンバーの一人から話半分で聞いただけで、実際の所を詳しく知ってるわけじゃない。そして俺は、そいつにアンブレラ製薬がこのゾンビを産み出すウィルスを作ったって話を聞かされた」
「――えっ!?」

 オルガがジョーの齎した情報に絶句した。

「――ちょっとちょっと冗談はやめてよ。その話だとよりにもよってアンブレラが街をこんな風にしたって言うの? 普通に考えなさいよ。この街はアンブレラで潤ってる箱庭みたいな土地よ。それを自分で滅茶苦茶にするなんて考えられないわ」
「そうか?」
「そうよ」
「ならそれでもいいさ。重要なのはアンブレラがどうとかって言う点じゃない。ゾンビがウィルスで作られたって言う部分だ」
「――――え?」

 テリの指摘する不可解で矛盾ある部分には肯定も否定もせずに、ジョーは重要な論点を示した。

「人間がゾンビになるなんてありえない。だが現実にそれが起こってる。そして俺はウィルス感染によって人間がゾンビになるっていう話を聞かされた」
「感染って――まさか、お前!?」
「………………」

 マックスは青ざめた。
 そしてその瞬間、テリが、シェリーが、そしてジョーの傷を手当したオルガも気づいた。

「そんな――――」

 一同の視線がジョーの包帯の巻かれた左腕に向けられた。

「実際に俺がゾンビになるウィルスに感染したかどうかは判らない。だけど可能性を考えたら――不安になった。とりあえずお前らは怪我するなよ?」

 その後の道中はまさに、掛ける言葉が見つからないという嫌な沈黙に包まれた。