バイオハザード インクリボンがゴミと化した世界で   作:エネボル
次の話 >>

1 / 13
01 かゆうまとか笑い事じゃない

 ラクーンシティーに転勤するという親父の話を聞いた幼少期の俺は、その際になんとも言えない蟲の知らせのような妙な忌避を覚えた。
 ――思えば、あれが所謂予兆という奴だったのかもしれない。


 ☆


 ジョー・ナガトの手記 その1

 9月23日

 最近、紙面を見る度に思うのが、街で発生する暴動事件がやけに多いという事だ。
 加えてよく耳にするのが、『人が人を食う』という奇怪な噂の類。
 その噂自体が流れ始めたのは確か夏ごろだったか? まぁ、それは別にどうでもいい。
 ラクーンシティで最近多発する幾つかの暴動事件について、紙面でどこかのインテリが偉そうなコメントを載せている。『荒んだ心が事件を引き起こすのだ――』と、の事。正直俺は、実際にそれだけ(・・・・)ではないような気がした。
 当初、俺は実際に起こった事件を元にして作った一種の作り話――いわゆるロズウェルの円盤(UFO)的な、新聞社の作った大衆向けのオカルトだと気にも留めてすらいなかった。
 しかし最近になり、どうにも作り話にしては皆の様子おかしい(・・・・)と感じるようになった。
 外を歩く際に妙な緊張を強いられるし、街全体の雰囲気もやけに陰鬱というか不穏だ。――はっきり言って、皆、何かに怖がっている。そんな風に感じた。
 そして俺も日記だからこそ素直に本音を書くが、正直な所、不安に感じている内の一人だ。
 特にここ数日の体調の悪さも手伝い余計に気が滅入っているのか、強くそう感じた。
 
 有事に対する備えと戸締りを確認してから、今日はもう寝る事にする。
 どうにも熱っぽい。加えて、頭が痛い……。


 9月24日

 父子家庭且つ親父が警察官。そんな家庭環境の所為か独りで夜を明かす事にもすっかりと慣れてしまった。
 ちなみに最近の街の様子だが、かなり不穏だ。
 親父に意見を聞こうと思って大人しく家で待っていたのだが、どうにも向こう(警察)もまともに家に帰れない程忙しいそうだ。
 しかもそれを裏付けるように、街に“非常事態宣言”という知らせが出された。また昨日の夕方の時点では、付近の学校が緊急閉鎖されたとも聞く。
 何かは判らないが、何かがおかしい。今日は特にそれを強く感じた。
 ――だが俺は、あえて外に出る事にした。大人しくする気が失せたからだ。
 『用のない外出は控え、戸締りは厳重に――』という知らせを警察と市の両方から受けたが、独りで家に篭るのは想像している以上に気分が滅入るものだ。
 だから久しぶりにバイト先の“ロバート・ケンドの銃砲店”に行く事にした。
 街に漂う空気の所為か、店には銃を求める客の活気で満ちていた。
 正直、あまりお目にかかったことがない珍しい光景だ。
 未だかつてない活気に店主のロバートは忙しいと嬉しそうな悲鳴を上げていて、俺も折角なのでヘルプに入る事にした。
 
 最初こそ飛ぶように売れていく銃を見て気分良さそうに笑っていたロバートだったが、事態が武器を必要とする程に緊迫していると考えた所為か、終盤ごろには街に対する不安を吐露した。
 ――本当にこのまま、何事も無ければ良いと思う。
 そんな風に思っていた矢先。家に帰ると留守番電話に親父からのメッセージが届いていた。
 『出かける時は必ず銃を携帯しろ』、『必要とあれば親父の私物のいくつかを拝借しても良い』という言伝と、『新たに発生した暴動事件の対応で、取り押さえようとした暴徒に腕の一部を噛み千切られた』という報告がメッセージに入っていた。
 
 ――噛み付かれたとは流石に穏やかじゃない。大丈夫だろうか?


 9月25日

 《日本語で書かれている》

 聊か精神的なショックが大き過ぎる。一度、冷静になりたい――。
 とりあえず、今日(・・)、俺の身に起こった出来事を大まかにだが、書き殴る。

 まず連日の暴動事件で人々を襲っていた存在が、公的に食人鬼(ゾンビ)と呼称されるようになった。
 冗談のような話だが、それ以外に呼称の仕様がない。“蘇った死体が人を食う”のだから、ロメロの作った『ゾンビ』という名前以外に、呼称のしようがないとの事だ。
 ちなみに窓の外から聞えてくる悲鳴と呻き声はそいつらが原因である。ついでに言うと、連日の暴動事件の犯人もそれだ。 
 この期に及んで俺は、明日には街に平穏が戻るなんて妄想はしない。此処より先にあるのは“地獄”だけだ。少なくとも、()だけは確実にそれを感じていた。

 思えば予兆は既にあったのだ。“ラクーンシティー”と“アンブレラコーポレーション”の名前を聞いた際に、俺は確実にそれらに対する強い忌避感を感じていたのだ。
 どうしてもっと早くに気づかなかった? ()はこの瞬間に起きている“出来事”の正体を知っている。『前世』とかそういう荒唐無稽な表現での説明しか出来ない“謎の記憶”が俺の中にはあったのだ。
 それを思い出した切っ掛けは正直な所不明だった。
 連日続いた熱が少し下がった際にふと気づいた――という感じだったか?
 理由はわからない。だが結果として、俺は今の俺じゃなかった頃の事を思いだした。――正直こんな話を聞かされても誰も信じないとは思う。誰もが俺を狂人だと言うに決まっている。第一、俺自身がそうなのだ。
 しかし数十年経っても色あせずに記憶の隅に残る程、この状況を描いたビデオゲーム『バイオハザード』は印象的だ。アメリカだと『レジデントイーヴィル』という名前だったか? まぁ、それはいい。重要な事じゃない。重要なのはゾンビ映画さながらの地獄がこれから始まるという事、そして生き残る為には本格的に行動しなければならないという事だけだ。

 ――その件に前後して起こった出来事がもう一つある。
 今日、俺は初めて人に銃を向けた。いや、向けるどころか4発も、ぶっ放した。
 保存食とミネラルウォーターを買いに出かけた帰りの事。俺はその際に始めてゾンビを見た。
 親父に言われた通り護身武器は携行していたので対処に事欠きはしなかったが、それでも凄まじく現実離れした出来事だった。
 正直、未だショックが抜けきらない。
 だが精神的な部分では吹っ切る事が出来た。足に1発、心臓に2発、頭部に1発撃ちこんでもまだ動こうとする存在が人間であってたまるか。あれは人間じゃない。文字通りの怪物だ。
 ――だから次に会った時は確実に頭を撃ち抜けるだろう。今度は余計な警告も無しだ。
 それだけは確実に出来ると言える。

 ――――長々と書いたが、要するに俺には前世でこの状況を描いたバイオハザードというゲームで遊んだ記憶があるという事だ。それはこの地獄を生き残る為に必要な情報の宝庫だと言えるだろう。とはいえ、そこに一切のありがたみを感じる事は一切無い。
 思い出すなら思い出すで、もっと早い段階でそれに気づきたかったというのが本音だ。
 正直、今はそればかりを考えている。
 現在の状況的に、今が“バイオ2”、“バイオ3”、“アウトブレイク”の時代である事だけは、大まかに想像できた。
 バイオ2には警察署。バイオ3とアウトブレイクは、確か街全体が舞台となったか――。印象深い部分を除き、シナリオやギミック等についての記憶は薄い。
 頼りにするには結構な虫食いが存在している。こうしてあれこれと日記に言葉を書き連ね、使えそうな情報を脳みそから何とかサルベージしようとはしているが、思い出すと言う作業は中々に難しいものがある。
 特にアウトブレイク関連の記憶がほとんど無い。人伝に話を聞いて、酒場のウェイトレスのような民間人を主体にしたタイトルだった――そのくらいの事しか覚えていない。

 この記憶の虫食いが切っ掛けで今後致命的な事に遭遇しないと良いが――こればかりは神に祈るしかないだろう。
 ゾンビに食われて死ぬなんて、例え死んでもゴメンな最期だ。
 俺は生きたい。
 生き延びたい。
 何か夢があるわけでもないが、死ぬよりは生きていたいと強く思っている。
 この世界がバイオハザードの世界ならな、俺の願いはこの世でもっとも贅沢かもしれない。
 だが俺はそれでも願っている。
 英雄でなくて良いから、ひたすら平穏に生きて穏やかに死にたい――。

 ====== 

 親父の勤める警察署のオフィスに電話を掛けたが、電話は繋がらなかった。
 どうやら回線が込み合っているようだ。
 あまり思い出したくないが、昨日の電話で親父は暴徒に噛まれたと言った。
 ――この場合の暴徒とは十中八九、ゾンビの事だ。
 不安だ。
 だが、もはや最悪を想定しておくしかないないだろう。
 恐らく街の多くが俺と同じ不安を感じている。
 正直、このまま家に引き篭もりたいとさえ思う。だがその選択が死に直結する事を判りきっているのが辛い――。

 生きる為には行動するしかないのだろう。
 武器は家にあるモノとロバートの店で幾らか手に入る。後は食料と救急キットを初めとする幾つかの道具だ。
 しかし集めるにしても夜に動くのは得策ではない。行動を起すなら朝一番だろう。
 今夜出来る準備を可能な限りやり遂げたら、後は物音を立てないように夜を明かすだけ。
 そして今、俺は不安に苛まれながらこの手記を書いている。
 今夜ばかりは愛用のベレッタが頼もしい。 
 それにしても独りは不安だ。
 怖い――。

 ====== 
 
 9月26日

 深夜に親父から電話が掛かってきた。二日酔いで苦しんでいる時の方が快調に思えるような酷い声だった。
 親父は「街から逃げろ。自力での脱出が難しいのなら、警察署まで来い」と言った。
 俺は親父にその体調の悪さを懸念して思わず大丈夫かと尋ねたが、それに対し親父は大丈夫だと軽口の様に答えた。
 
 ――――ただしその際の受け答えの中で、『身体が痒くて熱い』や『やけに腹が減る』という台詞が出てきた。
 
 どう聞いても“かゆうま”の症状だ。
 親父は、もしも俺の勘が正しいのなら、ゾンビになりかけている。
 まさに今日思い出したばかりのバイオの知識が、親父が“T”に対する抗体を持たなかった事を如実に知らせた。
 
 親父に訪れる運命に気づいた俺に出来る事はなんだろう、か――。

 俺は――――

 《字が滲んでいて読めない》

 《ページが破れている》


 ☆


 ラクーンシティー警察から全市民に向けて、安易に家から出ないようにという警報に近い指示が下された。しかし警察の言葉に大人しく従う者の方が少なく、人々は己の意思で街の外へと非難を開始する――。
 その人の動きが切っ掛けとなったのか、それから程なくして発せられたラジオからの指示は、『避難しろ』の一点張りに変わった。
 緊張を解すように深呼吸して気持ちを整えるジョー・ナガトの下に電話が届いたのはまさにその時である。

『――ジョー・ナガト! 無事か!?』
「マービンか?」

 電話の相手はジョーの父親ジョージ・ナガトの同僚警官マービン・ブラナーであった。
 警察署内部もかなり緊迫した状況にあるらしく、受話器の向こうからは多くの職員の怒号と慌しい悲鳴や騒音が聞こえた。

『――今、何処に居る?』
「自宅。これからケンドの銃砲店に寄って脱出の為に警察に行こうって所です」
『なら話が早い。今、総力を挙げて俺達はゾンビ共に対抗中だ。その隙に早く街から脱出するんだ。ちなみにこれは俺だけじゃなく、ジョージ・ナガトからの言伝でもある』
「それは昨日の夜に既に聞いてる。――それよりマービン。親父の具合を教えてくれ。昨日の夜に確か――――」
『――――その件に関して俺はお前に謝らなければならない』
「――――――」

 声のトーンを落として言いよどむマービンの様子を如実に感じ取り、ジョーは半ば予想している答えを待つ。

『――ジョージは、死んだ』
「そう、ですか――」

 言いよどむマービンの絞り出すような言葉を聞いて、ジョーは思わず天井を仰いだ。
 知っていた。前世というモノに目覚めた所為で、ジョーにはその台詞が予想できたモノであったと、厳しく己に言い聞かせた。
 しかし他人の口から改めて父の死を聞かされると、心には容赦なく大きな錘が圧し掛かる感覚を覚えた。
 ジョーは無言で、静かに拳を握り締めた。そんなジョーに向けて、マービンは言った。

『いいか、ジョー。よく聞いてくれ。この街の状況は非常に深刻だ。ゾンビに襲われて死んだ連中もゾンビになり、その数を鼠のように増やしている。我々もバリケードを設置して奴らを食い止め、その間に住民の避難を急がせているが、その防御もいつ破られてもおかしくない。それが現状だ――』

 それは話題を掘り下げてジョーに同情をするような台詞ではなく、極めて厳しく現実を見据えた過酷な台詞であった。

『――厳しい事を言うが君一人の為にこちらから救援を回す余裕がない。銃の撃ち方はジョージやバリーから習ったな? 脱出の車両は警察で用意する。直ぐに行動するんだ』
「――――判った」
 
 ジョーは感情を押し殺して、肩に吊るした護身用の拳銃と、昨晩の内に準備した脱出用の荷物をチラリと確認した。

『無理を承知で言うがこの状況だ。余裕があれば要救助者になるべく手を貸してやってくれ』
「了解。警察署で会おう」
『――幸運を!』

 己の無力をかみ殺すように言うマービンに対して、ジョーは己の感情を殺した短く平坦な声での返答を最後に、受話器を降ろした。
 ジョーは深く息を吐いた。
 父親がゾンビと化した事は既に想定していた。昨晩の内にある種の覚悟を決めていたと言い換えてもいい。
 そうした一晩掛けた備えによって、ジョーは受け入れ難い衝撃を受けきった。

「――――死んでたまるか!」

 父の死に黙祷を捧げた後、ジョーは鋭い双眸を見開き、宣言した。

 ジョー・ナガトという少年はある意味で多くの幸運に恵まれていた。街に住む誰よりもこの先の展開を知り、気づいてからは精神を持ち直す時間があり、緊張と不安に潰れる事無く逼迫した状況で動ける天性の才と訓練を受けてきたからだ。
 母の死に泣いたジョーに、父のジョージ・ナガトは人生の困難に立ち向かう術と戦う技術を教えていた。そんな父の傍らにはその考えを後押しする父の友人達が居た。ロバート、バリー、マービン、ケビン――。それら稀有な才能を持つ多くからの助力を経て、ジョーは今日を迎えていた。
 図らずもこの十数年と言う期間で受けた多くの知識が、覚悟を決めて立ち向かえる人間へとジョーを育てていたのだ。

 ジョーは父の部屋に置かれたトランクを持ちだし、厳重に封印されたそのロックを解除した。トランクの中には父の私物の“大型リボルバー”が一丁とその専用の銃弾があった。
 44マグナム。護身用としては聊か過ぎる火力を持ち、普段使いで携行するには少々過剰な代物だ。
 しかしこの時、この地獄と化した街で生き残るには、非常に心強いと言い切れる怪物である。
 武器の封印を解くように予め用意されていた専用の銃弾を一発ずつシリンダーに装填し、ジョーは身支度を整えた。
 ポケットの多い黒のワークパンツ。生地の厚い長袖の上着。予備の銃弾と常備薬。救急スプレーの等をつめたナップザック――。

「――きゃぁああああ」
「っ!?」

 父の私物であるコンバットナイフとマグナムを腰のポーチに装備した直後。アパートの階下で管理人の女性が悲鳴を上げた。
 ジョーは部屋の戸を蹴り破って豪快に外に踊りでると、直ぐに階下で起こる騒乱の中に駆けつけた。
 アパート一階の玄関口が破られ、一階のホールは大量のゾンビで溢れかえっていた。

「全員、逃げろ!」

 ジョーは住人達に襲い掛かろうとするゾンビの頭を次々とベレッタで狙った。
 ――ヘッドショットで手早く三体。
 ゆったりとした動きに惑わされる事啼く。ジョーは冷静な射撃で次々と脅威を沈めた。
 ――が、それ以上の数がアパートの一階部分を埋め尽くさんと迫った。

「――くっ」


 銃声に反応したゾンビの群れが、一斉にジョーの方を向いた。
 余りの数に応戦を辞め、思わず一歩、距離をとる――

「助けっ! 助けて――」

 亡者の群れに飲み込まれた顔見知り達が血まみれの手をジョーに伸ばした。しかし直ぐにその手は力無く地面に落ちた。
 無数のゾンビが人を食らう為に群がってゆく様はまさに地獄絵図だ。

「――多勢に無勢か!」

 目の前で死んだ者達に哀悼の意を捧げる余裕は無かった。
 ゾンビの群れが埋め尽くす玄関からの脱出を断念したジョーは、直ぐに踵を返して近くの部屋のドアを蹴り破った。
 蹴り破った先に居た部屋の住人は銃を構えて進入したジョーを見るなり悲鳴を上げた。

「なんで扉を壊すんだ! 奴らが入ってくるじゃないか!」
「どのみち此処に居たら死ぬさ。死にたくないならアンタも逃げろ。此処に居ても助からないぞ!」
「――そんな! 嘘だろ!」

 部屋の男性は恐怖に慄きながらジョーを見上げた。
 男は恐怖に竦みあがり、蒼白になった顔で逆上する――が、ジョーはそれを淡々と切り捨てた。
 震えながら命乞いをしても助からない。既に死に絶えた虚ろな目で無心に生きた人間を貪るゾンビ達に命乞いは通じない。ジョーはそれだけは強くを確信していた。故に、

「――生き残りたいなら自分で動くしかない。行くぞ!」
「っ!? お、おい! アンタ――――」

 ジョーは先導する様に部屋のベランダの戸を開け、二階部分から路地裏へと飛び降りた。

「警察に行けば脱出用の車両があるはずだ! アンタも早く来い!」

 ジョーは男を待った。
 が、そんなジョーを見て、男は言った。

「――そんな、無理だ! 俺は飛べない!」
「飛べ!」
「だから飛べないんだって!」
「なんで!?」

 二階から飛び降りるという恐怖を前に、男性は足を竦ませていた。
 ジョーは苛立ちを込めて男を急かす。――が、それでも男はベランダの手すりにしがみ付いたまま、決して飛ぼうとはしなかった。
 ――無常にも、そんな男の後で多くのうめき声が響いた。

「お、おい! 奴らが来た! おい、アンタ銃を持ってるんだろ! 助けてくれよぉ!」
「ここからじゃ狙えない! いいから早く飛び降りろ! この程度の高さで死ぬか!」
「だから出来ないんだって! 俺は高所恐怖症なんだ!」
「知るか、クソッたれ! 早く飛び降りろ! 死にたいのか!?」

 ジョーが根気強く強く促し続けた事で、男性は漸く腹を決めてベランダに足をかけた。
 ――――しかし遅かった。
 直後に背後から伸びた無数の手によって男は部屋の中に引きずり込まれた。

「――うああぁああ助けてくれぁああああ!!」

 無数の呻き声の中、一際大きな悲鳴が周囲にこだました。
 それが男の断末魔の叫びであると察したジョーは思わず顔を顰めて眼を伏せる。
 
「――すまん」

 ジョーは反射的に日本語での謝罪を口走った。
 どうやら前世のジョーは日本人だったらしい。
 状況が状況ならば、日本語に堪能になった事を素直に喜べた。
 しかしそんな楽観的な考えに浸れる日常は、既にこの街にはなかった。




 ジョーは路地に入ってきた数体のゾンビを撃ち、怯んだ隙を体当たりで蹴散らしながら大通りへと歩み出た。
 車で脱出を試みた者が事故を起し、その影響で破壊された給水ポンプからとめどなく水が路面に溢れ出していた。路面には汚泥の他、多数の流血と臓物が溢れかえり、その死肉に多くのカラスが群がっている。
 動くモノでといえば無数のゾンビだが、車を動かしてバリケードを作り生きてゾンビに応戦する街の住民の姿もちらほらと見えた。――が、ゾンビの圧倒的な数の暴力にはあまりにも微力な抵抗しか出来ていない。
 ――そんな見知った街の変わり果てた様子を前に、ジョーは己に出来る最低限を実行する。

「生きてる奴は警察署を目指せ! そこに行けば街から脱出できるぞ!」

 愛銃のベレッタを構え、生き残った住人達に襲い掛かるゾンビを蹴散らして、ジョーは生存者に脱出を促した。
 それは正義感に端を発した慈善活動と言うより、寧ろ現実逃避に近い憂さ晴らしのような行動であった。
 ジョーは目の前の現実をまともに受け入れる事を拒んだのだ。
 拒んだが故にマービンからの頼みを心の支えとした。
 ――しかし結果として、その行動で救えた者も居た。

「――――誰か助けて!」
「っ!?」

 声に振り返ると白いドレスを着た金髪の少女を筆頭に、数人の生存者が走ってくる様が見えた。
 一同は悲痛な顔でジョーの下にたどり着いた。
 だが同時にその背後には、無数のゾンビと赤い眼を爛々と光らせる大量のカラスの存在があった。

「お願い! 私達もつれて行って!」

 先頭に居た少女――否、女性が言った。
 その女性の事はジョーもよく知っていた。度々紙面に登場するラクーンシティの市長マイケル・ウォーレンの娘である

「――下がれ」
「っ!?」

 ジョーは助けを求めた生存者らの言葉を遮り彼らを背後に隠して、背後を追ってきたゾンビ達をベレッタで撃った。
 しかし多勢に無勢だ。しかしその際、ジョーの視界にふと事故車が入った。

 使える――。気づくや否や、ジョーは左手でマグナムを取り出し、ガソリンを零した事故車の給油口に向けて引き金を引いた。
 直後、燃料タンクを撃ちぬかれた事で事故車がゾンビとカラスを巻き込んでの大爆発を起した。
 手首が外れそうだと言う感想を一つ零し、ジョーは小さく舌打ちをした。
 
(――マグナムの威力は申し分無しだが、いかんせん銃弾の希少さが問題だな)

 一先ず危機を乗り越えたジョーは痛む左手首を軽く振りながら匿った生存者達に振り返り、言う。

「此処から一端離れるぞ。走れるか?」
「え、あ……はい!」
「よし――」

 生存者達を促して足早にその場からの離脱を急ぐ。
 最終的な行き先は警察署だが、その為にもまずは――と、ジョーが最初に目指したのはその道中にあるケンドの銃砲店だ。


 ☆


 最初の事件発生からおよそ一週間が経った。その期間の間にあったフットボールの試合が、ラクーンシティーに溢れかれる亡者の数を爆発的に増やしたと言える。
 警察職員はバリケードを展開し、懸命にゾンビの侵攻を食い止めたが、もはやその防衛能力には陰りがあった。
 だが防衛力の低下の最たる原因は他ならぬゾンビでも、それと同じくらいに警察職員の手を焼かせていたのは、この事件の混乱に乗じて暴徒と化したラクーンシティーの住人そのものであった。
 生存者を喰らおうとするゾンビよりも、恐怖と混乱で正気を失った住人の行動の方が予測困難であり、警察職員は時に住人の混乱を増長させる無法者を見せしめに射殺するハメになった。
 またその際の行動が原因となり、今度は処刑を行った警官が自ら命を賭けて死地に立ってしまう事が度々発生。結果的に対応の人手不足に拍車を掛ける悪循環となった。
 加えて警察の上層部。
 これも極めてこの状況では厄介な存在であった――。

「――避難民移送車両は後何台残っている?」
「4台……いえ3台です!」
「そうか――――」

 マービンをはじめとする現場のラクーン警察職員は、懸命に住人の脱出作戦に動いていた。
 美術館を改築したラクーン警察署は並みの施設よりも広大で、防衛の観点から見ても、正しく使えば住民の避難場所としてはうってつけである。故にこの時ばかりはマービンもこの奇妙なラクーン警察署の本舎と、この場所を頑なに使い続けた署長の“悪趣味”を素直に褒めたが、それはそれ――。既にマービンは署長のブライアンを見限っていた。
 ブライアン署長には証拠こそ無いものの、街を牛耳る製薬企業アンブレラ社の重役や市長との癒着と言う黒い噂が古くからあった。それにより私腹を肥やし、警察署内に趣味の悪い美術品を幾つも展示する悪癖があった。ラクーンシティ警察の建物もそうしたブライアンの趣味による物である。
 癒着や悪癖と言った要素があるにせよ、もしもブライアン自身が稀有なほど有能であれば部下に見限られる事はなかっただろう。
 しかし彼はまごうことなき無能であった。
 ブライアン署長の対応は事件の発生から、その後に至るまでの全てが余りにもお粗末だった。事態を楽観して初動対応を滞らせたばかりか、漸く行動したかと思えば署内の武器の一極集中管理体に口を挟み、弾薬と銃本体の位置を滅茶苦茶に変えてくれたのだ。それは非常時における迅速な対応の“邪魔”と言う意味では舌を巻くほどに有能だったと各所から皮肉が飛ぶ程。
 マービン自身はブライアンと同じ警察バッジを身につけた事がひどく恥ずかしいとさえ思い、現在はいずこかに消えた(・・・)署長に代わり、全職員を纏め上げ、陣頭での指揮をとっていた。

 もしも彼が有能でなくばラクーンシティーからの脱出に成功した者の数はもっと少なかった筈――。
 そう評する程が出来るだけの働きをマービンは行っていた。
 しかし後の歴史にそれを知る者は非常に少なかった。

「――受け入れた避難民の中にジョージの息子はいるか?」
「いえ、現状ではまだ確認できていません」
「っ――そうか!」

 部下からの返答を受け、マービンは思わず眉間に皺を寄せた。
 電話で同僚のジョージ・ナガトの息子――ジョー・ナガトに脱出を促してから直に2時間が経つ――。
 幼少の頃からその成長を見守ってきた大人の一人として、マービンはジョーが生きて街から脱出する事を強く望んでいた。
 マービンはチラリと、デスクに置かれた自身の銃に視線を落とした。それはゾンビに噛まれ、ゾンビと化したジョージ・ナガトを射殺した銃であった。

(――あの時、なけなしの勇気さえ出していれば!)

 マービンは強い後悔にさいなまれた。
 脳裏に過ぎるのは、数ヶ月前に起こったある事件。今年七月にアークレイ山地で起こった猟奇殺人事件の、その調査に赴いたS.T.A.R.Sによる一件である。


 同山中の洋館で彼らは凄惨な現場を目撃した。製薬企業アンブレラ・コーポレーションは秘密裏に生物兵器を作っていたのだ。しかしそれが何らかの形で流出する事になり、内部で生物災害が発生――結果的に街で発生する奇怪な猟奇殺人の原因が、その生物災害による余波であるという報告を彼らは帰還後に齎した。
 既に山中にあったという洋館は消滅しており、現在に至っては調査の手も下っていない。だがそれでも数多くのおぞましい生物兵器研究の証拠をS.T.A.R.Sは持ち帰った。
 しかし彼らがアンブレラを糾弾しようとする段階で、それは頓挫した。
 もみ消しの工作に走ったのは署長のブライアンだという噂もあるが、実際にはラクーンシティーそのものがそれを望まなかったと言うのが正解か。
 ――――当時のマービンもその一人だった。
 
「――神よ」

 アンブレラの糾弾を選んだクリスとジルを引き止めた事もあった。だが今更になって思えば、それこそが誤りであったとマービンは強い後悔を抱く――。
 マービンは天を仰ぎ主に祈った。
 懸命に人を救う為に動いた者がゾンビとなったのでは、余りに救いがないではないか。せめて友人が、ジョージ・ナガトがその末期の瞬間まで身を案じていた彼の一人息子(ジョー・ナガト)だけでも救ってくれ、と――。

 その後、マービンは自ら電話を取って部下に幾つかの指示を出した。
 脱出用の車両を用意し、動かせる部下を街に送り、少しでも生存の可能性を上げる――。
 たった1人の為に10数名の生存者を見捨てるわけにはいかないが、それでも何とかしてやりたいと思っての行動だった。
  街からの脱出に使える車両の数は徐々に減っていく――。
 ジョーが到着するまでの時間をなるべく引き伸ばしてはいるものの、それでも限界は近かった。

「――――ダメだな」

 マービンは焦りばかりを産み出す頭を振った。
 平静さを取り戻すべく、マービンは気分転換にと紛失物の管理帳簿を開いた。
 ふと、デスクの脇を見ると歓迎会用のクラッカーと幾つかのアイテムがおかれていた。
 それはら近く着任する予定の、実に不幸な新人を迎える為に用意した小物だった。