総武高校2年の八幡は、第1次侵攻をきっかけにボーダーに入った。
そこで八幡がネイバーを倒したり、ボーダーで色々したりする物語。

俺ガイルの話もあるよ!

作者「はっはっはーあらすじ適当ですいません…」
設定、連絡事項など
  〜キャラ設定など〜2016年06月07日(火) 23:16()
本編
  第1話 「八幡のボーダーでのある1日」2016年06月04日(土) 22:41()
  第2話 「八幡はかなり(舐め)腐っている」2016年06月05日(日) 11:19()
  第3話 「俺…先輩としてガンバレ…」2016年06月07日(火) 00:07()
  第4話 「クッキーとチャーハンはもう嫌だ…」2016年06月10日(金) 07:18()
  第5話 「彼はいつの間にか対戦させられている」2016年06月12日(日) 18:41()
  第6話 「息抜きできるゲームってあんまり無いよね」2016年06月13日(月) 07:18()
  7話 「素直なのはいい事だ」2016年07月18日(月) 14:04()

読者層が似ている作品

やはり俺の界境防衛機関での物語は間違っている(作者:つむじ)(原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っている )

異世界から攻撃を受け続け4年の歳月がたった▼知り合い、身内をその侵略で連れ去られたもの、殺されたもの。▼残された対抗手段はトリガーと呼ばれる異世界の技術を用いた武器のみだった。▼これは、比企谷八幡とその仲間達の物語である。


総合評価:620/評価:5.14/話数:39話/更新日時:2016年12月05日(月) 21:41 小説情報

やはり俺がボーダーで幸せを求めるのは間違っていない(作者:サハリエル)(原作:ワールドトリガー)

▼T県三門市に突如開いた異界からの門から現れたネイバーと呼ばれる異界からの侵略者によりたちまち街は蹂躙された。▼街が壊滅寸前にボーダーと名乗る組織により街は救われた。▼ ▼これはボーダーで働く1人の少年の物語▼


総合評価:375/評価:6.00/話数:5話/更新日時:2016年10月03日(月) 23:34 小説情報

比企谷八幡ボーダーで、青春ラブコメしてる模様(作者:アオザキ)(原作:ワールドトリガー)

もはや何番煎じかわからない、ワートリと俺ガイルのクロスオーバーです。▼八幡は結構強いです。性格は原作と同じ感じを出すつもりですが、生憎ボーダーに友だちがいますので原作ほどの事はないと思います。▼ヒロインは木虎で原作で木虎がとりまると会った時みたいな感じをだしたいです。▼初投稿なので、下手なところも多いと思いますが、見ていって下さると幸いです。▼アンチヘイトは…


総合評価:344/評価:5.50/話数:5話/更新日時:2016年11月03日(木) 22:27 小説情報

やはり俺のボーダー生活は間違っている(作者:空気ゆーま)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は人間という生物が嫌いだった。▼しかしボーダーの連中が安らぎをくれる。▼それとともにぶつかる高校での出来事。▼横暴な教師▼毒舌美人▼アホの子▼そして、ボーダーの仲間たち▼目が腐るほどひねくれた彼の出来事です。▼pixivでも投稿しています。▼http://www.pixiv.net/whitecube/user/17420302


総合評価:300/評価:3.70/話数:15話/更新日時:2016年10月18日(火) 22:37 小説情報

やはり俺が綾辻遥の義理の弟であることはまちがっている。(作者:haruto5234)(原作:ワールドトリガー)

▼4年前、この都市は後に近界民と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めたその時だった。▼突如現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究しこちら側…


総合評価:435/評価:5.53/話数:9話/更新日時:2016年11月30日(水) 15:40 小説情報

比企谷八幡のボーダー活動(作者:アラベスク)(原作:ワールドトリガー)

28万人が住む三門市に、ある日突然異世界への「門(ゲート)」が開いた。門からは「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物が現れ、地球上の兵器が効かない怪物達に誰もが恐怖したが、謎の一団が近界民を撃退した。彼ら、界境防衛機関「ボーダー」は、近界民に対する防衛体制を整え、依然として門から近界民が出現するにも関わらず、三門市の人々は今日も普通に生活していた。▼俺ガイルと…


総合評価:310/評価:5.00/話数:15話/更新日時:2016年09月19日(月) 14:45 小説情報

やはり俺がA級隊員なのは間違っている(作者:mowさん)(原作:ワールドトリガー)

A級隊員としてボーダーに所属する比企谷八幡。▼ボーダー隊員としての彼の青春ラブコメはやはり間違っているのだろうか。▼


総合評価:2933/評価:6.56/話数:47話/更新日時:2017年05月21日(日) 23:14 小説情報

俺ガイル×ワールドトリガー (作者:るょー)(原作:ワールドトリガー)

4年前、この街にネイバーと呼ばれる怪物が現れた。▼突如現れたこのネイバーと呼ばれる怪物には普通の兵器が効かなかったのだ。▼誰もが世界の終わりを覚悟したが、謎の一団、のちにボーダーと呼ばれる組織がこれを撃退した。▼ボーダーは、ネイバーに対する防衛体制を整た為、▼依然として門から近界民が出現するにも関わらず、この街に住む人々は今日も平和に暮らすことができている。…


総合評価:1715/評価:5.89/話数:97話/更新日時:2017年02月23日(木) 00:00 小説情報

やはり俺が太刀川隊に所属してるのは間違っていない(作者:ナインハルト)(原作:ワールドトリガー)

かつてこの都市は後に『近界民』と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めた、その時。 ▼突如、現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究し、『こち…


総合評価:2012/評価:6.59/話数:86話/更新日時:2016年11月20日(日) 23:04 小説情報

やはり俺がボーダーの隊長なのは間違っていない(作者:成瀬正義)(原作:ワールドトリガー)

T県三門市。総人口28万人のこの都市にある日ゲートが開いた。そこからやってきたものたちー後に『近民界』と呼ばれる異世界から侵略による被害を受けた。▼こちらの世界の技術が通用せず、人々は都市の壊滅は時間の問題と思っていた………そこに現れた謎の一団が近民界を撃退し、こう言った。▼『こいつらの事は我々に任せて欲しいー我々はこの日の為に備えてきた』▼そう言うと迅速に…


総合評価:79/評価:1.25/話数:4話/更新日時:2017年01月11日(水) 16:34 小説情報