ヒカルのオセロ   作:桂かすが

1 / 1
ヒカルのオセロ

 ヒカルがオセロをやろうと言ってきた。見ると碁盤のような盤と駒を使う。興味が出たのでやってみる。

 案外奥が深い。最初はヒカルとほぼ互角。だが、すぐにコツを掴み強くなった。

 ネットのオセロもやってみる。碁よりは単純なゲームだ。すぐに頭角を表した。

 だがあるとき「オセロでは人間は機械には勝てない」という話を聞く。

 ヒカルに頼み込んでその機械とやらを手に入れてもらった。確かに強い。

 碁もほとんと打たず、毎日機械とオセロを打ち続けた。強い。とても強い。碁では滅多味わえなかった強敵との戦いにハマった。

 数ヶ月、とうとう機械に勝った!機械との勝負も続けたが、またネットのオセロもやりだした。

 連戦連勝。誰もかなわなかった。ある日誰かが言い出した。

「これ新しいソフトじゃねーの?」

「そうだね。こんなに強いとかありえないね」

「こっちもソフト用意してぶつけてみようか」

「いい考えだ」

 だがそれも倒した。

「新しいソフトに違いない。どこかの大学の大型コンピューターでも使ってるんじゃないの?」

反論する。

「違いますよ!ちゃんと打ってるんです」

「じゃあ今度オセロの大会があるから出てこいよ。目の前で打ったら信用するよ」

「それは……」

「できないの?やっぱりずるしてるんだ」

「ぐぬぬ」


 そのあとはヒカルに代打ちを頼んで大会で優勝したり、世界大会でも優勝したり、新しいソフトの挑戦を受けたり色々あった。

 


 ある日、ヒカルが言った。

「佐為、囲碁は?神の一手を目指すって言ってなかった?」

「あっ」

 すっかり忘れてた……              

 

 その後、少し回り道をしたものの、ヒカルは碁のプロになり佐為は成仏しましたとさ。



文章評価、ストーリー評価、ご感想などを次作の参考にしたいと思います。
仕方ねえな、と与えてくださると嬉しいです。嬉しいです!






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。