ただただ八幡が無双するお話です。

でも、ゆきのんとガハマさんが好きな方はバックをお願いします。


  プロローグ 12016年04月05日(火) 23:57()
  プロローグ 22016年04月06日(水) 00:10()
原作開始前編
  第一話  唐突に、彼は弟子入りを志願される。2016年04月06日(水) 00:15()
  第二話  どうしても、本部長の説教は長い。2016年04月06日(水) 20:48()
  第三話  こうして、那須玲は弟子入りを果たす。2016年04月07日(木) 15:54()
  第四話  やはり、比企谷八幡はヘタレである。2016年04月08日(金) 14:16()
  第五話  不幸にも、彼は事故に巻き込まれる。2016年04月09日(土) 15:47()
  第六話  どうやら、彼女は自らの想いに気付いたようだ。2016年04月12日(火) 13:24()
  第七話  やはり、迅悠一は暗躍を好むようだ。2016年05月23日(月) 19:59()
  報告2016年10月10日(月) 17:16

読者層が似ている作品

やはり俺がボーダーで幸せを求めるのは間違っていない(作者:サハリエル)(原作:ワールドトリガー)

▼T県三門市に突如開いた異界からの門から現れたネイバーと呼ばれる異界からの侵略者によりたちまち街は蹂躙された。▼街が壊滅寸前にボーダーと名乗る組織により街は救われた。▼ ▼これはボーダーで働く1人の少年の物語▼


総合評価:370/評価:6.00/話数:5話/更新日時:2016年10月03日(月) 23:34 小説情報

やはり俺には副作用なんて必要ない(作者:シャチホコタワー)(原作:ワールドトリガー)

流行りのクロスオーバーに便乗。八幡主人公のワートリクロスです。何番煎じか分かりませんが、お読み頂ければ幸いです▼そして思う、仁礼ちゃんとか綾辻さんとか小南とか、ボーダーの女の子は可愛すぎると。▼


総合評価:964/評価:7.19/話数:8話/更新日時:2016年08月07日(日) 22:19 小説情報

やはり俺がA級隊員なのは間違っている〜凍結〜(作者:mowさん)(原作:ワールドトリガー)

A級隊員としてボーダーに所属する比企谷八幡。▼ボーダー隊員としての彼の青春ラブコメはやはり間違っているのだろうか。▼※作者が受験のため、凍結させていただきます。▼たまに投稿するかもしれないので、待っていてください。2〜3月あたりにレンジでチンして解凍します。


総合評価:2906/評価:6.64/話数:46話/更新日時:2017年01月22日(日) 02:15 小説情報

やはり俺の界境防衛機関での物語は間違っている(作者:つむじ)(原作:やはり俺の青春ラブコメは間違っている )

異世界から攻撃を受け続け4年の歳月がたった▼知り合い、身内をその侵略で連れ去られたもの、殺されたもの。▼残された対抗手段はトリガーと呼ばれる異世界の技術を用いた武器のみだった。▼これは、比企谷八幡とその仲間達の物語である。


総合評価:585/評価:4.87/話数:39話/更新日時:2016年12月05日(月) 21:41 小説情報

やはり俺のボーダー生活は間違っている(作者:空気ゆーま)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は人間という生物が嫌いだった。▼しかしボーダーの連中が安らぎをくれる。▼それとともにぶつかる高校での出来事。▼横暴な教師▼毒舌美人▼アホの子▼そして、ボーダーの仲間たち▼目が腐るほどひねくれた彼の出来事です。▼pixivでも投稿しています。▼http://www.pixiv.net/whitecube/user/17420302


総合評価:257/評価:3.25/話数:15話/更新日時:2016年10月18日(火) 22:37 小説情報

ボーダーに所属する比企谷八幡の物語(作者:ポトフ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

俺ガイル×ワールドトリガーです。基本俺ガイル原作に沿っていきます。


総合評価:343/評価:4.00/話数:12話/更新日時:2016年12月13日(火) 16:34 小説情報

やはり俺がボーダーの隊長なのは間違っていない(作者:成瀬正義)(原作:ワールドトリガー)

T県三門市。総人口28万人のこの都市にある日ゲートが開いた。そこからやってきたものたちー後に『近民界』と呼ばれる異世界から侵略による被害を受けた。▼こちらの世界の技術が通用せず、人々は都市の壊滅は時間の問題と思っていた………そこに現れた謎の一団が近民界を撃退し、こう言った。▼『こいつらの事は我々に任せて欲しいー我々はこの日の為に備えてきた』▼そう言うと迅速に…


総合評価:79/評価:1.25/話数:4話/更新日時:2017年01月11日(水) 16:34 小説情報

【改稿版】 やはり俺の灰色の脳細胞は腐っている(作者:近所の戦闘狂)(原作:ワールドトリガー)

前作の改稿版です▼ヒッキーがボーダーでの人間関係を通して人として成長していく物語です。▼多分二話あたりから「あれ? 前と違うぞ?」って感じ始めると思います。▼ちなみに毎月末投稿で行きます。


総合評価:719/評価:7.50/話数:4話/更新日時:2017年01月31日(火) 20:00 小説情報

やはり俺がチート部隊の隊長をするのは間違っている(作者:サラリーマン)(原作:ワールドトリガー)

近界民(ネイバー)から三門市を守る組織、界境防衛機関(ボーダー)そこに所属するある一人の目が腐った男の物語▼*注意*▼作者は文才がないので相当変な感じになると思います。あと登場キャラの口調などこれじゃないだろ!となる箇所がいくつもあると思いますが笑って許してください!▼それでもいいならどうぞ


総合評価:489/評価:3.05/話数:32話/更新日時:2017年03月23日(木) 21:51 小説情報

俺ガイル×ワールドトリガー (作者:るょー)(原作:ワールドトリガー)

4年前、この街にネイバーと呼ばれる怪物が現れた。▼突如現れたこのネイバーと呼ばれる怪物には普通の兵器が効かなかったのだ。▼誰もが世界の終わりを覚悟したが、謎の一団、のちにボーダーと呼ばれる組織がこれを撃退した。▼ボーダーは、ネイバーに対する防衛体制を整た為、▼依然として門から近界民が出現するにも関わらず、この街に住む人々は今日も平和に暮らすことができている。…


総合評価:1640/評価:5.80/話数:97話/更新日時:2017年02月23日(木) 00:00 小説情報