機動新世紀ガンダムX アムロの遺産   作:K-15
<< 前の話 次の話 >>

14 / 27
第14話

戦場に広がった謎の光。
それはモビルスーツ等の動きを封じ込み、パイロット達は混乱を隠せない。
けれども光はいつまでも続かず、次第に輝きは失われていく。
アムロのドートレスは辛うじて動けるようになり、目の前のアシュタロンから距離を取りGXの腕を掴んだ。

「どう言う事だ? サイコフレームの光だと言うのか?」

「逃げるのか? 目の前にはアイツが居るんだぞ!! 今なら――」

「フリーデンの状況も危ない。帰る場所が失くなるぞ」

GXを引き連れてドートレスはフリーデンに帰還する。
光は完全に見えなくなり、オルバのアシュタロンもこれ以上深追いはしない。

「チィッ、もう少しでアムロ・レイを仕留められたのに。それにしてもさっきの光……回収したLシステムか……」

ペダルを踏み込みメインスラスターから青白い炎を噴射して加速するアシュタロン。
コンソールパネルを叩きビットモビルスーツを回収した潜水艦へ通信を繋げた。

「こちらはオルバ。艦長、聞こえているのなら今すぐ撤退を」

『ガンダムを手に入れられるかもしれんのに……わかった』

「懸命な判断です。戦力を立て直せばバルチャー共がまた追って来る筈です。こちらもソレに備えましょう」

撤退する中、オルバはシャギアに念波を送る。
後方で待機する彼にも、今回起きた状況はオルバを通して感じていた。

(兄さん、この光はLシステムの?)

(その可能性が高いな。こちらでも僅かではあるが調べが付いた。旧連邦が開発したニュータイプ能力の増幅システムらしい)

(だからって、機体の制御を奪うだなんて)

(幸いにもシステムはこちらの手にある。アイムザット統括官もこの件に付いて興味を示している。ビットモビルスーツと共にこちらへ回収するんだ)

(わかったよ、兄さん)

///

モビルスーツを回収したフリーデン。
パイロット達は全員ブリッジに集まり今回の事をウィッツはジャミルに問う。
しかし、それらの質問に答えるのはシートに座る彼ではなかった。

「アンタに聞いた所でわかるとは思えないが、あの光は何だ? 機体が光に触れた瞬間、操縦が全く効かなくなった。それに、光はフリーデンから出てるようにも見えたぞ?」

「ローレライの幽霊って聞いた事ない? 今回の現象もゴーストの仕業だったり」

「ロアビィ、冗談言ってる場合か。もしも動けなくなったのが俺達だけだったら相手に一方的にやられるんだぞ」

「あら? 流石にこのヤバさは気が付いたか」

「冗談に付き合ってる暇はねぇよ。オイ、ジャミル。アンタなら何か知ってるんじゃないのか?」

言葉には出さなくとも全員が思う疑問。
視線がジャミルに集中するが、1歩前に出たのは彼ではなく隣に立つティファだった。

「この事は私が説明します。良い、ジャミル?」

「ティファ? いや、違うか。ルチルなのか?」

「えぇ、15年ぶりにまた会えた……」

状況に付いて行けないクルーとパイロット達。
ティファの事をルチルと呼ぶジャミルにガロードは思わず声を上げてしまう。

「何言ってるんだよ、ジャミル。そのサングラスを取って良く見てみろ。どこにルチルなんて人が居るんだよ」

「そうだな、みんなには説明する必要がある。今のティファはティファではない」

「はぁ? 何だって?」

「ルチルは15年前、連邦に居た時に私の上官だ。だが戦争の最中、彼女は突如として消えてしまった。その彼女が今、ティファの体を拠り所としてここに居る」

「そんな事を……信じろって言うのか? って事は、ティファは今どうなってるんだ?」

ガロードの疑問は最もだった。
15年の月日が経過して、ニュータイプと言う言葉さえもが消えつつある。
そんな彼らにニュータイプの事を説明しても理解はできないし、増してこのような自体を簡単に飲み込む事はできない。
それでもティファは、ティファの体を借りるルチルはガロードに納得して貰おうと口を開く。

「この体の持ち主である彼女なら大丈夫。言ってみれば今は二重人格になったようなモノ。私がこの体から離れた瞬間、彼女の意識も元に戻ります」

「だったら何で、アンタはティファの体に乗り移ったんだ?」

「事前に彼女と話はしました。彼女も了承してくれた上で、私は今ここに居ます。私も昔、ジャミルと同じニュータイプと呼ばれ、その身を革命軍との戦いに費やしました」

「ニュータイプだって?」

「えぇ、そうです。ニュータイプは当時、戦争に使用される兵器として利用されていました。その為のガンダムとフラッシュシステム。ですが私はフラッシュシステムではなく、また別の兵器に投入されました。それがLシステム」

「そのシステムがさっきの光の原因か?」

「先程の光を説明するには順を追う必要があります。15年前、私はLシステムに組み込まれました」

「組み込まれた!? それって……」

「私の体はニュータイプと言う生体部品としてシステムと一体化しました。それは同時に人間ではなくなったと言う事でもあります。しかしLシステムが導入するよりも早くに戦争は終結しました」

「地球へのコロニー落とし……」

「はい。コロニーは地球へと落とされ、私の体ごとLシステムは海の底へ沈みました。彼らが回収したのは、私の入ったLシステムとビットモビルスーツです」

「それってヤバイんじゃないのか、ジャミル。俺、未だにニュータイプの事もあんまり良くわかってないし、こんなゴーストみたいな事なんて全然理解できないけど、ルチルさんを助けないといけない事くらいはわかる。そのLシステムってのにその人は組み込まれてて、オルバはそれを握ってる。行こうぜ、ジャミル!! ルチルさんを助けに!!」

ガロードが向ける眼差しに、ジャミルはシートから立ち上がる。
複雑な心境が心の中で渦巻く。
そんなジャミルにアムロはそっと近寄った。

「ガロードに気合いを入れられたな。ジャミル、GXに乗るんだ」

「だが、良いのか? それでも慣れてない海上戦だ、みんなを危険に晒す事になる」

「今更だな、その為に俺達パイロットが居るんだろ? それに、いずれまた戦うかもしれない相手だ。システムを自由に使われれば厄介になる。その前に叩く」

「やってくれるのか?」

「サポートくらいはするさ」

アムロの言葉を受けてジャミルは意思を固めた。
立ち上がるジャミルは無言のままガロードの元まで行くと右手を差し出す。
サングラス越しではあるが交わる視線。
何も言わなくても意思は伝わり、ガロードは上着のポケットからGXのコントロールユニットを取り出した。

「GXにはジャミルが乗ってくれ」

「わかった。ありがとう」

「ヘヘッ、15年もブランクがあるんだ。間違ってやられるなよ?」

「当然だ、私は元々GXのパイロットだからな。ガロードに遅れは取らん」

「じゃ、ブリッジで見させて貰うよ。それでルチル……さん?」

「はい、あの光はLシステムとガンダムに搭載されている装置を利用しました。私はもはや意識だけの存在。
ティファのニュータイプとしての能力を合わせてもLシステムを起動させる事はできません。ですのでアムロのガンダムに搭載された装置を使わせて貰いました」

「俺のガンダム?」

ルチルの言葉に思わず振り向く。
アムロのガンダムはオルタネイティブ社で戦闘した際に損傷し、それ以来モビルスーツデッキの隅でワイヤーで固定されたままだ。
νガンダムはそれから一切手を付けられておらず、それもありキッドでさえもガンダムの構造は把握できてない。

「ティファ……いや、ルチルさん? どう言う意味なんだ?」

「アナタのモビルスーツ、ガンダムに組み込まれた装置を使用しました。そうでないとLシステムを起動させるだけの力がもう私には残ってません」

「ガンダムに組み込まれた装置、サイコフレームの事か? だがアレは俺にだって知らない事なんだぞ?」

「私も理解できている訳ではありません。感性……感覚を信じて動いただけです」

(だったら、あの後アクシズはどうなったんだ? サイコミュで敵の反応を受信して動きやすくする為のモノではないのか?)

「ごめんなさい、私にも全てを説明する事はできません」

「いや、謝る必要はないよ。だが気になる事が多すぎてね。サイコフレームの共振……」

「あのモビルスーツはアナタの力になってくれる筈です。私はそう思います」

「Lシステムだとか、フラッシュシステムだとか、νガンダムだって所詮は人間が作った装置に過ぎない。最後は使う人間次第。ガンダムなんてなくても俺はこの先を生きていくしかないんだ」

「そう……」

ポツリと呟くルチル。
ジャミルはモニターに目を移し進路を決めるとクルーに向かって叫ぶ。

「フリーデン、全速前進だ!!」

///

ビットモビルスーツを回収した潜水艦へ帰還したオルバのアシュタロン。
だがフリーデンが追い掛けて来る中で悠長に時間を使う暇はない。
機体の推進剤の補充だけメカニックに任せてシャギアに念波を飛ばす。

(兄さん、フリーデンが追って来るよ)

(こちらでも位置は確認できている。部隊が合流するのに時間は掛からない。だが、やれる事はやるべきだ。ヴァサーゴのメガソニックでフリーデンを狙撃する。オルバは位置を伝えてくれ)

(了解、兄さん)

コクピットシートに座るオルバはコンソールパネルを叩きハッチを閉鎖する。
推進剤も満タンに補充され戦闘準備は整った。

「フリーデン、次こそ沈めてあげるよ。オルバ・フロスト、アシュタロンで出るぞ」

『こっちはどう動けば良い?』

「このまま全速力で真っ直ぐ進むんだ。そうすれば味方と合流できる。だがそれまでにフリーデンに追い付かれんとも限らない。動けるモビルスーツは全機出せ」

『了解だ』

「さて、向こうはどう動く?」

出撃するガンダムアシュタロン。
メインスラスターを吹かして加速すると海底から外へ一気に飛び出す。
黒い装甲の隙間から溢れ出る海水、輝くツインアイは前方から迫るフリーデンを捕えた。

「付かず離れず、と言った所か。GXとドートレスが出て来た。エアマスターはフリーデンの防衛か」

空中を飛ぶアシュタロン。
それに続き水中用モビルスーツもフリーデンを狙う。
一方でフリーデン側もアシュタロンの存在を捕らえていた。
ドートレスに乗るアムロはGXに通信を繋ぎ、戦闘前に最後の意思疎通を行う。

「本当に行けるんだな、ジャミル?」

「あぁ、今は恐怖を押し込めるしかない。エアマスター、レオパルドはフリーデンの護衛だ。私とアムロで目標を回収する。行くぞ!!」

アムロのドートレスは空を飛び、GXはディバイダーを前方に構えスラスターを吹かし海上をホバーリングして進む。
前回もモビルスーツには乗ったが本格的な戦闘は行ってない。
15年ぶりとなる戦いに操縦桿を何度も握り直し、モニターに映る敵を睨み付ける。

「敵のモビルスーツが展開された。突入の援護を頼む」

「了解。水中用のモビルスーツとは言えやりようはある」

海面に辛うじて映る黒い影は5つ。
シールドを構えるドートレスは海中にミサイルを発射した。
炎を噴射しながら一直線に進むミサイルは海中を進み、こちらへ迫るドーシートに迫る。
だが水中でも機敏に動けるように改良されている機体。
スクリューの出力を上げて難なく攻撃を回避する。

「フンッ、ドーシートの性能を舐めるなよ。海の中に引きずり込んでやる!!」

ミサイル攻撃のお陰で海中に居ながらも相手の位置はおおよそ掴めた。
ドーシートは両腕を伸ばすと手だけを海面に突き出し、上空のドートレスにミサイルを打ち込もうとする。
だがそのくらいの動きは既に読まれていた。
手を海上に突き出した瞬間、ビームライフルの鋭い一撃が腕を貫く。

「なっ!? なに!!」

「攻撃されたと言って、こうも簡単に動けば隙になる!!」

相手が攻撃するよりも早く、アムロのドートレスはトリガーを引いた。
ビームは簡単にドーシートの腕を貫き、装填されていたミサイルや魚雷が同時に誘爆する。
ドーシートは右腕が吹き飛び、損傷箇所から海水が雪崩れ込む。
浮上する事すらままならず、機体は海底へと沈んで行く。

「まだ4機居る」

「いいや、こちらでも1機撃破した」

GXはディバイダーを構え海面に高出力のビームを発射する。
ビームが海面に触れた瞬間、水が蒸発して真っ白な水蒸気が巻き上がり衝撃が海を揺らす。
威力は減少しながらも海中を進み、ドーシートの胴体に風穴を開けた。

「残りは2人に任せる。アムロ、突入するぞ!!」

「正面からはアシュタロンが来るか。この機体でどこまで行ける?」

Lシステムを持つ潜水艦に追い付くべく前進する2機。
だがそれを妨害するアシュタロンに、アムロはビームライフルを構えてトリガーを引いた。
発射されるビーム。
牽制に1発、そして避ける先を予測しての2連射。
狙いは正確だが、アシュタロンの高い機体性能の前にビームはかすめもしない。

「今度こそ仕留めてみせる、アムロ・レイ!!」

「簡単にやられると思うな!!」

アトミックシザースのビーム砲を向けるアシュタロンはドートレスに狙いを定めてビームを放つ。
敵意を感じ取るアムロ。
匠に操縦桿とペダルを操作して相手に攻撃よりも先に機体を動かし、避けながらビームライフルの銃口を向ける。

「チッ、これ以上は機体が付いて来ない」

続け様にビームを3連射。
だがアムロの反応に量産機のドートレスでは動きが追い付かず、ビーム攻撃も単調になってしまう。
簡単に攻撃を避けるオルバ。
メインスラスターで機体を加速させ、ドートレスとの距離を一気に詰めて接近戦に持ち込もうとするが、その間にGXが割って入った。

「これ以上はやらせん!!」

「邪魔だよッ!!」

ディバイダーでビームを受けるGXは右手のビームマシンガンでアシュタロンを撃つ。
1発の威力は低いが命中する確率はぐんと上がる。
連続して発射されるビームにオルバは攻撃態勢に移る事ができなくなった。

「連携して攻撃するつもりか? フフッ、でもね!!」

「何だ、手応えがない?」

「ジャミル、プレッシャーが来るぞ!!」

アシュタロンよりされに後方、高出力の巨大なビームが2人を襲う。
瞬時に反応するアムロとそれに続くジャミルは間一髪ビームの範囲外に回避した。
だがビームの射程距離はまた遥か先はで続いている。
ジャミルは思わず後方に振り向くが、その時にはもう遅い。

「しまった、フリーデンが!?」

ブリッジのシンゴは機首を右へ向けて全速力で加速させる。
それでも自身のすぐ目の前を高熱のビームが横切って行く。

「ま、間に合うのか!? うああッ!!」

「第3ブロックに被弾、火災発生。エンジンにも損傷アリ、出力が低下してます」

「次に来たら避けられないぞ!!」

激しく揺れる艦艇、恐怖を感じながらもシンゴは決して舵を手放さないし、サラは冷静に状況を分析する。
最後まで何があっても絶対に諦めない。
彼らが戦後の世界でバルチャーとして生きて来た事で培った精神。
レーダーに反応するのは迫り来る巨大空母。
そして空母の甲板上には両腕を伸ばし機体を固定させるガンダムヴァサーゴの姿。
腹部のメガソニック砲が展開され、背部の黒い翼も合わさり禍々しさが増幅している。

「もう少しの所で避けたか。だがダメージは通った、次は外さん。オルバ、メガソニックのエネルギーチャージは完了している」

(わかったよ、兄さん。照準を左へ15度)

オルバと連携を取る事で長距離からのメガソニック砲のビームをフリーデンに狙う事ができる。
腹部の巨大な砲身が再びフリーデンに向けられ、同時に巨大空母から搭載されたモビルスーツ部隊が一斉に出撃を始めた。
フライトユニットを装備したドートレスがカタパルトに脚部を固定し、メインスラスターから青白い炎を噴射し加速すると大空に飛び立つ。
その様子はアムロとジャミルの位置からでも確認できた。

「敵の増援、数が多いぞ。前にもヤツが居る!!」

アムロはビームライフルのトリガーを引きアシュタロンに目掛けて撃つ。
だがアレほど敵意をむき出しにしていたオルバが今や味方と合流する事に重きを置いている。
もはや必要以上に戦闘を行おうとはしない。

「数に物を言わせるつもりか? だがそれ以上に!! ジャミル、このままでは逃げられる」

「わかっている、だがこの数では!!」

上空から迫るドートレスの大部隊。
ビームマシンガンの銃口を向けてトリガーを引くが、1機2機撃破した程度では数は減らない。
そこへ追い打ちを掛けるように、ヴァサーゴのメガソニック砲のビームが再び迫る。

「ッ!? ガロードのやり方を使う!!」

息を呑むジャミル。
ビームマシンガンとディバイダーを背部へマウントさせ、バックパックからビームサーベルを引き抜き両手に握る。
そして両手を高速回転させてビームの一撃を受け止めた。
高速回転するビームサーベルは相手から来るビームを斬り裂きながら、激しい閃光を生みながらも攻撃を相殺する。
初めて見る光景にオルバは唖然とした。

「ビームサーベルによるバリアだと!? だが、動けない状況で後続部隊はどうするのかな?」

「クッ!! 打つ手が無い!!」

表情を歪ませるジャミル。
このままではLシステムを回収した潜水艦に追い付く事はできない。
万事休すと思われたその時、失われたと思っていたニュータイプの感応波がルチルの声を拾った。

(ジャミル、この状況でLシステムは使えない。フラッシュシステムを使いましょう)

「フラッシュシステム!?」

(えぇ、彼らはビットモビルスーツも一緒に回収してる。この状況を打開するにはそれしかない)

「だが、私にはもう……」

(大丈夫、自分を信じて)

意識を集中するジャミル。
だが激しい頭痛を耳鳴りがするだけで、かつて自らが操っていた能力は発動しない。

「だ、ダメなのか? ニュータイプの能力……私は……」

(まだ諦めるには早い。もう1度思い出して、あの時の事を。私と1つになるの!!)

ルチルからの呼び掛けに再度、フラッシュシステムの起動を試すジャミル。
思い出すのは15年前の自分、そしてルチルの事。
まぶたを閉じ、深く呼吸を繰り返す。
全ての神経を1つに集中させ、フラッシュシステムを起動させる為にニュータイプとしての能力を発動させた。

「ルチル……今行く!!」

脳波が駆け巡る。
それは時間も距離も関係なく、長きに渡って水底に沈んでいたビットモビルスーツ達を呼び覚ました。
潜水艦の格納庫に収容されていた8機のビットモビルスーツ。
頭部モニターから赤い輝きが発生しエンジンを起動させる。
全身にエネルギーを供給し、ゆっくりと、そして確実に、ジャミルの意思に従いビットモビルスーツが動き出す。
8機は腰部のビームライフルを手に取り、艦内を手当たり次第に攻撃し始めた。
内部からの攻撃に潜水艦はあっという間に沈んで行く。

「ど、どう言う事だ!? 中から爆発だと?」

「回収したビットモビルスーツが動き出したんだ!!」

「ば、馬鹿な!! こんな話は聞いてないぞ!!」

「も、もう保ちま――」

激しく揺れる艦内で艦長とクルーは必死に体を支えようとしがみつく。
だが次の瞬間に潜水艦は爆発の炎に飲み込まれた。
メインスラスターを吹かし海中から急速浮上するビットモビルスーツ。
現れた8機のビットモビルスーツにオルバは驚きを隠せなかった。

「Gビットが動いた!? ティファ・アディール? いいや、ジャミル・ニートか? だが、ヤツは能力を使えない筈だ!!」

(オルバ、ここは引け)

「でも、兄さん!!」

(見ればわかる、ビットモビルスーツのその性能を。だが今は命を投げ売るステージではない。アイムザット統括官には私から報告する。ここは引くんだ)

「ッ!! わかったよ、兄さん」

フリーデンとガンダム部隊をもう少しの所まで追い詰めながらも逃げの選択肢を取らなければならない事にオルバは表情を歪ませる。
それでもシャギアの助言を無視する事などできず、ペダルを踏み込みアシュタロンを戦闘領域から後退させた。
一方で、海中から現れたビットモビルスーツはGXを中心にして円形に位置する。
アムロはその光景をモニター越しに目に焼き付けた。

「これが言っていたフラッシュシステムか? だとしたらこのモビルスーツが……」

「私の意思に反応してくれた……ならば!!」

ビットモビルスーツが一斉に展開する。
迫り来るドートレス部隊へビームライフルの銃口を向けて攻撃を開始した。
ガンダムとほぼ同等の性能。
そしてニュータイプの能力を駆使して動かされる機体の戦闘力は数だけでは計り知れない。
わずか8機ではあるが、それだけで戦略級のパワーがある。

「やれる……やれるぞ!!」

次々に撃破されるドートレス。
ビームで撃ち抜かれ、サーベルで斬り裂かれ。
只の量産機、パイロットも普通の人間にビットモビルスーツへキズ1つ与える事はできない。
また1機と撃破され、部隊は遂に後退を始めた。
ジャミルも深追いしようとはせず、ビットモビルスーツはその場に留まる。

「終わったか。だがアレだけの部隊、旧連邦の生き残りが集結しているのか?」

「ひとまず危機は脱したようだな。だがジャミル、この機体はどうするつもりだ?」

「ビットモビルスーツがあれば、それだけで精鋭部隊に匹敵する。戦力としては申し分ない。だが……」

1機のビットモビルスーツが静かにGXの向かいに動く。
そのマニピュレーターにはカプセル型の装置に入れられたかつての上官、ルチル・リリアントが眠っていた。

「ルチル……」

(もう良いの。今の私は生きてるとは言えない、15年前にルチル・リリアントは死んだ)

「だがキミは目の前に居る!! 手を伸ばせば届きそうな所に!!」

(その体はもはや抜け殻。今のアナタにならわかるでしょ? 私はもう、この世界に居てはいけないの。今日起きた事は奇跡だと思って忘れて頂戴)

「忘れるだなんて……」

(過去ではなく今を生きて。今のジャミルにはそれを支えてくれる人も居るでしょ? だから前を向いて生きて)

ルチルの言葉を受け取ってジャミルは歯を食いしばる。
彼女は15年前のLシステムの実験で既に体も精神もボロボロの状態にされてしまった。
そしてシステムが起動した今、彼女の精神をシステムから切り離す事は不可能。
どうする事もできない現実が目の前にあり、ジャミルは操縦桿を強く握り締めた。

「あぁ……わかった……」

(ありがとう……)

ビームマシンガンの銃口を突き付けて、ジャミルはトリガーを引いた。

///

戦闘が終わったフリーデンでは損傷した箇所の応急修理が行われていた。
ヴァサーゴのメガソニック砲の威力は強力で、ちゃんとした設備のある所でないと完璧には直す事はできない。
ガロードとジャミルはデッキの上で落ちる夕陽を眺めていた。

「ルチルさん、幸せだったのかな? ニュータイプの能力があったせいでこんな目にあって」

「もはや誰にもわからない。それを悲しむ事は人間として正常だが、悲しみで立ち止まる事をしてはいけない。今回の件で、何か吹っ切れたよ」

「でもさ、ジャミル。せめてビットモビルスーツの1機くらい残しても良かったんじゃないか? 乗らなくてもパーツくらいには」

「今日起きた事は、言ってみれば奇跡なんだ。奇跡はもう起きないよ。それにアムロも言っていただろ――」



第14話 こんなモノがなくても、人は生きていける



ジャミルの言葉にガロードは静かに頷いた。
ガロードも同じ、カリスを撃ってしまった悲しみに立ち止まる事などできない。
これから先もこの世界で生きていくしかなかった。
夕陽は沈み、空には月が昇る。



前話は誤字が多くてすみません。
もう少しでDXの登場です!!
ご意見、ご感想お待ちしております。