機動新世紀ガンダムX アムロの遺産   作:K-15
<< 前の話 次の話 >>

11 / 31
第11話

GXで先行するガロードは接近するモビルスーツを目視する。
白い装甲、オプションパーツがなくとも飛行できるモビルスーツ。
それは15年前の戦争でも使われた機体『ベルティゴ』。
コクピットに搭乗するのは、フォートセバーン自警隊隊長であるカリス・ノーティラス。

「アイツが本命か? これ以上フリーデンはやらせない!!」

「バルチャーめ、フォートセバーンに土足で踏み入れるなどと。だがそれよりも、僕以外のニュータイプが来ている。この感覚……サイキックインプレッション?」

脳に伝わる感覚、自らと同じニュータイプ能力が近くに居る事を直感で理解する。
けれども今は目前に迫るバルチャーとガンダムの相手をする方が先だ。

「まぁ良い、いずれわかる事。前から来るのはガンダムタイプか? 15年前に製造された機体」

「行くぜ!!」

「このパイロットは……違う……」

ビームサーベルを引き抜くGXは加速を掛け握る右腕を振り下ろす。
対するベルティゴもマニピュレーターにグリップを握り互いのビームが交わる。
激しい閃光が両者を照らす。

「まだまだァァァ!!」

袈裟斬り、袈裟斬り、横一閃。
だがベルティゴは全てを簡単に防いでしまう。
その機体の動きにガロードは舌を巻く。

「コイツ、強いぞ。けど!!」

(わかる……感じる……近くに居る。パイロットか、それともあの戦艦か?)

戦闘を行いながらもニュータイプの存在を感じ取るカリス。
GXは再び接近戦を仕掛けようとするが、機体に搭載されたビットがそれを許さない。
後方から細いビームが襲い掛かり白い装甲にダメージを与える。

「どこから来た!? モビルスーツの反応はないのに!! 俺の知らない武器か?」

(あのパイロットでは僕には勝てない。さぁ、来ているなら僕の存在を感じ取ってみろ!!)

(――めて。やめて!!)

(女の声……名前はティファ、ティファ・アディール!!)

「このォォォッ!!」

ビームサーベルで斬り掛かるGXだが、ベルティゴはスラスターを吹かし簡単に避けてしまう。
切っ先は雪に触れ、一瞬の内に水分が蒸発して視界が白い闇に覆われる。
ベルティゴが見えなくなったと思った時には、次は横からビームが襲う。

「ぐぅっ!! 次は横だと!? この野郎!!」

トリガーを引くガロードはインテーク真下のブレストバルカンで一斉に銃弾を浴びせる。
けれどもその方向にモビルスーツの反応はないし、発射される弾丸も空に消えるだけ。
次の瞬間にはまた背後からビームが直撃した。

「グッ!! 今度はまた後ろか。なんだ!?」

空中に浮遊する物体がわずかに見えた。
漏斗形のソレは小型のバーニアも組み込まれており、重力のある地上でも自由に飛び回れる。
ガロードに見つかったのを感じ取ったかのように次の時には移動を開始した。
ベルティゴの前面に展開するソレは一斉に銃口をGXに向ける。

「今まで死角から攻撃して来たのはあの武器か」

(ティファ・アディール、GXのパイロットでは僕には勝てない。僕と一緒に来るんだ。そうすればこのガンダムも艦も見逃すと約束しよう)

(そんな……でも……)

(キミは選ばれた人間だ。こんな所に居てはいけない。わかるだろう? さぁ、僕と一緒に来るんだ)

「うおおおぉぉぉッ!!」

闇雲にビームサーベルを振りながらガロードのGXは一気に詰め寄ろうとする。
けれどもそんな攻撃ではたったの1基でさえも落とす事はできない。

(そんな事ではベルティゴのビットは落とせません。さぁ、ティファ・アディール!! 賢い選択をするんだ。でないとガンダムのパイロットは死ぬ事になる。キミにならわかるだろ? ニュータイプの力を持ったキミになら)

ビットはGXを360度取り囲むと一斉にビームの雨を浴びせる。
避ける事も防ぐ事もできず、ガンダムの強固な装甲でも耐え切る事はできない。
激しい揺れと衝撃がコクピットのパイロットに襲い掛かる。
それでもガロードは必死に操縦桿を握り締めブレストバルカンを放つ。

「ぐぅっ!! 全方位からの攻撃!?」

弾は1発とて当たらない。
動く事もままならない状況に流石のガロードの思考にも『死』が過る。

「ガンダムの装甲も……保たない。こんな所で……こんな事で……」

(このまま攻撃を続ければガンダムは破壊されます。はたして何秒保つ? 1分は保たない。30秒……いや20もあれば落とせる。悩んでいる時間はありませんよ? さぁ、ティファ!!)

「ガロード!!」

飛来するビームが飛び回るビットを1基撃ち落とす。
突然の攻撃にカリスは動揺を隠せない。

「なんだ!? 来るか、プレッシャー!!」

「ファンネル搭載機か、やりようはある筈だ」

現れたのはアムロの乗ったドートレス。
構えるビームライフルだけで次々にビットを撃ち落とす。

「どうして!? 普通のパイロットがどうして僕の動きを読める!! このザラザラとした感覚、けれどもニュータイプではない。どう言う事だ!!」

「ここは一気に押し返す!! ガロード、聞こえているな?」

「アムロ……」

「撤退だ、フリーデンに戻る」

「でも、まだ目の前には敵が居るんだぞ?」

「回りの状況も良く見ろ。敵の増援も来ている、撤退だ」

「っ!? わかった……」

ビットの包囲網から抜け出すGXはリフレクターからエネルギーを放出して一目散に後退する。
アムロのドートレスは右手にビームサーベルを握りベルティゴに目掛けて横一閃。
鍔迫り合いになった瞬間ビームの出力を下げ、次の時には更に袈裟斬り。
袖口から伸びる内蔵型ビームライフルを切断し、目線だけを向けて追い打ちに振り払う。
ビームとビームが交わり激しい閃光が飛ぶ。

「この僕が……古い人類に負けるだと!?」

「機体が俺の反応に付いて来ない。ここまでか」

「こんなモノ、僕は認めない!! 逃がすモノか!!」

「ビットが来る?」

GXを狙いから外し戻って来るビットがドートレスを狙う。
メインスラスターを全開にして撤退を始めるアムロは操縦桿を動かし機体を反転、左腕のシールドでビットが放つビームを防いだ。
発生する煙幕、ダメージは通ってないが変形したシールドは辛うじて形状を保ってる。
雪上にシールドを捨てるアムロはビームライフルのトリガーを引き、牽制しながら距離を離す。
しかし性能の差は大きく、全力で逃げるドートレスをベルティゴは簡単に追い詰める。
腕のビームライフルとビットで攻撃を仕掛けるが、後退したと思ったGXが再び駆け付けた。

「アムロ、大丈夫か?」

「ガロードなら下がれ!!」

「そうは言っても、この鬱陶しいのはどうするんだよ?」

「知恵を使えばどうとでもなる!!」

そう言うアムロはビームサーベルをビットに向かって回転させながら投げ飛ばす。
高速で回るビームサーベルは空中で円を描き、ソレに銃口を向けてトリガーを引いた。

「カミーユのやり方で!!」

サーベルとライフルのビームが干渉し、エネルギーの粒子が拡散する。
拡散したビームの威力は低いがビットを破壊するくらいには充分だ。
一斉に破壊されるビット。
ビームライフルで牽制しながら合流するドートレスとGXはメインスラスターを全開にして一気に離脱する。
ベルティゴは更に加速を掛けて後を追おうとするが、捨てられたシールドに残されたミサイルが時限式に爆発した。
装甲にダメージはないが舞い上がる雪に視界は見えなくなり、操縦桿を握る手の力を弱めるとカリスは追跡を止める。

「チッ、機雷が仕掛けてあった。あの感覚……彼もニュータイプなのか?」

撤退するGXとドートレスはマニピュレーターを装甲に触れさせて回線を繋ぎ、降雪地帯を背景にして話をした。

「ガロード、機体はまだ保つな?」

「関節とかが酷くやられたけど、なんとかな。あの機体、初めて見るタイプだった。あの武器も何なんだ?」

「ビットだな。サイコミュでコントロールして攻撃して来る。やり方さえわかれば対応の仕方もある。あの機体のパイロットがティファの言っていたニュータイプかもな」

「ニュータイプ……あれが……」

「どちらにしても今のフリーデンの戦力では奴らに勝てない。正面から正攻法で行く事もできなくなった。フリーデンに戻って機体を修理したらジャミルと方針を決めないとな」

悔しさを滲ませるガロードだが、これ以上はどうにもできない事を理解して操縦桿を強く握るしかできない。
同様に撤退を初めているフリーデンに2機は帰還する。

///

他の3機とは違いGXの損傷は激しかった。
ルナチタニウム合金の性能でもビットによる全包囲攻撃を受けては無理もない。
ビームのエネルギーにより焼けただれる機体を見上げるキッドは、GXの改修作業を急ピッチで進める事を決めた。

「さて、パーツは完成したんだ。本格的に取り組むとしますか!! ロココ、クレーンの準備だ!! 背中のリフレクターとキャノン砲を取り外すぞ」

「ウッス。そう言えばチーフ、改修したGXの名前どうするんですか?」

「GXの名前?」

「デラックスエックスとかどうですか?」

「嫌だよ、そんなダセェの。そうだな、コイツの名前は――」


第11話 GXディバイダー



「残ったヤツは他の機体のメンテを進めろ。チンタラしてる余裕はないぞ!!」

キッドの激励に応え一斉に声を上げるメカニッククルー。
活気づくモビルスーツデッキとは対照的に、ブリッジは重たい空気に包まれている。
ニュータイプが敵として現れガロードのGXは手も足も出せずに負けた。

「ジャミル、ニュータイプってあんなに強いのか? 何もできなかった。本当になにも……」

「あの機体は宇宙革命軍が開発したニュータイプ専用機だ。名称はベルティゴ、パイロットの精神波でビットを操る事であらゆる方位から攻撃を仕掛けて来る。確かにガロードが言うように相手は強い。だが全く対処ができない訳ではない。対ニュータイプに備えて当時はモビルスーツの武器も開発されたし、シミュレーターだってある」

「でも、そうまでしないとニュータイプには勝てないって事か」

ガロードだけではない、ウィッツもロアビィも他のクルーもベルティゴの戦闘力は目の当たりにしている。
ガンダムの性能だけではベルティゴに勝つ事はできない。
一方的に負けた事に落胆するガロードだが、アムロだけは違っていた。

「ガロード、俺が言った事を忘れたのか?」

「えっ……」

「いつも言ってる筈だ。周囲の状況を良く見ろと。あのモビルスーツ、ベルティゴのビットは確かに脅威になるかもしれない。だがそれさえ封じてしまえば、後は標準的な装備しか持たない。そうすれば付け入る隙を見い出せる」

「特別な能力なんてなくたって、知恵があれば乗り越えられる!!」

「そうだ」

この時、ジャミルはサングラスの奥からアムロを見ていた。
それはニュータイプが相手でも変わらぬ戦闘力。
15年前の当時、地球連邦軍に所属していたジャミルはGXに乗って数多の敵と戦った。
ニュータイプと戦闘した事は何度もある。
若いジャミルが敵に勝つ事ができたのはGXの性能だけではない。
卓越したニュータイプとしての能力。
それらが合わさる事でジャミルは15年前の戦争で生き残る事ができた。

(あの戦争からニュータイプもニュータイプ専用機も表舞台から姿を消した。15年……そう、15年だ。ニュータイプと言う言葉さえもが消えかけている今、只の量産機であそこまで対応できてしまうアムロの操縦技術。だが、当時でアムロ・レイと言う名前のパイロットは知られていない。あれだけの技術を持ちながら……)

彼の瞳は誰にも見る事ができない。
そんなジャミルにオペレーターのサラは慎重に声を掛ける。

「あの……キャプテン?」

「うん……どうした?」

「いえ、それでこれからの方針は? ティファの言う通りニュータイプは居ましたが、どのように接触を図りますか? 今回の件でフォートセバーン側にはバルチャーと認識されています。正面からは無理かと」

「そうだな。フォートセバーンの警戒網がここまで広いとは私も予想できなかった。ただ街を防衛する為に出て来た可能性もある。それを確かめる為にも単身で内部に入り込んで調べる必要がある。その間フリーデンはこの場で待機だ」

「そう言えばティファはどうしたの? ニュータイプの事はニュータイプのティファに聞いた方が良いんじゃない?」

モニターから振り返りながら言うトニヤ。
戦闘が終わってもブリッジにティファが来る事はなかった。

「ティファは今、医務室でテクスに診て貰っている」

「どうして? もう病気は治ったんでしょ?」

「体調が悪いらしい。さっきの戦闘が関係してる可能性もあるがはっきりした事はまだわからん」

「そっか、じゃあ自分達で調べるしかないか」

「あぁ、やるなら早い方が良い。夜になれば気温はマイナスを超えるだろう。ガロード」

「えっ!? 俺が行くのぉ?」

ガロードに偵察任務の白羽の矢が立つ。
その事に驚くがジャミルは発言を撤回したりなどしない。

「こう言う仕事はお前が1番慣れているだろ? それとも他のヤツに任せるか?」

「わかったよ、行くよ!! ティファの事ちゃんと見といてくれよ。あとジープ借りるからな」

言うとガロードはブリッジから走り去って行く。
少年の背中を見ながら、アムロはジャミルに向き直った。

「良いのか、ガロードに行かせて?」

「やる気のある内に行かせた方が結果も付いて来るだろう。それに、シミュレーターを少しやったくらいでニュータイプの対策などできない。また落ち込むくらいなら体を動かした方が良い」

「そうだろうが……」

「ガロードなら行ける筈だ。アイツは元々はモビルスーツ乗りではなかったからな」

「柔軟性とセンスは認めている」

「だったらアイツが戻るのを待つだけだ。モビルスーツの整備もある」

ブリッジから出たガロードはジープに乗り雪上を走る。
分厚い手袋にゴーグル、防寒着だけはきちんと着込んで、凍て付く空気を遮りフォートセバーンを目指す。

(フリーデンで接近した地点は超えた。防衛部隊は出て来ない。よぉし、中には簡単に入れそうだ)

シフトを上げアクセルを踏む。
マフラーから排気ガスを吐き出すジープは加速し、フォートセバーンを守るように設置された城壁にまで辿り着く。
巨大な城壁の入り口にはライフルを構えた2人の兵士。
1人はライフルを構え、もう1人はジープに近づいて来ると業務的に口を動かす。

「いかがなさいました? ここへはどの様な要件で?」

「相棒が腹ペコでさ。ちょうど良いから俺も腹ごしらえしようかなって」

「17時を過ぎたらここの門は閉まる。出るならそれまでには出ろよ」

「あいよ、サンキューね」

何事もなく門を通過したガロードはフォートセバーンの敷地内に足を踏み入れる。
ジープを駐車して中に入れば、そこは戦争の傷跡など微塵もない街だった。
人々は外を自由に出歩き、水と食料、衣食住に不自由なく暮らしている。

「すげぇ、ここってこんな風になってるのか……」

城壁に囲まれた外からでは検討も付かない、充実した街並みにガロードは息を呑む。
それでもいつまでもそうしてる訳にはいかず、ジャミルに託された任務を遂行すべく街の調査に入った。

///

「フリーデンが近くに来てるみたいだよ、兄さん」

「そうだな。ティファ・アディール、そしてアムロ・レイの存在も気にはなる。だが今はフォートセバーンのニュータイプを確かめるのが先だ」

フロスト兄弟はフォートセバーンに潜入していた。
それはガロードと同じ、ニュータイプの存在を確かめる為。
けれどもその先に目指すモノは違う。

「ベルティゴを相手にGXは太刀打ちできなかった。僕達の宿命のライバルなんだから、こんな事で負けて貰っては困るのだけど」

「大丈夫だ、オルバ。ガロード・ランは必ず私達の元にまで来る」

「どうして?」

「長年の経験だ。さて、では行くとしよう」

「わかった。ニュータイプもそうだけど、ここの市長も気になるね」

白い闇の中に消えて行くフロスト兄弟。
その頃ガロードは新聞紙を片手に街を歩いていた。

「う~ん、あの機体に乗ってるのがニュータイプだってのはわかってるんだけどなぁ。それだけでどうやって調べろって言うんだよ。名前だけはわかったけどさ」

数時間に渡って調べ回ってもわかった事はほんのわずか。
ベルティゴに搭乗するニュータイプの名前はカリス・ノーティラス。
フォートセバーンの自警団隊長。
その力でフォートセバーンを襲うバルチャーを返り討ちにし街の治安を守っている。
前回の戦闘でフリーデンを退けた事も握る新聞記事に掲載されていた。

「自警団隊長か……」

鋭い視線に切り替わる。
周囲を見渡すガロードは酒場から出て来た男に目を付け、ゆっくりと彼の元へ歩いて行く。
アルコールで頬が赤く染まる男の傍まで近づくと、ガロードはわざと相手の肩にぶつかった。

「うん? オイ、ガキ!! なにぶつかってんだ?」

「そんな怒る事ないだろ。何か盗まれた訳でもないし」

「盗む? まさかお前!?」

自身のズボンのポケットを弄る男。
そのどこを探っても入れていた筈の財布が見当たらない。
盗まれたと悟った男は額に青筋を立てて激昂する。

「このぉクソガキィィィ!!」

(食い付いて来た!! 後は……)

胸倉を掴み上げる男は今にもガロードに殴り掛かる勢いだ。
その様子は瞬く間に周囲へ知れ渡り野次馬が集まる次第。
神経を尖らせ集まって来る人間を見分けるガロードはその中で自警団が駆け付けて来たのを見付けた。
それはガロードと同じくらいの少年。

「こんな所で何をしている!! 事と次第によっては牢屋に入れますよ」

「俺の財布を盗んだんですよ、このガキが!!」

「財布を盗む? 本当ですか?」

自警団の少年は次にガロードへ視線を向けるがそんな事は既に対処済みだ。
何ともない様子で考えていたセリフを口にする。

「俺は何も盗んでないよ。このオッサン酔っ払ってるから勘違いしてるだけじゃないの?」

「そうですね。本当に持ってないかもう1度確認して頂けますか? それでも見つからなければアナタのボディーチェックをします。よろしいか?」

「全然良いぜ、俺は」

言われて男も少し冷静さを取り戻し、自身の体をチェックする。
するとすぐに、弄っていた手の平に服とは違う感触に気が付いた。
着ていたジャケットのポケットからは盗まれたと思っていた財布がある。

「あ……あぁ~、盗まれてなかったよ。ほら、この通り」

「だから言っただろ。俺だから良かったけど、血の気の多いヤツなら殴り合いになってたぞ」

「そ、そうだな。疑ったりして悪かった」

頭を下げて謝罪する男はこの場から立ち去って行く。
残るのはガロードと自警団の少年だけ。

(さて、狙い通りにいったは良いけど、こっからが本番だ。うまい事情報を引き出せると良いけど)

獲物を捕らえるように、ガロードは少年の表情を覗く。



感想で「いっき見しました!!」と言うのをたまに見ます。
読んで頂けるのは嬉しいのですが、こう言うパターンが多いのは何故だろう?
少し気になります。
早く完結させてUC閃ハサを書きたい。
設定だけなら他にも一杯蓄えてるのですがね、なかなか着手できないのが現状。
ご意見、ご感想お待ちしております。