突如、姿を変えた世界で、忽然と姿を消した彼女たちを探す八幡のお話。


涼宮ハルヒの消失を俺ガイルでやろうぜ!ってお話です。
クロスオーバーではありません。ですが、ハルヒの登場人物の名前は出てきます。


時系列は原作8巻の後からです。
  彼は彼女の嘘を嘘で取り繕う。2016年03月08日(火) 22:13()
  驚愕の中に彼は1人、取り残される。2016年03月09日(水) 21:33()
  辿り着いた先で、2016年03月11日(金) 18:21()
  彼はあの物語を思い出す。2016年03月12日(土) 21:22()
  どう足掻いても絶望。2016年03月13日(日) 18:54()
  辿る道は、必ずしも同じとは限らない。2016年03月19日(土) 18:18()
  彼女は思いを告げる。2016年03月20日(日) 18:45()
  彼は理由を知る。2016年03月28日(月) 18:04
  願いは知らぬうちに染まっていく。2016年03月29日(火) 17:54
  繋ぎ止めたのは彼女の名前。2016年03月30日(水) 18:48
  彼は突き進む。2016年06月18日(土) 13:22
  彼らは協力する。2016年06月19日(日) 16:59()
  その時は突然にやってくる。2016年06月20日(月) 19:23
  彼女に伝えるべき言葉は。2016年06月21日(火) 18:01
  彼は彼と対峙する。2016年06月22日(水) 18:45()

読者層が似ている作品

「折本──」さて、この後に続く言葉は──(作者:時間の無駄使い)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

奉仕部に──いや、俺に対して来た同級生からの依頼。▼その依頼で八幡は身動きが取れなくなる。▼最早依頼ではないその依頼を、達成するにしてもしないにしても旧友と会う事になった八幡は……


総合評価:1103/評価:6.38/話数:31話/更新日時:2017年05月09日(火) 21:01 小説情報

一色いろはは宣言する。(作者:材木島)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

総武高校に通う孤高のぼっち、比企谷八幡は国語の教師、平塚先生に言われ奉仕部に入部させられる。後に由比ヶ浜結衣が入ってきて、3人は部活を始める。部活を始めて半年以上も経った頃、一色いろはと呼ばれる生徒会長は八幡に恋焦がれていた。そして、由比ヶ浜、雪ノ下は自分の気持ちに気づき、互いに八幡を好きだと自覚する。▼その3人の恋の行方は…?


総合評価:459/評価:5.22/話数:16話/更新日時:2017年04月19日(水) 10:43 小説情報

やはり最近の比企谷八幡の女の子事情はまちがっている。(作者:八橋夏目)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡の周りの女の子による現状報告。▼続編:やはり最近の俺の女の子事情はまちがっている。の方も宜しくお願いします。


総合評価:2321/評価:8.24/話数:13話/更新日時:2016年07月12日(火) 00:00 小説情報

斯くして一色いろはは本物へと相成る。(作者:たこやんD)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

雪ノ下陽乃に触発され、互いの本心を以って対峙した奉仕部の面々。▼そこには嘘も偽りも、彼らが否定しつつも容認した欺瞞も介在しない、本物の温もりがあった。▼そしてその関係に一石を投じた少女中にも、彼らと同じ思いが芽生える。▼これは、そんな彼女、一色いろはが彼らとの関わりの中で、比企谷八幡のもう一つの"本物"になる物語。▼※更新スケジュールは都…


総合評価:595/評価:6.21/話数:13話/更新日時:2016年12月22日(木) 21:47 小説情報

彼と彼女は尚も進む(作者:青木々 春)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

『修学旅行』▼あの日、奉仕部に拒絶され京都の町を歩いていた。▼車に轢かれそうな少女を庇い、二度目の事故を起こす。▼その事故は彼に『本物』を与えてくれるのか!?▼そこから彼と彼女の青春ラブコメは始まってゆく!▼処女作です!何かご指摘があればお願いします。


総合評価:521/評価:6.17/話数:11話/更新日時:2017年08月21日(月) 16:49 小説情報

やはり俺の青春ラブコメにこんなにヒロインがいるのは間違っている。(作者:とまとと)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡とのいろいろなヒロインの出会いを短編集のような感じで載せていきたいと思います!▼比企谷八幡のこんな世界もあるかもしれないというそれぞれのヒロインとの物語です!どうぞ!


総合評価:484/評価:8.22/話数:8話/更新日時:2016年09月17日(土) 18:54 小説情報

川なんとかさんルートを妄想してみた。(作者:ハーミット紫)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

タイトルの通り、川なんとかさんルートを妄想してみました。▼原作再構成ものだと思います。▼


総合評価:2012/評価:7.83/話数:13話/更新日時:2016年10月16日(日) 02:50 小説情報

あまりにも、比企谷八幡の大学生活は賑やかすぎる。(作者:羽田 茂)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

大学進学。実家を追い出され、とあるアパートで暮らすこととなった八幡。▼どうせ進学しても高校と変わらず、安定の大学ボッチライフが待っていると思いきや……。▼「お前ら俺のこと好きすぎだろ。どんだけハイペースで俺の部屋来てんだよ。」▼賑やかすぎる。ゆるすぎる。ラブコメすぎる。大学生になった比企谷八幡達の日常!▼作者がひたすら己の現実でのストレスをぶつける作品です。…


総合評価:1434/評価:6.23/話数:6話/更新日時:2016年06月30日(木) 00:12 小説情報

ぼっちじゃない。ただ皆が俺を畏怖しているだけなんだ。(作者:すずきえすく)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

千葉を去り、とある地方都市で大学生活を送る八幡。▼大学生になっても相変わらずな彼のもとを▼一人の少女が訪ねて来た事から、物語は始まります。▼「センパイ・・・ここに正座してください。」▼「ヒッキー・・・ここに正座!」▼「比企谷君・・・ここに平伏しなさい。」▼「なんでだよ!」▼この文章は、”やはり俺の青春ラブコメはまちがっている”の二次創作で、▼ある程度、原作の…


総合評価:2267/評価:7.31/話数:26話/更新日時:2016年11月04日(金) 02:08 小説情報

トラウマの原因が覆されたら、その世界はどうなるか。(作者:袖野 霧亜)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

葉山隼人がいつぞやかボヤいていたあのセリフ、比企谷八幡が雪乃達の学校にいたらの二次創作。そして、ただ単にかおりとくっつけたかったからという俺の願望が生んだ作品です。ある意味最悪(という名の最高)です。▼ぶっちゃけ捻デレくんとマイペースな彼女とかそんな感じの名前にしようかなと思ったけど・・・、なんかオリキャラが出てきてソイツと付き合いそうな感じの題名だったので…


総合評価:2791/評価:7.27/話数:17話/更新日時:2017年09月22日(金) 19:06 小説情報