異世界転生の特典はメガンテでした   作:連鎖爆撃
<< 前の話 次の話 >>

19 / 20
最終話:そして転職へ

ぶっちゃけ、ここから語ることはほとんど蛇足である。
そりゃそうだ。ラスボスは倒れちまったんだから。



階段から足音。
おっさん、おせーぞ。既にいろいろ台無しだわ。

「じゃ、これ貰ってくな」

竜王の棺を肩に担ぎ上げるロトの勇者。良く持てるな。
ってあれ?

貰っていく?

よくわからん鼻歌を歌い、ご機嫌な様子でロトの勇者は《くちぶえ》を吹いた。

バサッ、という音。
頭上から影がさした。

見上げると、そこには巨大な鳥がいた。

それは背中と頭に翼を生やした、死の象徴とも言えるモンスター。

モンスターズシリーズの“キングアズライル”だと………!
もしかして“工房”の最奥で眠ってたやつか!

「いつも送り迎えアリガトねぇ、アズライルち~♪」

ロトの勇者は棺を担いだまま、キングアズライルの背中に跨がり、そのままキングアズライルはどこかに飛んでいってしまった。おそらく、工房へだとは思うんだが。

おっさんたちが遅れて玉座の間に雪崩れ込んできた。

「ボウズ、竜王はどうしちまったんだ……?」

その場の惨状。何故かいない竜王と、ピンピンなままの俺。

事態が飲み込めず、おっさんが訝しげに尋ねてきた。



ああ、なんつうか、くだらないくせに、話せば長いんだけどさ。



とりあえず、終わったんだよ。



さぁ、女僧侶さんをさっさと探してさ。
とっとと帰ろうぜ。



……そういえばおっさん、鎧は?

 ◆ ◆  ◆   ◆

女僧侶は地下の牢に繋がれていた。

竜王に対する恐怖からすっかり弱っていたが、命に別状はなく、ひどいことも特にされていなかった。

俺には強くあたるのに、少しはか弱い部分があるんだな、と彼女のことを可愛いと思ってしまった。



……不謹慎か?

さぁ、帰ろうぜ、女僧侶さん。
どうです、いつも怒ってばかりいる相手に助けだされる気分は?
なんてな。

彼女を牢から出してあげる時、少し面白がっていることを察したのか、彼女が怒る。

「何か面白いですか?私は大変だったんですよ?」

「ふん、勇者様みたいな軽い人、私大嫌いです!」



……いつもみたいな覇気が感じられない。
精一杯強がっているのがわかる。

「そういうところが、また、可愛い」



………あれ?言葉に出ちまったか?

女僧侶さんは何も言わなかった。
ただ、そっぽを向くだけで。

俺が彼女を抱き上げている道中、彼女の耳はずっと赤いままだった。

 ◆ ◆  ◆   ◆

まず、部隊を引き連れラダトーム城に帰還したら、既に王様は竜王に勝ったことを知っていた。

どうやら、ロトの勇者が勝利報告だけはしていったらしい。
イメージと違って、ワリとマメな性格なのかもしれない。
まぁ、キングアズライルを作り上げるくらいだしな。

凱旋したラダトーム軍を祝う準備は既にできていて、城下町で三日三晩のお祭り騒ぎ。

それで、武器屋のおやじに《どくばり》の礼を言いに行ったら、

「……よくやった」

おやじはぶっきらぼうに、それだけ言った。



……おい、不意打ちはやめろ。

思わず泣いちまうところだったわ。

 ◆ ◆  ◆   ◆



竜王に勝ったらニートになれる。そう思っていた時期が俺にもありました!



現実はそう上手くはいかないようだ。

こっからは“その後の話”、というやつになるのだろうか。



まず、おっさん。
今回めでたく退役である。
曰く、「あんな、胃の痛い職場はもう懲りごりだ」だそうで。

何がどう胃が痛いのかは、突っ込むだけ無粋というやつだろう。

今回の戦いで、目に見える形で一番武功をあげたのはおっさんだ。
竜王軍幹部のうち、半数を倒し、ぶっ壊れたとはいえ《ロトの鎧》と、さらに《ロトの剣》の回収までこなしている。
さらに、街の防衛強化、軍の強化、現場指揮etc……

頭を使う分、俺より働いていたのは間違いない。
命令違反の件はご愛嬌。竜王討伐の立役者であるおっさんに、大臣たちは強い態度に出ることができなかったようだ。

たっぷりと報奨金を得たらしく、その額を具体的には教えてくれなかったが、「慎ましく暮らせば、家族で一生安泰に暮らせるよ」とか言ってた。
正直羨ましい。

で、忘れるところだった。

おっさん、侍女さんにプロポーズを果たしたようである。
結果は言わずもがな。

今は、褒賞で得た竜王の城に、おっさん・侍女・例の女の子の家族三人でひっそり隠遁生活を送っているようだ。

末永く爆発してくれ。



次は……そうだな、ロトの勇者の話をしておくか。

ロトの勇者はあれから、見かけない。

あれから工房に足を運ぶ機会があったのだが、そこからも既に引き払っていた。
どうやら、もうアレフガルドにはいないようである。
結局、最後までとらえどころのない奴だった。

王様が言うには、竜王討伐は俺の手柄だと報告し、「自分には何もいらない」とだけ告げて飛び立って行ったらしい。

……少しだけ、不穏な想像をしてしまう。

ロトの勇者は、棺を持ち去る時、歌っていた。

“破壊神と掛けあわせて~♪過去に飛んで~♪”

奴は、モンスターマスターだ。
そして、モンスターマスターは配合によって、“魔王”と呼ばれる存在でも、それが()()()()()()()()作り上げてしまう馬鹿げた存在である。

記憶は朧気なのだが、たしかモンスターズ初代では、Ⅲのラスボス“ゾーマ”を作り上げるレシピが『りゅうおう×シドー』だった気がするのだが……

いや、考え過ぎか。

工房のモンスター達も連れて行ってしまったようで、今アレフガルドには世界観に反するようなモンスターはいない。
つまりは、はぐれ狩りも、もうできないわけで。

俺がカンストするには、もう少し時間が必要なようである。



ラダトームの街の皆は相変わらず元気だ。

武器屋のおやじは顔をあわせるたびに、「また、剣を折ったんじゃないだろうな」と睨みつけてくる。
心配すんなって。

そのまさかだよ。

いや、俺が悪いんじゃねぇよ!城の兵隊たちが妙に訓練でも殺気立っていやがるんだわ!

看板娘さんのいる薬屋には、よく城に品物を卸してもらっている。

「たくさん注文してくれて大助かりです!」

いえいえ。俺には此れ位しか恩返しができませんから。



地下室の女科学者は竜王との戦いのあと、菓子折りを持って行ったら、居なくなっていた。

彼女の存在無くしては竜王の城攻略も難しかったはずなので、彼女も褒賞が貰えるという話をしに来たんだけどな……。

残っていた賢者に話を聞こうとしたのだが、とりつく島もなく。

「本物と一緒に出て行きおったわ……」

賢者は何とかそれだけ教えてくれた。で、それ以上は何も言わない。
未だ、俺はその言葉の意味を測りかねている。



ああ、女僧侶さんの話をしておかなきゃだな。

王と大臣達が若者を勇者に仕立てあげていたことに関して、責任を取るということで、ラルス16世が退位した。

女僧侶―――ローラ姫は、そのあとを継ぐ形で、女王として即位した。
まぁ、急な話だったんでしばらくはラルス16世が後見人をやるようだが、概ねローラ女王の評判はいい。

「……私が女王とか、できるはずありません……」

そんなこと無いと思うぜ?少なくとも兵士からの支持は厚いしな。
もう竜王もいないから、気楽にやればいいんだって。

「……私だけとか、ズルいです」



「勇者様も巻き込みますからね?」



で、俺の話をしなくちゃいけないわけだ。



ローラ女王の即位と同時に。
おっさんの穴を埋めるという形で。
俺は、“ラダトーム城剣術指南役”の肩書と“兵隊長”の役職を得ていた。

……あれ?俺に褒賞は?

「《太陽の石》を売り払う不届き者に出すわけがないじゃないですか」

道具屋の野郎喋りやがったのかぁぁぁぁぁぁ!

「ふふふ、シャキシャキ働いてくださいね♪」




そんなこんなで。

異世界転生してから14ヶ月。

そして、その後も。

俺は今日も元気にやっている。

薄給だが、時々《メガンテ》でゴールドマンをしばいているので、小遣いには困っていない。

(fin)



本編で触れられない設定

39.ロトの勇者
今現在、ローレシアにて、竜王を拷問中。
また、優秀なブレインを得て、世界観の破壊者として暗躍している。

40.主人公
19歳でアレフガルドに転生させられる。
成績は良くなかったが、機転は利くタイプ。というかすこぶる運がいい
特典は《ザオラルガード》《メガンテマスター》および、「勇者として活躍すればモテること」。
残念ながらおっさんの方が勇者ぽかったせいで、全然モテなかった。
本人は最後の特典の存在をすっかり忘れている。