異世界転生の特典はメガンテでした   作:連鎖爆撃
次の話 >>

1 / 20
死んだら終わり。考えてみれば当たり前のことである。

「メガンテェェェ!」
「ピギャー!」

今日も今日とてスライム狩り。
レベルはなかなか上がらない。

スライムを3匹倒して得られるEXPはたったの5。

……おい、3で割り切れねぇぞ、どうなってやがる。

苦い薬草を噛み、苦い水薬をあおる。
今の俺では、これだけでほぼ全快するだけのHPとMPしか無い。

レベル7。異世界転生してからおよそ一ヶ月。

対岸には魔王城が見えているというのに、俺はどうすることもできやしない。

……ゲームの時はにくい演出程度にしか考えてなかったけど、リアルとなるとこれは相当胃に来るものがあるな。

 ◆ ◆  ◆   ◆

神の手違いとやらで死んだ俺は、某RPG大作の初代の世界に転生することを薦められた。

勇者として、1個だけ特典ありで。

欲張って考えた挙句、「主人公補正のバリバリ強いやつ」と言ったら渋い顔をする神。

曰く、「もっと具体的に。RPGなめてんのか」だと。
あろうことか、「動画サイトにアップするのに、チート(特典)で下手に俺TUEEEしても全っ然!面白く無いだろが!」とキレだす始末。

俺があっけに取られているうちに、勝手に「特典はメガンテ打っても確定瀕死止まり!」「ついでに生き返れない縛りね!」と「ついでに主人公補正?コミュ症でも勇者できてればモテるようにしてやんよ!」と特典を決められ、笑いながら送り出されることになる。



大事なのは、この一点。
死んだら終わり。
ファンタジー世界ですがリアルに死ねる。



勇者 Lv.1 ♂
HP/MP:24/2
初期装備 
頭:なし
胴:布の服(ぶっちゃけ死んだ時に来ていた私服)
武器:棒きれ
盾:なし
特技:メガンテ
特典スキル:
ザオラルガード(ザオラル系の呪文への完全耐性、蘇生アイテムも効かない)
メガンテマスター:メガンテを使っても必ず一回瀕死になる。
……はじめからMPが2だけあるのはメガンテを打てるようにするためだな、間違いねぇ。とか冷静なフリをして現実逃避をする。

「今度(・・)の勇者は大丈夫かのー……」

転生した直後にラダトーム城の王様に心配そうな顔でこう言われた。



俺は泣いていい。

 ◆ ◆  ◆   ◆

ピロピロピロ―

この音は……

「レベルが上ったか……」

今日だけでスライムを焼殺すること、7回目。

スライムが貨幣に化けるのと同時にその音はした。



祈りながらウインドウを開く。

どうか、新しい特技を覚えていますように。

「どうか……」



果たしてそれはそこにあった。簡潔に2文字。

「……いよっしゃああ!《ギラ》だぁぁぁぁ!」

ギラ。
炎の壁を生み出す初級呪文。

俺はレベル8にしてようやく、使い勝手のいい全体攻撃呪文を覚えたのだった。

《薬草》と《魔法の聖水》のために、初期費用はそこをつく直前だった。

これでようやく、まともなロールプレイングができる!

薬草を頬張り、水薬をあおる。
残りは3セット。
だが、今の俺に怖いことなど何もない!……ドラキーの出現する範囲まで足を伸ばしてみるか。



そして俺は踏み出した。
ラダトーム城壁から1.5m離れた、ドラキーの出現するゾーンへと。



本編で触れられない設定

00.メガンテ
初出はDQⅡ。そのため本来初代の世界には存在しない。
自身のHP全てとMPを1消費し、ボス以外の敵は即殺という恐ろしい呪文だったが、本当に恐ろしい点はこれを敵も使ってくるという点。DQⅡのトラウマメーカー的な呪文。
もちろんこの世界には使ってくる敵は存在しないため、メガンテは本当の意味で主人公の転生時の特典であるが、原作知識が既におぼろげな主人公は「いつシルバーデビルが出てくるんだろう」とビクビクしている。
DQM系列では使用しても、使用者自身のHPが1残る場合があり、この作品の世界観ではそちらの仕様になっている。
元々この世界には存在しないので耐性持ちの敵などいるはずもなく、「こちらの体力は1残るのに、相手は即殺」というコワレな呪文になっている。
問題は消費魔力が残りの魔力の す べ て に変えられている点。
魔力が2あるから、「薬草だけ噛んでれば2回使える、それから魔法の聖水飲めばいいや」と思っていた主人公を絶望させた。