少女は命を結ぶ   作:合縁奇縁
<< 前の話

2 / 2
今月中に投稿できた!
やる気が上がる出来事が多かった……。
……前書きに書くことがない。


箱庭と言う世界

 黒ウサギは箱庭での基本的なことを説明する。
 ギフトゲームについて。様々なものから与えられた恩恵、ギフトを使い競い合うゲーム。そして勝者が商品を手にし、敗者はチップを失う。その際命が危険にさらされることもある。
 コミュニティについて。生活を共にする集団のようなものだ。異世界から呼び出されたギフト保持者は数多あるコミュニティに必ず属さなければいけない。
 ギフトゲームは箱庭において法のようなものだ。強盗や窃盗は箱庭の法で禁止されている。
 口頭で黒ウサギは説明するが、世界のことだ。とても話しきることなんて出来ない。そこで黒ウサギは提案する。
「皆さんの召喚を依頼した黒ウサギには、箱庭におけるすべての質問に答える義務がございます。が、それら全てを語るには少々お時間がかかるでしょう。ここから先は我らのコミュニティでお話させて頂きたいのですが……よろしいです?」
「待てよ」
「待ってください」
 黒ウサギの提案に待ったをかけた人物は二人。一人は十六夜。そしてもう一人は命結。
 十六夜は仕草で命結に先を促すが、命結は何も言わない。命結にはその仕草が見えていないのだから先を譲られていることに気付けない。
「十六夜君、命結さんには言葉にしないと伝わらないわよ」
 それを見かねた飛鳥が口を挟むことで、十六夜は自分の失態に気付く。
「ヤハハ、すまん。初見から先に言っていいぞ」
「あ、有難う御座います」
 命結は声がしたで方向に頭を下げる。自分にはよく分からない身振りの行動だが、感謝を示すのに適した行動だと知っていたためだ。
「黒ウサギさんは召喚を依頼したと言っていましたが、それには私も含まれますか?」
 恐らく違うと分かっていても尋ねずにはいられない質問。
 黒ウサギは考え込む。黒ウサギは召喚を依頼しただけであり、詳細な内容を知らされていない。分かっているのは彼らが人類最高クラスのギフト保持者ということ。それも黒ウサギはリップサービスだと思っている。
 要するに黒ウサギが召喚に関して分かることは殆どない。三人を召喚する時に他人を巻き込む可能性がないとは言い切れない。
「わ、分からないのですよ」
 そこまで考えた黒ウサギはウサ耳を萎れさせて答える。自分の不手際なのか、それとも別に召喚した者がいるのか。黒ウサギには判断できない。
「分からない?」
「依頼したって言ってたな」
「は、はい」
「誰に依頼したんだ?」
「そ、それは……」
 黒ウサギは言葉を詰まらせる。召喚を依頼した相手は確かに存在する。だが十六夜達が何をするか分からない状態で答えるわけにはいかない。黒ウサギにとっては恩人とも言える相手なのだ。不手際があったとしても、答えることは出来ない。
「答えられないのかしら?」
「す、すいません」
「彼女を元の世界に帰すことは出来ないの?」
「黒ウサギ達には出来ません」
 十六夜達には話していないが黒ウサギのコミュニティはギリギリだ。人によっては終わっているコミュニティと言う程だ。そんな黒ウサギ達が出来ることなど無いに等しい。
「……私は路頭に迷うことになるのですか?」
 黒ウサギが見ず知らずの命結に構う理由はない。それは命結にとって絶望的な状況だった。黒ウサギはゲームの参加する資格をくれると言ったが、命結が参加できるゲームは一体いくつあるだろうか。彼女が一人で生きるのは厳しい世界だ。
「そ、そんなことはしません! 黒ウサギ達の不手際の可能性がある以上、黒ウサギ達が出来る限りのことはします」
 黒ウサギは周りの反応を伺うため耳を立てる。もし命結を召喚した者が他にいるのだとしたら、傍にいるはずで、黒ウサギがコミュニティに迎えると言ったなら何かしら反応すると思ったためだ。
(反応はないですね。ということはやはり黒ウサギ達の不手際なのでしょうか? ですが、そんな怪しいものをあの方が使うでしょうか?)
 異世界から召喚する。それは黒ウサギ達にとって一世一代の賭けとも言えるものだ。だからこそ信頼できる相手に頼んでいる。不手際があるなど信じられなかった。それでも、目の前に命結がいるという結果がある。そして周りに黒ウサギ達以外いない。
 黒ウサギと同時刻に召喚をして、黒ウサギ達が不手際と考えると予測する。それは不可能だと黒ウサギは判断する。
「なら、俺の質問いいか?」
「YES」
 黒ウサギは目下の問題がとりあえず解決したことに安堵して気楽な気持ちで最初は十六夜に返事をした。
 だが、それは十六夜を見て考えを改めさせられる。十六夜は召喚されてずっと軽薄な笑みを浮かべていた。だが現在の十六夜は真剣な目をしていた。
「……どういった質問です? ルールでしょうか? それともゲームそのものですか?」
 十六夜の雰囲気に威圧されて、身構えてしまう。
「そんなのは()()()()()()。世界のルールを変えるのは革命家の仕事であって、プレイヤーの仕事じゃねえ。俺が聞きたいのは……たった一つ。手紙に書いてあったことだけだ」
 十六夜は視線を黒ウサギから外し、周りを見渡し、巨大な天幕によって覆われた都市に視線を向ける。
 彼は何もかも見下すような視線で一言だけ問う。
「此の世界は面白いか?」
 彼らがここに来る際に支払った代償。家族を、友人を、財産を、元の世界のありとあらゆるものを捨てて箱庭と言う異世界の大地を踏んでいるのだ。命結とは違い、彼らは覚悟を決めてやってきた。その価値がこの世界に本当にあるのか。十六夜達には最も重要なことだった。
 十六夜はずっとこの世界を見極めることに必死なのだ。そのための情報を必死に集めているのだ。
「YES。『ギフトゲーム』は人を超えた者だけが参加できる神魔の遊戯。箱庭の世界は外界よりも格段に面白いと、黒ウサギは保証します」
 十六夜は黒ウサギの回答にひとまず頷くのだった。


 場所は箱庭二一〇五三八〇外門。ペリドット通り・噴水前広場。
 箱庭の外壁と内側を繋ぐ階段の前で戯れていた子供達がいた。しかし、わいわいと騒いでいたのは少し前までだった。今はジン一人が訪れた青年と対峙していた。
「……僕達に何のようですか?」
 ダボダボのローブに跳ねた髪が特徴的な少年は警戒しています、と表現するように言葉を発する。
「そう警戒しないでくれたまえ、ジン・ラッセル」
 少年、ジンは自分の名前をいい当てられたことに驚く。かつてのジンのコミュニティだったら名前を知られていてもおかしくはなかった。だが、現在のコミュニティはある理由で衰退している。そのため自分達を知っている者など、近くで生活をしている者だけであるはずだ。
 しかし、目の前でジンの名前を言った人物にジンは心当たりがない。
 杖のような、剣のようなものを持っている青年はにこやかにほほ笑む。敵意が無いと言うかのようだった。
「私の名前はホーエンハイム。少しお願いがあってきたんだ」
 ホーエンハイムと名乗った青年は懐から何かを取り出す。
「これで引き受けてくれないかい?」
 ホーエンハイムが取り出したのは大きな金塊。だがジンはそれを信用しない。金に見えるものはある。例えば、真鍮。今はコミュニティのリーダーと言う立場だがかつては金庫番だったジンはその可能性に気付いていた。
「ああ、警戒しなくても大丈夫だよ。サウザントアイズの鑑定書もつけよう」
 サウザントアイズとは大きな群体コミュニティ。その鑑定書があるならまず本物だ。その鑑定書が偽物であった場合、ホーエンハイムがサウザントアイズの制裁を受けることになるだろう。サウザントアイズは力のあるコミュニティのため、そんな危険を冒す可能性は極めて低い。
「……頼み事とは何ですか?」
 普通なら聞くことさえしない提案。しかしジン達の状況は手段を選べるような状態ではない。いつコミュニティを消滅させなければいけなくなるかも分からない状態なのだ。
「簡単なことさ。これから来る異世界から来た者を無条件で受け入れること。ああ、性格とかに難があると思ったらコミュニティを脱退させてもいいけれど、害が無ければ追放しない事。それだけだよ」
「……え?」
 ジンは呆気にとられる。自分たちが召喚を依頼したということを知っている者はいる。だから異世界から来た者と言う言葉におかしなところはない。しかしホーエンハイムの提案が、あまりにも簡単すぎるのだ。金塊という報酬と釣り合わない。
「何が目的ですか?」
「目的は確かにあるけれど、それが不利益となることはないということは保証しよう」
「……信じられると思いますか?」
「信じられないだろうね。それでも君は受け入れる」
 ホーエンハイムは確信しているかのように言葉を発する。そしてそれは悔しいことに事実であった。何せジンは異世界から呼び出したのは彼らをコミュニティに引き込むためなのだ。それで金塊も貰えるというこの条件を蹴る理由がなかった。
「……分かりました、引き受けます」
 ジンは知らなかった。本来呼び出す予定だった三人ではなく、四人目が紛れ込んでいるということを知らなかった。また、目の前の男にとって金塊の価値が皆無であるということも、知らなかったのだ。
「そうか、では待ち人も着たようだし私はこれで御暇させていただくよ」
 ホーエンハイムは箱庭の中に戻っていく。それと入れ替わるように黒ウサギの声が聞こえる。
「ジン坊ちゃ~ん! 新しい方を連れてきましたよ~!」
 外門前の街道から黒ウサギが女性三人を連れてきているところだった。そのうちの一人は歩いているのではなく、背負われている。
「お帰り、黒ウサギ。そちらの女性三人が?」
 包帯で目の部分を覆った命結に驚くが、それを表情に出さない。ホーエンハイムが受け入れるように提案したのは命結のためであると推測する。
 一人足りないが、ジンは四人目と言うイレギュラーを知らない。
「はいな、こちらの御四方が……」
 くるりと黒ウサギは振り向いて固まる。
 此処に到着してようやく一人足りないという事実に気付いた。
「……え? あれ? もう一人の殿方は?」
「十六夜君のこと? 彼なら『ちょっと世界の果てを見てくるぜ』と言って駆け出して行ったわ。あっちの方に」
 飛鳥が指差すのは上空四千メートルから確認できた断崖絶壁があった方角。
 新たな同士を呼ぶことに成功して浮かれていた黒ウサギは十六夜がいなくなったことに気付いていなかった。
「な、何で止めてくれなかったんですか!」
「『止めてくれるなよ』と言われたもの」
「なら、どうして黒ウサギに教えてくれなかったのですか!」
「『黒ウサギには言うなよ』と言われたから」
「嘘です、実は面倒くさかっただけでしょう!」
「「うん」」
 飛鳥と耀は二人揃って頷く。黒ウサギは最後の希望と耀に背負われた命結に顔を向ける。
「……命結さんはどうして教えてくれなかったのですか?」
「えっと、気付いていなかったのですか?」
 飛鳥達の話で世界の果てに行ってくると言ったところまでは事実だった。その声を命結は聞いている。だが、黒ウサギが浮かれていて気付いていないとは思ってもいなかった。
「う! き、気付いていなかったのですよ……」
 痛いところをつかれて、黒ウサギは前のめりに倒れる。
 黒ウサギはようやく十六夜がとんでもない問題児であるということに気付く。
 そんな黒ウサギとは対照的にジンは顔を蒼白にさせて叫んだ。
「た、大変です。世界の果てにはギフトゲームのために野放しにされている幻獣が」
「幻獣?」
 ジンの発した聞きなれない言葉、幻獣に耀が食いつくように問いかける。
「は、はい。ギフトを持った獣を指す言葉で、特に世界の果て付近には強力なギフトを持ったものがいます。出くわせば最後、とても人間では太刀打ちできません!」
「あら、それは残念。もう彼はゲームオーバー?」
「ゲーム参加前にゲームオーバー? …………斬新?」
「冗談を言っている場合ではありません!」
 ジンは必死に事の重大さを訴えるが、二人は肩をすくめるだけである。
「えっと、息があれば私が何とかできますよ」
「「「「……え?」」」」
 命結の言葉に四人は一斉に驚いた顔をする。助け舟のつもりで出した命結の言葉はとても奇妙なものだった。彼女が何故耀に背負われているのか。目が見えない状態だからだ。そんな彼女に出来ることがあるとは思ってもいなかったのだ。
「……私にも異才(ギフト)はありますよ」
 少し拗ねた様子の命結。
「と、とりあえず、黒ウサギはその一人を連れ戻してください」
 話を変えるためにジンは黒ウサギに指示を出す。
「分かりました。問題児を捕まえて参ります。事のついでに“箱庭の貴族”と謳われるこのウサギを馬鹿にしたこと、骨の髄まで後悔させてやります」
 黒ウサギの艶のある黒髪は淡い緋色に染まる。
「一刻程で戻ります。皆さんはゆっくりと箱庭ライフをご堪能下さいませ」
 黒ウサギは緋色の髪を戦慄かせ、全力で跳躍をして弾丸のように飛び去った。
「箱庭の兎は随分速く跳べるのね」
「ウサギ達は箱庭の創始者の眷属。力もそうですが、様々なギフトの他に特殊な権限も持ち合わせた貴種です。彼女なら余程の幻獣と出くわさない限り大丈夫だと思うのですが……」
 そう、と飛鳥は空返事をする。飛鳥の興味は別にあった。天幕に覆われた都市、箱庭。黒ウサギが面白いと保証した都市。そこに釘づけだった。
「黒ウサギもご堪能下さいと言っていたし、お言葉に甘えて箱庭に入るとしましょう。エスコートは貴方がして下さるのかしら?」
「あ、はい。コミュニティのリーダーをしているジン・ラッセルです。齢十一になったばかりの若輩ですがよろしくお願いします。お三人の名前は?」
「久遠飛鳥よ。そしてそこで猫を抱えているのが」
「春日部耀、私が背負っているのが」
「初見命結です。よろしくお願いします」
 礼儀正しく自己紹介をするジンに倣って、飛鳥は一礼をする。耀は命結を背負っているため、命結は耀に背負われているため一礼が出来なかった。
「さ、それじゃあ箱庭に入りましょう。まずはそうね、軽い食事をしながら話を聞かせてくれると嬉しいわ」
 飛鳥は期待に胸を膨らませ、笑顔で箱庭の外門をくぐった。



今回は説明回。伏線も入れているけど説明回と言ったら説明回!
ホーエンハイム。どこかの作品で聞いたことがある名前だけど、気にしたら駄目だよ。別と言う程乖離してはいない気がするけど、別人だし。伝承に詳しい人なら言いたいことは分かってくれるはず! 恐らく。
次はうん、今月中に書けるといいな。






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。