いつもの毎日が積み重なって少しずつ様々なことに気が付いてしまう八幡。去年までの兄とは違い、他人との交流で自分を知っていく兄に合わせていく小町。合わせたその先に待つものとは...
  少し違う朝をその二人は過ごす。2015年09月29日(火) 21:25()
  そして彼らの一日は始まる。2015年09月30日(水) 12:00()
  そして彼らは推理する。2015年10月01日(木) 21:26()
  既に比企谷小町は何も求めない。2015年10月02日(金) 19:09()
  だが、彼女の視点は低すぎた。2015年10月03日(土) 08:00()
  正直に彼は考えようとする。2015年10月03日(土) 18:00()
  少なくとも、その日々はまだ続いている。2015年10月04日(日) 12:52()
  比企谷八幡にはまだ余裕がある。2015年10月05日(月) 06:50()
  恐らく、あの頃はもう戻らない。2015年10月06日(火) 18:30()
  比企谷八幡は今を思う。2015年10月07日(水) 19:00
  いつか比企谷小町は。2015年10月08日(木) 18:35()
  そして、比企谷八幡は戻ろうとする。2015年10月10日(土) 07:00
  比企谷八幡は静かに願う。2015年10月11日(日) 07:00()
  そして、比企谷八幡は行動に出る。2015年10月12日(月) 06:40()
  比企谷八幡はただ訊ねる。2015年10月13日(火) 18:40()
  比企谷八幡は、深く息をする。2015年10月16日(金) 18:45()
  比企谷小町は訊ねる。2015年10月17日(土) 07:00()
  そうして、彼らはあるべき姿を認識する。2015年10月22日(木) 18:45
  そんなものに、比企谷八幡はなりたい。2015年10月26日(月) 19:56()
  やはり比企谷小町も、そういう時がある。2015年10月27日(火) 20:37
  比企谷小町はきっと。2015年10月29日(木) 23:31()
  比企谷小町はもう一度、手をとりあって。2015年11月01日(日) 19:00()
  そうして、比企谷八幡の心は動く。2015年11月04日(水) 19:41()
  そして、彼らはもう一度あの頃へと。2015年11月07日(土) 07:00
  ようやく比企谷小町は理解する。2015年11月13日(金) 20:14()
  比企谷小町の願い。2015年11月30日(月) 19:04()
  それでも比企谷八幡はただ座って。2015年12月16日(水) 18:32()
  そうして、比企谷八幡は繋いでいた手を。2015年12月21日(月) 18:00
  やはり彼らの心情は。2015年12月25日(金) 12:16
  それでも雪ノ下陽乃はやはり。2016年01月02日(土) 14:57
  ただ、雪ノ下陽乃は掻き乱す。2016年01月09日(土) 22:41()
  比企谷小町は最後まで。2016年07月22日(金) 22:48()

読者層が似ている作品

少年と少女はめぐりあう(作者:メガネコ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の八幡とめぐりメインのSSです。▼一人の少年が傷つくことで文化祭も成功することが出来た。▼しかし、八幡に対する悪意は増え続ける。▼そんな中、城廻めぐりは、彼ともう一度出会い…▼SS初心者、誤字、拙い文章など見苦しい点が多々あると思いますが、ご指摘、ご感想よろしくお願いします。▼


総合評価:1707/評価:8.04/話数:29話/更新日時:2016年11月04日(金) 01:29 小説情報

踏み出す一歩(作者:カシム0)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡高校二年生のある冬の日。▼彼に会うために総武高校に訪れる一人の少女がいた。▼彼女の名前は鶴見留美。▼彼女は何故八幡に会いに来たのか。そして八幡は彼女にどう対処するのか。▼10.5巻と11巻の間の物語です。▼留美小説小学生編となります。▼中学生編始めました。


総合評価:2924/評価:8.38/話数:29話/更新日時:2016年12月31日(土) 12:00 小説情報

俺が青春なんてして良いのだろうか(作者:nasigorenn)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

幼い頃の好奇心から父親を死なせてしまった八幡。▼幼い彼の精神はその事実に耐えきれずに崩壊してしまうはずだった。▼しかし、唯一の家族である小町を残して壊れるなんてことを彼は許さなかった。▼だからこそ彼女の為にも、そして自分の所為で死んでしまった父親の為にも、彼はその仕事を継いだ。▼これはそんな彼が織りなす青春? の物語である。


総合評価:2532/評価:7.00/話数:71話/更新日時:2017年08月30日(水) 01:50 小説情報

世界が終わりなんて間違っている 第一章(作者:showt)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

<<お知らせ>>台本形式の投稿はハーメルンではなくSS投稿板の方がいいと指摘がありましたが、読者の皆さんから希望がありハーメルンでは第一章だけ公開。第二章以降はお気に入りユーザーのみ見れるようにします。(メインはTINAMIさんの方で書いていきますが……)▼<<作品のあらすじ>> 一つ上の先輩方の卒業式を明日に控えた3月のはじめ、突如として総武高に現れた「ゾ…


総合評価:835/評価:7.30/話数:17話/更新日時:2016年07月04日(月) 19:00 小説情報

そうして、一色いろはは本物を知る(作者:達吉)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 )

ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。解決のため八幡が偽装彼氏となるが、事態はより複雑な状況へと…。▼(多少の下ネタ・暴力描写等を含むため、保険としてR-15タグを指定しております)▼いろはす視点もしくは八幡視点メインのお話です。主役は原作組ですが、モブとしてオリキャラも使用しています。▼原作準拠、10.5巻お出掛けイベント後というイメージでお読み…


総合評価:8023/評価:8.78/話数:36話/更新日時:2017年05月07日(日) 04:50 小説情報

やはり幼馴染なんてものは、どこかまちがっている。(作者:フリューゲル)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 友達もおらず、恋人もいない。フラグなんて立たないし、立ったと思って、すぐに立ち消える。そんな残念な青春を現在進行形で送っている比企谷八幡であったが、ただ一人、親しい女子だけは存在した。▼ 切花朱音――比企谷小町の親友にして、比企谷八幡の幼馴染とも言える少女。会えば話すし、メールもする。ただしフラグは立たない。▼ これは、比企谷八幡と奉仕部にもう一人を加えた…


総合評価:3251/評価:8.39/話数:37話/更新日時:2015年10月25日(日) 22:00 小説情報

彼と彼女はそうして対等になる(作者:かえるくん)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 八幡と陽乃のお話です。友達になった二人が色々なことを考え、思いながら進んでいきます。▼ 八幡のキャラが少し違っています。▼ 更新は週2、3程度だと思います。はじめて書くので至らないところも多いですが頑張ります。


総合評価:3166/評価:8.74/話数:22話/更新日時:2016年10月02日(日) 13:48 小説情報

斯くして一色いろはは本物を求め始める。(作者:あきさん)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

総武高校生徒会長の一色いろはが、奉仕部で出会った腐った目の捻くれた人物との物語。▼いろはルートなので、いろは視点で話を進めます。▼2/14 完結。▼長い間、本当にありがとうございました!▼Pixivの方には、章ごとにまとめたものを投稿しています。▼4/16 本作の短編集です。▼斯くして一色いろはの日常は巡りゆく。▼【https://novel.syosetu…


総合評価:3547/評価:8.96/話数:50話/更新日時:2016年02月14日(日) 04:16 小説情報

やはり俺の魔王攻略は間違っている。(作者:harusame)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の八幡と陽乃メインSSです。【挿し絵あり】▼※8月27日に続編「続、やはり俺の魔王攻略は間違っている」を投稿しました。ぼちぼちやっていきます。▼再び紅茶の香りを取り戻した比企谷八幡の日常。▼そんな中、雪ノ下陽乃との関わりが徐々に変化して行く。▼ラブコメです。温泉出ます。挿し絵は現在1話、11話、18話、20話、32…


総合評価:6228/評価:8.30/話数:63話/更新日時:2017年03月11日(土) 11:15 小説情報

孤独な少年と桜の乙女(作者:宇彩)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 その少年は、常に独りだった。彼自身がそれを望み、また彼の周りはそれを加速させた。▼ 理由があったかと言われれば、少々性格に難があったことくらいであろうか。少し一人になるのが好きなだけの、どこにでもいる少年。▼ そんな彼には唯一と言ってもいい話し相手がいた。それは学校の図書館の隣にある、大きな桜の木。▼ その日は、いつもと同じ日なはずだった。いつも通り一人で…


総合評価:270/評価:6.00/話数:11話/更新日時:2017年09月23日(土) 08:25 小説情報