サクラ大戦7人目の隊員   作:真宮寺さくら
<< 前の話 次の話 >>

798 / 817
式神町そして帝都での出来事2

「僕の罪?」

「次元大戦・・・」

!!


「どうやら思い出した様やね」


「あれは、あいつらが裏直哉を殺そうとしたから・・・」

「確かに直哉君達は被害者かも知れへん。悪いのは俗に正義のヒーローと言う奴らかも知れへん」

「だけどな私達は考えた。今までお兄さん達の力を、お兄さん達の善意を裏切った君達を私は許せへんのや」


「どうしたら許してくれますか?」

「許せへんよ。何をされてもな」


「そうですか・・・」


そして長い沈黙が訪れた。



その沈黙を破ったのはスバルだった。


「はやて部隊長も、直哉君も怒らないでね」

「ティア、直哉君達をお願い、私は部隊長を落ち着かせるから」


「わかったわ直哉君さくらさん達はこちらにどうぞ」


ティアナの先導で直哉達は、部隊長室から出て、隊舎のから少し歩いたところにある一軒家にやって来た。


「「「ここは?」」」

直哉達が驚いていると、その家から出て来たのは、少女ヴィヴィオだった。


「「ヴィヴィオちゃん」」

「あ、ティアナさんどうしたんですか?パパ達見つかったの?」

「それはまだよ、ヴィヴィオ」

「そうなんだ」

「ヴィヴィオちゃん直哉さんに何かあったの?」


直哉が、ヴィヴィオに質問をする。

「うん、パパとママとアイリスちゃんが行方不明なの」

「「「ええーーーー」」」

ヴィヴィオの説明に驚くさくら達だった。


「「ヴィヴィオちゃん直哉さん達が行方不明てどういう事?」」


「ええ、私も詳しく知らないですけど、はやてさん達がその事を聞いてから神経質になってましたよ」

「「成る程ね」」

「こちらでそんな事が起きてるとは・・・」

「直哉君どうする?これじゃあますます私達だけでやるしか・・・」


「そうだね、千明お姉ちゃん」


そして直哉達は、ミッドチルダから、式神町に戻って来た。

果たして直哉達はこの状況を打破できるのか?」


その頃帝都では・・・

メルクが7人世界に現れていた。


「さて私も動きましょうか、真宮寺姉弟を助ける為に」


帝都では・・・


「くそ、俺達は、直哉君や、千明ちゃんの手伝いも出来ないのか?」

「仕方が無いんや大神はん」

「そうだぜ憑依獣騒動の隙を付いてまた帝国華撃団の動きを封じた連中がいる限り、派手に動けねんだ」


「それはそうだが・・・」

「今は、我慢だよ隊長」

「そうです、マリアさんとすみれさんに任せるしかないですよ」


その頃式神町では・・・


千明の家

「直哉君これからどうするの?」

「取りあえず前鬼とゴキを復活させないと」


「「そうだね」」


さくらと千明は、直哉の意見に同意した。

「で、二人の居場所は見つかった?千明お姉ちゃん」

「それが・・・」


「ごめん直哉君。まだ二人の居場所はわからないの」


「「ええーーー」」

直哉とさくらは、千明の答えを聞き驚いていた。

「ふん、無能なマスターだな小娘」


「グッ言い返せない」

「して、どうする気だ直哉?小娘のせいで予定が崩れたが」

「うーん困ったね、前鬼達を救出できなければ、今回の敵には勝てない可能性があるのに」

「そんなーー」

「どうやら本当に、黄泉の軍勢は私達の世界にある憑依の実やカルマの実を標的にしてるみたいね、直哉君」


「そうみたいだね、お姉ちゃん」

「一度私達の世界に戻る?」

「うんそれがいいかも、一度帝都に戻って大神さん達と相談してみようか」


そして直哉達は自分たちの世界に戻った。

その頃帝都では・・・


黄泉の軍勢の侵攻のよって帝都全域で、戒厳令が発令され帝都はまさしく死の都市となっていた。


帝国華撃団も、出撃を禁止され1週間が過ぎていた。