Libe   作:エアフォルク
<< 前の話 次の話 >>

5 / 8
再会2 ~夜

夜の9時ぐらいに綾の部屋にノックがあった。

「だれ?」

「私」

「私という人は知りません」

「いや、綾さん
そんなお茶目な事言わないでよ
開けてくれないとこのまま騒ぐから」

ドアが開いた。

「黙って入って」

「おじゃましま~す」

「何しに来たの?」

「つれないなぁ綾さん」

「一言、言っておくわね
先日アルバイト手伝ってくれてありがとう」

「死んでも行くって感じだったしね」

「生活がかかってるから」

「助けてくれたお礼とね」

「話し変わるけれど何しに来たの?」

「えっと、久しぶりに会ったのに、ほぼ無視だったから」

「なら、あなたはこの町に始めて来た事になってるのに
私が知ってたらおかしな事になるでしょ」

「でも、そっけなさ過ぎだし」

「普段どおりだったけど?」

「あれが綾さんの普通の学校生活?」

「そうだね」

「そっか」

「私からも聞いていい?」

「何?綾さん」

「なぜあの時いなくなったの?
責任感じたから
嘘なしでお願い」

「ん~日本の捜査する人たちって無能じゃないからね
外に出ずに窓にも顔出さずにすれば可能だけど
ずっとは難しいかなぁ
それで数日間バイトに行ったでしょ
この部屋から帰った日の朝方、
見慣れた車を見たから時間が来たかなぁって思ったわけ
黙っていなくなってごめんね」

栞はちょっとばつが悪そうに言った。

「もうひとつ仕事いやになって逃げたの?」

「仕事は好きだよ。
歌、歌うのも、作るのも、お芝居をするのも基本好きだよ
あの日は丁度セクハラに近いの受けたり、
色々あってお酒を飲んで
意識不明な感じになって気づいたら
綾さんに助けられてた感じかな」

「仕事がいやになって逃げたわけじゃないんだ」

「一応はね、でもその後の数日は空けになったから
それはいろいろな人に迷惑かけたけれど
丁度その埋め合わせも先日終わった所だよ。
綾さんそういうの嫌いでしょ」

「別に私は関係ないでしょ
確かに仕事を途中で捨てる人は嫌いだけど」

綾は少し顔を恥ずかしそうに横に向けた。

だから綾さん
そういうギャップがめちゃ可愛いけど言ったら
「そう」と答えるんだろうなぁ


「忙しいんでしょ?
芸能人さん?」
そっぽを向いて栞に問いかけた。

「意地悪だなぁ綾さんは
会えてうれしいくせに」
いたずらっ子のように綾に話しかけた。

「そんなこと無い
話はそれだけ
ならもういいよね」

栞は寒気を感じた。
やばい地雷を踏んだと感じた。

「ごめん綾さん。
冗談だって」

「会えてよかったのはきっと
あやふやなままであなたが帰ったから
気になっただけ
それだけよ」

「今日泊まったら駄目?」

「駄目よ、この近くに部屋があるんでしょ」

「有るけど、もう夜遅いし」

「あんな時間にきたら遅くなる
あなた、計画犯ね
スキャンダルになると困るでしょ」

くすくす
栞は嬉しくて顔がほころんだ。

「何、笑ってるの?可笑しい事言った。」

「だってぇ、普通スキャンダルって
男の部屋から出てきたって事でしょ
綾さん何処から見ても女性じゃん
まぁ私が変装したら身長の低い男性になり得るけれど」

綾のスタイルと自分のスタイルを見比べて
がっかりしながら話した。

綾は身長が高くスラットしていて
しかも出るとこは出ていて引っ込む所はしっかりとしていた。
対する栞は反対に身長が低く
芸能人だから体重は軽いが全体的に幼児体系に近かった。

「スキャンダルって男女だけじゃないでしょ
夜遊びもそうじゃない
まだ22時だから今なら間に合う」

「綾さんは、か弱い女の子を
夜道を帰らす気?」

「いつも私はこのぐらいに帰るから大丈夫よ」

「う~わかった帰るね
学校では普通に接して欲しいな」

「やっかみがあると面倒だからいや
それに友達、かなり出来たような気がするけれど」

「あれはたぶん違うよ」

「ちがう?」

「だってあれは私が芸能人だからだよ」

「ん?」

本当にわからないって顔してる横の人
頭の回転速いのになぜこんな簡単なことがわからないの?

「でも今度の土曜日遊びに行くのでしょ?」

「急な仕事が入らなければね」

「普通遊びに行くのは友達だからでしょ」

「まぁ友好かねてもあるけれど、
せっかく同じクラスになったら
誘われたらいやな人じゃない限り
行かない?」

「行かないし、時間の無駄」

「綾さん?部活の部員とは遊びに行かないの?」

「行かないよ。
時間もないし、友達じゃないから」

「サッカー面白い?」

「好きだよ?でも今は大変かなぁ」

「なんで?」

「思ったところにチームメートが来てくれないし、
先生がいなくなったらだらだらやっているから」

「それって部員に言ってる?」

「なぜ?」

「チームスポーツでしょ。言わないとわからなくない」

「最低限は言わなくてもわかるでしょ。高校生なんだから」

いやまぁそうなんだけど
この人めちゃくちゃ対人スキルないよ
絶対個人種目のスポーツのほうがあってる
でも普段なんでも知っているように見えるこの人が
こんなに聞いてくるのはなんだか面白い

「気に入らないものは話し合ったりしないと
チームがまとまらないと思わない?」

「でも私、よくバイトで部活にあまり出ていないから
よくわからない」

「何でサッカーなの?」

「サッカーが好きになった理由?」

「そう」

「別に関係ないでしょ」

綾は少しだけそっぽを向いて話した。


栞はずっと綾を見つめていて、とうとう根負けした

「ずっと昔にね」

「え?」

「聞きたいんでしょ」

栞は先ほどの質問は話してくれないと思いながら
綾の横顔綺麗と感じていて見つめていただけだったので
いきなりの不意打ちだった。

「え、うん聞きたい」

「昔って言っても今から数年前ぐらいかなぁ
サッカーはその前からやってはいたんだけれど、
その時のCMがすごく面白くて
CMでやっていたことを練習していたら
もっともっと面白くなって今に至るって事かなぁ」

「確かアディダスかなんかのCMで
ブラジルとポルトガル戦の設定でね
そのCMで
ある選手がね
足とボールがくっ付いているみたいに
右に行ったボールがすぐ反動で左に行くテクニックを
やっていたんだ
それを見て私もね」

うゎ綾さんって
サッカーの話をするとき
すごく目が輝いている
すごく楽しそう

「ごめん
余り良くわからないよね
それがきっかけで
実際に本格的にやり始めたの」

「プロにはならないの?」

「む~
どうだろ
日本だと数人しかプロ契約していない方ね」


「え!そうなの?
なでしこで試合に出ている人たちって
プロじゃないの?」

「あぁ、
そっか知らない人から見たらそう思うよね
実際は違うね
数人位しかしていない状況」

「そっか目指さないの」

「どうだろうね」

「所でいつ見てたの?
グランドにはいなかったけれど」

「教室から」

独りでしていたねと言おうとしたが
辞めておいた
折角話してくれているのに
へそを曲げられたら厄介というもの

「それじゃ
本当はお泊りしたいけれど
お話聞けたから帰るよ」

そういっていたら
綾は身支度をしながら
「送っていく」とそっけないそぶりで
返していた。

「いやいやさっきといっていること違うくない?」

「さっきか弱い女性を帰らすのとか言っていたし、
確かに有名人だし女の子だから心配だから送っていく」

「ならお泊りで」

「布団が一式しかないから駄目」

そのようなやり取りがあって
栞はここから徒歩5分以内のマンションに帰ってきた。

やはり綾さん優しいな
でもなんであんなに人を放そうとしているのかな

10センチぐらい身長が違うから
カップルのように歩いていたなぁ
言ったら綾さん否定すると思うけれど