Libe   作:エアフォルク
<< 前の話 次の話 >>

2 / 8
深夜の出来事

綾がお風呂から出てきて
栞は綾の事が気になったので
質問攻めをしたのだが
学校の授業のように
淡々と先生の質問を答えるかのように答えていた。

は~
結局、
綾さんのこと全然分からなかった。
答えが
別にとか
興味が無いばっか

もう折角久しぶりにガールズトークをしたかったのだが意味が無かった


そんなこんなで深夜になって問題が起きた
「栞は病人だから布団で寝なさい」

あなたは私のお母さんですかと少し考えてしまった。
少し思ったので聞いてみた
ここには布団が一組しか用意されていない。

「綾さんはどうするの?」
って言うかスタイルや身長
言葉使いどれを取っても
綾さんには負けるけれど
私の方が年上なのに~
子ども扱いされてる(ノ_・。)

「別にそこらで寝るから気にしなくて良いよ」

「いやいや綾さんそんな訳には行かないでしょ」

「何故?
栞は今は熱が引いたかもしれないけれど、
まだ病人
私は健康体だよ
布団は一枚だけ、
幸い明日は朝お休みだから
問題は無いよ」

「常識的に見てそんなことできるはずないよ」
どこの世界に世主を彫っておいて自分だけぬくぬくと布団で寝れますか

「なら常識的にみて、朝方コーポの前で倒れていたり、
理由もなしに数日泊めてなんていう人がいるの?」

そりゃそうだけども・・・、
きにするじゃん

「それに私は気にしないから」

「えっと、綾さんって寝相悪いとか?」

「分からないけれど、
寝たまんまの状態だから寝相はいいと思う」

「えっと~なら
私も家主がそのまま寝ていたら気にするから、
もし良ければ私と一緒に寝ない」

「いや、栞は病人だから気にしずに寝なさい
二人で寝るのは狭いから」

「じゃ私も布団要らない」

いつもの綾なら
好きにすれば良いと言う所だったが、珍しく困っていた。
本人も何故困っているかは分からなかった。

りりしくしている綾から
本当に困った風にもじもじしている行動をしていた。

これは不意打ちですよ綾さん
っていうかもじもじしちゃって可愛すぎる

「う~私多分布団で寝なければ風邪ひどくなると思う」
栞は少しだけわがままを言ってみた

「なら布団で寝なさい」

「でも気になって寝れないから、ひどくなるような気がする」

「なにが起きてもしらないから」

「えっと、綾さんはそっちの人ですか?」

「そっちの人?」

「女の子が好きとか?」

「は~興味はないからそういうの」

「何でもいいです。
さっきも言ったけど流石に家主がそのままなんて
気になって仕方ないから一緒の布団で寝てください」

綾はこのままくり返しになると思ったので
「わかった」
一言返した。
ここにページを追加

布団に入ってから綾は直ぐに寝入った。

「ッていうかどこのの○た君ですか?
いまどきの小学生でもこんなに寝つきの良い人なんていないのに」

綾さんか・・・
本当に私を知らないみたいだし、
ちょっとビックリ!

なんだか感性が変わってるし
それに年下なのになんでこんなにスタイルいいの?

一人で暇だったから
勉強机の本棚を見たら難しい本ばかり、
漫画どころか雑誌まで無いって
本当に女子高生かしら

でも寝顔綺麗だね(*・・*)ポッ

このスタイルに、この寝顔は反則すぎる

芸能人でもあんまりいないんじゃないかな

出るとこは出ていて引っ込むとこは引っ込んでいて
それでいてやせすぎていないなんて
ビックリだよ

変わってるけれど悪い人じゃない
っていうか世捨て人みたい

でもなんでだろう
こんなに美人さんだったら人が集まってきても可笑しくないのに

明らかに綾さん
人との会話慣れしてないし、
避けてる感じもするけど
まぁいいっか

さてと私も悪化したら
今度こそ
綾さん
そこらで寝ると言いかねないから寝ますか