変わらない環境。変わらない日常。そんな中で起きた一つの交通事故。
そのたった一つの出来事に、たった一人の少年がいたとしたら?
彼ら彼女らの人生は、どう変わったのだろうか。

これは仮定の物語。あの日あの場所から分岐した、あの世界のパラレルワールド。
たとえ世界が分岐しても、彼ら彼女らが歩み寄ろうとする限り、その世界は間違い続けるのだろう。

「The world is missed by them.」

「その世界は彼らの手によって間違えられる」



不定期更新、オリキャラあり、原作ヒロイン×オリキャラの可能性ありです。


2015年4月29日 『原作ヒロイン×オリキャラの可能性あり』のタグを、『原作ヒロイン×オリキャラあり』に、変更しました。

2015年5月19日 『あくまでも主人公は比企谷 八幡』のタグを追加しました。

2015年7月6日 最新話に『●NEW』の文字をつけました。

2015年11月30日 原作の展開を大きく改変した話やオリジナル展開を含む話に、『☆』のマークをつけました。※あくまでわかりやすいようざっと付けただけなので、通常話にもオリジナル描写などが含まれる場合があります。(物語に必要な、伏線なども)

※作者の事情により、更新が滞っています。詳しくは、活動報告をご覧ください。
総武高校 一年目
  Act.0 いずれ終わる彼らの物語はここから始まる ☆2015年03月26日(木) 23:42()
総武高校 二年目
  Act.1 やはり比企谷 八幡は目をつけられる2015年03月27日(金) 00:27()
  Act.1-2 比企谷 八幡と雪ノ下 雪乃の自論とは2015年03月27日(金) 00:44()
  Act.2 偶然か必然か、陽影 夏輝は二人と出会う ☆2015年03月27日(金) 23:08()
  Act.3 しかし由比ヶ浜 結衣は憧れ、感謝する2015年03月28日(土) 15:50()
  Act.4 やはり戸塚 彩加と陽影 夏輝は男らしからぬ2015年03月29日(日) 10:29()
  Act.4-2 満を時してリア充とボッチは火花を散らす2015年03月31日(火) 00:20()
  Act.4-3 ともかく雪ノ下 雪乃は優秀で、それでも……2015年04月02日(木) 10:00()
  Act.5 由比ヶ浜 結衣曰く、メールは口ほどにものを言う2015年04月04日(土) 22:31()
  Act.5-2 しかし、葉山 隼人の居ぬ間の三人は廃人である2015年04月05日(日) 19:13()
  Act.6 なぜか比企谷 小町がお兄ちゃんに依頼するのはポイントが高い2015年04月07日(火) 20:03()
  Act.6-2 川崎 沙希はブラコンで、なおかつ意外と盲目である2015年04月12日(日) 17:59()
  Act.6-3 比企谷 小町によると、姉も弟も互いを思う気持ちは…2015年04月18日(土) 20:11()
  Act.7 だから彼ら彼女らの物語は、唐突にすれ違う2015年04月26日(日) 13:16()
  Act.7-2 まごうことなく、雪ノ下 雪乃は幼い2015年04月29日(水) 10:29()
  Act.7-3 そして、雪ノ下 雪乃は震える2015年04月29日(水) 19:25()
  Act.8 それでも、葉山 隼人はやり方を変えない2015年05月06日(水) 16:34()
  Act.8-2 星の下で、陽影 夏輝は依頼する ☆2015年05月10日(日) 09:52()
  Act.8-3 ついに、鶴見 留美はそれを望む2015年05月17日(日) 23:09()
  Act.8-4 暗闇の中ですべては消え、変わりゆく ☆2015年05月24日(日) 20:46()
  Act.9 比企谷 八幡の決断を、陽影 夏輝は待っている ☆2015年05月31日(日) 11:18()
  Act.10 どんな時も、花火の色は変わらない2015年06月08日(月) 00:39()
  Act.10-2 とうとう、少年は真に自分を嫌悪する2015年06月14日(日) 23:34()
  Act.11 既に夏は終われども、彼らの夏は今だ終わらず2015年06月29日(月) 22:37()
  Act.11-2 ついに、相模 南の依頼は彼らを。 2015年07月05日(日) 21:53()
  Act.11-3 まるで雪ノ下 陽乃は、嵐のように祭りを… 2015年07月12日(日) 22:59()
  Act.11-4 当然、協力とは尊いことでーーならば、それは。2015年07月22日(水) 21:52()
  Act.11-5 彼ら彼女らの言葉に、雪ノ下 雪乃はふと思う 2015年07月26日(日) 16:40()
  Act.11-6 確かに比企谷 八幡のやり方は最低で、されど求める者がいる 2015年08月03日(月) 20:34()
  Act.11-7 彼女との奇跡のような出会いは、なれど偶然ではない ☆2015年08月06日(木) 00:49()
  Act.11-8 ようやく、彼ら彼女らはあの春の日を越える ☆2015年08月11日(火) 09:35()
  Act.12 そして陽影 夏輝は、その双眸を赤く灯す ☆2015年09月07日(月) 23:51()
  Act.12-2 それなら彼は、どちらを選ぶべきなのだろう 2015年09月28日(月) 23:05()
  Act.12-3 されど、人は人を創ることを知らずに 2015年10月04日(日) 00:39()
  Act.12-4 いつかきっと、忘れる時がくるからこそ2015年11月01日(日) 22:25()
  Act.12-5 そして、誰もが認める訳ではない ☆ ●NEW2015年11月29日(日) 21:48()
総武高校 奉仕部室にて (番外)
  profile. 〜Natuki's family members〜2015年04月18日(土) 22:39()
  short story-1. 千葉村への道中・後部座席2015年05月10日(日) 22:42()
  another angle of Act.11-8 〜main charactar : Yui〜 2015年08月18日(火) 00:55()

読者層が似ている作品

The transmigration of Eagle(作者:でそろ)(原作:ハリー・ポッター)

容姿端麗、頭脳明晰。優等生を絵にかいたような少年。たいていの人々は彼を「いいやつだ」と評する。その一方で彼を「いやなやつだ」という者がいるとかなんとか────▼少年は有名な小説「ハリー・ポッター」の世界に転生する。▼聖28一族の一つ、ブラック家の第30代目当主アルタイル・ブラックとして、死喰い人の父、大量殺人鬼の叔父をもつ複雑な立場に少年はどう立ち回るのか。…


総合評価:1530/評価:7.66/話数:13話/更新日時:2016年09月16日(金) 10:52 小説情報

やはり妹の高校生活はまちがっている。(作者:暁英琉)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

小町の高校入学後の比企谷兄妹の千葉兄弟的なお話です▼名前ありのモブキャラはたぶん登場しないかなと▼ペースは週1くらいを目標にしていますが、自分のペースで書きたいので前後する可能性も無きにしも非ず・・・▼原作は執筆開始段階で10.5巻の途中まで読んでいます▼一色と小町がかわいい▼


総合評価:2156/評価:8.10/話数:22話/更新日時:2015年07月13日(月) 00:00 小説情報

雪ノ下家長男の青春ラブコメもまちがっている(作者:拳骨揚げ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 雪ノ下月乃。▼ 雪ノ下陽乃、雪ノ下雪乃の弟。▼ 受け継いだカリスマ性やら頭脳は素晴らしい、が―――極度のシスコン。▼ 彼の織りなす青春も―――やはりどこかまちがっている。


総合評価:351/評価:5.22/話数:8話/更新日時:2017年06月01日(木) 22:19 小説情報

孤独な少年と桜の乙女(作者:宇彩)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 その少年は、常に独りだった。彼自身がそれを望み、また彼の周りはそれを加速させた。▼ 理由があったかと言われれば、少々性格に難があったことくらいであろうか。少し一人になるのが好きなだけの、どこにでもいる少年。▼ そんな彼には唯一と言ってもいい話し相手がいた。それは学校の図書館の隣にある、大きな桜の木。▼ その日は、いつもと同じ日なはずだった。いつも通り一人で…


総合評価:284/評価:6.00/話数:13話/更新日時:2017年10月01日(日) 20:21 小説情報

やはり俺の部活動部員は間違っている(作者:孤独なバカ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

本性を隠し続けているオリ主が個性的な部活動仲間とともに高校生活を送り続ける物語。▼タグ追加しました。アンチは軽めです▼追加タグ キャラ崩壊


総合評価:152/評価:3.67/話数:11話/更新日時:2017年08月05日(土) 03:17 小説情報

偽を演じて…(作者:九朗十兵衛)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は演じるのが好きだった。▼まるで別世界の住人になったかのような、時代を遡ったかのような、未来の世界を生きるような、そんな特別を味わえる演劇、ドラマ、映画で演じるのが大好きだった。▼だが、ある出来事により彼はその世界から消えることを選択し、どこにでもいる普通の子供に戻った。▼それから数年、高校生になった八幡はボッチだが静かな生活を送っていたが、ある教…


総合評価:616/評価:6.45/話数:12話/更新日時:2017年09月10日(日) 01:38 小説情報

魔王の玩具(作者:ひーまじん)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

基本的にどこにでもいる大学生を自負している九条景虎は、同じ大学で出会った女性ーー雪ノ下陽乃によって、安寧とは程遠い日常を送る事になる。▼魔王に見出された景虎を待つ運命はいかに。▼初作品ですので、至らぬ点が多々あると思いますが、よろしくお願いします。


総合評価:9091/評価:9.05/話数:21話/更新日時:2016年10月12日(水) 17:35 小説情報

女王様と犬(作者:DICEK)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

原作再構成もの。▼雪ノ下陽乃にヒッキーが振り回される話。▼ヒッキーが陽乃の一つ下という設定でお送りしています。▼主な登場人物▼比企谷八幡、雪ノ下陽乃、平塚静、城廻めぐり▼連載終了しました。▼


総合評価:12447/評価:8.79/話数:21話/更新日時:2014年12月07日(日) 06:32 小説情報

声を失った少年(作者:熊0803)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

幼少期、ある出来事によって声を失った少年、比企谷八幡。▼ 平穏に暮らしていた彼はある日、国語教師の平塚によってある部活に導かれる。▼その部の名は奉仕部。▼ 陽だまりが照らす教室で、八幡は一人の少女と再会する。▼ 生まれつき異常な肉体を持ち、心の中にもう一つの人格を持つ少年は、かつて救った少女とどう向き合うのか。▼ 初投稿です。原作を片手…


総合評価:1825/評価:6.47/話数:36話/更新日時:2017年09月18日(月) 15:39 小説情報

心を殺した少年(作者:カモシカ(仮))(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

数々のトラウマを抱え、心を殺した少年は、この出会いに何を見出だすのか。▼この作品では、葉山やその他俺ガイルキャラにアンチヘイトをするつもりはありません。アンチヘイトに類することがあっても、あくまでそのキャラの成長への布石です。▼作者はとても書くのが遅いので、投稿ペースはゆっくりです。


総合評価:1106/評価:5.71/話数:24話/更新日時:2017年10月09日(月) 18:00 小説情報