【 ※※※ お知らせ ※※※ 】

「 そこは静かな海だった。
  いつからだろか、静かな海だったのは。
  そもそも「いつ」静かだと思ったのか、それさえも解らない。
  覚えていない、のではなく、記憶にない。
  だから、ソレは考える。
  何を想って、何を以て―――              」

 畏怖と恐怖と敵意に悪意しか向けられない『ソレ』。
 多くの者に忌み嫌われ、どこに行くにも否定と拒否を受ける日々。
 たった独りで戦い続ける『ソレ』の、誰も知らない物語。

 何処に向かうことも、何処に行くことも出来ず望まれない『ソレ』にさえ―――
 
         ――― 譲れない、【 】があった ―――


※艦これの二次創作です。
 二次創作は初めてなので、勝手が解らず何かマナー違反をしていた場合は教えて頂ければ幸いです。
 また、筆者は艦これが好きですがミリタリー関係に疎く、用語や効果、また描写や使用方法など間違いがありましたら、お手数ですがご指摘お願いします。
 艦娘(性格など)や設定などなるべく公式に合わせますが、筆者の解釈や多少違いが出る場合がございます。ご了承頂ければ幸いです。
  静寂艦雅(せいじゃくかんが)2014年08月28日(木) 00:40()
  静寂艦雅(せいじゃくかんが)1-22014年09月12日(金) 03:02
  静寂艦雅(せいじゃくかんが)1‐32014年10月13日(月) 02:15
  異体同身(いたいどうしん)2014年12月06日(土) 17:47
  常在選場(じょうざいせんじょう)2015年01月22日(木) 02:50()
  常在選場(じょうざいせんじょう) 1-22015年02月01日(日) 02:15()
  【番外編】 とあるイベントのレ級の日常2015年02月19日(木) 00:38
  常在選場(じょうざいせんじょう) 1-32015年03月22日(日) 12:40()
  常在選場(じょうざいせんじょう) 1-42015年03月24日(火) 02:24()
  【番外編】 とあるイベントのレ級の日常2【2015春】2015年05月06日(水) 21:42
  第二部  一天私海(いってんしかい)2015年05月26日(火) 00:02
  第二部 閑話 危言奇行(きげんきこう)2015年06月04日(木) 16:00
  捲弩重来(けんどちょうらい)【前編】2015年06月18日(木) 01:00
  捲弩重来(けんどちょうらい)【後編】2015年07月11日(土) 20:51
  一錨息災(いちびょうそくさい) 【前編】2015年09月09日(水) 08:48()
  一錨息災(いちびょうそくさい) 【後編】2015年10月09日(金) 07:23
  疫者三友(えきしゃさんゆう)2015年11月03日(火) 13:34
  巣輪一枝(そうりんいっし) 【前編】2016年01月09日(土) 12:40
  巣輪一枝(そうりんいっし) 【後編】2016年02月11日(木) 22:43
  【最終話】 深海生艦(しんかいせいかん)2016年04月30日(土) 23:57
  我蛇辿足(がだてんそく)2016年06月05日(日) 18:41

読者層が似ている作品

空母ヲ級運用指南 ~蜃気楼の海~(作者:mafork)(原作:艦隊これくしょん)

 海から来たものは、海へと還っていく。▼ 海を漂っていた艦娘を、ある輸送船が救助する。▼ しかし船員達の態度は、どこか怪しく、よそよそしい。▼ それもそのはず、その輸送船の『積み荷』とは――。▼ 艦娘と、深海棲艦、そして輸送会社が織りなす艦これ小説。▼ AL/MI作戦の傍らで行われた、ある重巡艦娘の奮闘を描きます。▼ 艦娘には守るべき陸地がありますが、では、…


総合評価:707/評価:8.54/話数:30話/更新日時:2015年08月18日(火) 21:51 小説情報

艦娘哀歌(作者:絶命火力)(原作:艦隊これくしょん)

「ただの駆逐艦のそこら辺にポーンと転がっとるような身の上話聞いたかて、しゃあないやろうに」▼ 深海棲艦と人類の闘争が始まって十数年、もう何年も泥沼のような状況が固定化され、それを「安定」と称して糊塗する動きすらある。▼ そんな中、男は南洋諸島の前線に近いとある基地へやって来た。男は基地で出会ったとあるきっかけから、独自に艦娘へ『取材』を行い始める。▼ 基地の…


総合評価:390/評価:8.62/話数:31話/更新日時:2017年01月21日(土) 12:00 小説情報

戦艦レ級 カ・ッ・コ・カ・リ(仮タイトル)(作者:ジャックオーランタン)(原作:艦隊これくしょん)

ある日深い海の中で少女が生まれました。▼しかし少女はこの世界において人類に仇なす敵だったのです。▼それも彼女の種族は特別危険と認識されています。▼ですが彼女には人間だった記憶がありました。▼歩み寄ろうとする少女と警戒する人類。▼果たして人類とその敵である少女はどう物語を綴るのでしょう。▼これは人間と深海棲艦が共存するきっかけになるお話、かもしれません。


総合評価:2921/評価:8.20/話数:10話/更新日時:2017年06月18日(日) 06:00 小説情報

駆逐聖姫 春雨(作者:隙間風)(原作:艦隊これくしょん)

駆逐聖姫春雨は正義の深海棲艦である。▼深海棲艦は世界の海を支配する悪の艦隊である。▼春雨は人間と海の自由のために、深海棲艦と戦うのだ!


総合評価:3586/評価:8.47/話数:14話/更新日時:2016年08月09日(火) 17:02 小説情報

江風になった男、現在逃走中(作者:クリ@提督)(原作:艦隊これくしょん)

 江風になってしまった男が嫁として保護しようとする提督から逃げるお話。▼ 尚、逃げる過程で出会う艦娘達に誤解される模様。▼


総合評価:4500/評価:7.80/話数:49話/更新日時:2017年01月23日(月) 19:40 小説情報

ガラクタと呼ばれた少女達(作者:湊音)(原作:艦隊これくしょん)

民間船、軍用船、用途様々な船が突如として海に沈んでいった。▼沈みゆく船から送られた無線には、人型の生き物が海に立っていた。その言葉だけが残される。▼後に深海棲艦と名付けられた敵との戦争に備え、人は艦娘と呼ばれる兵器の開発を進めていく事となった。▼艦娘が人々に認められ、あなたの鎮守府で幸せになる前のお話です。▼※基本的に頭の中に思い浮かんだ内容をだーっと書きな…


総合評価:526/評価:7.93/話数:32話/更新日時:2017年08月22日(火) 06:25 小説情報

We, the Divided(作者:Гарри)(原作:艦隊これくしょん)

短いあらすじ:病んだ龍田さんが泊地を脱走したら追手が掛かった。▼ 深海棲艦との戦争が講和終戦を迎えて二年。単冠湾泊地所属の軽巡艦娘「龍田」は、装備一式を持って突如泊地を脱走した。彼女が向かったのは北方領土、ラスシュア島。▼ 即座に追手が掛かるが、陸戦にも習熟していた龍田に、泊地は単独での事態解決を断念。紆余曲折の後に協力者として、かつて龍田を訓練した教官であ…


総合評価:629/評価:8.81/話数:15話/更新日時:2017年05月21日(日) 09:00 小説情報

とても小さな鎮守府で(作者:すでのな)(原作:艦隊これくしょん)

 駆逐艦皐月と望月。着任している艦娘がこれしかいない、とても小さな鎮守府。仕事は近海警備のみ、毎日のんびりと過ごす提督含めた三人の元に、久し振りに新たな艦娘が着任するとの話が。当日、三人の前に現れたのは、なんとビック7と謳われる戦艦長門だったのだが……▼ 各々の理由で傷を負い、ボロボロになった艦娘達が色々あって立ち直る。そんなお話が書きたくて挑戦してみました…


総合評価:287/評価:7.00/話数:10話/更新日時:2017年05月31日(水) 21:36 小説情報

護衛艦でいず!(作者:角煮か?)(原作:艦隊これくしょん)

 艦これの知識も軍事知識もないのに、最新鋭の架空護衛艦になってしまった男の話。▼ 新米提督と二人しかいない駆逐艦の艦娘たちと共に、彼/彼女はこの世界を生きていく。▼ 三度目のタイトル変更。これで確定だと思います。


総合評価:302/評価:7.88/話数:13話/更新日時:2017年06月15日(木) 16:36 小説情報

提督と異様な艦娘達(作者:ポン酢放置禁止区域)(原作:艦隊これくしょん)

 いかつい顔つきの提督と普通の艦娘とはどこか違う艦娘達が元ブラック鎮守府に行く。そういうよくある元ブラック鎮守府再生モノ


総合評価:309/評価:6.82/話数:10話/更新日時:2017年08月13日(日) 00:37 小説情報