私のヒロインアカデミア   作:koueisyoku

1 / 1
書きたいところだけ書いた後悔はしてない


第1話

夢を見ていた、いつか見たあの日の光景
私の目の前で血を流し倒れている、大切な人(いもうと)
傷口を塞ごうとしても幼い私の手では塞げず
助けを呼んでも周りには誰もいない

私の持つ個性、それを狙うヴィラン、助けにこないヒーロー
全てが嫌いになったあの日

ーーーーーーーーーーーーーー

「僕は、どんな困っている人も救えるヒーローになりたい!」
彼は私に向かって自分のなりたい姿を叫んだ
その姿が、どうしようもないくらいにあの子に似ていた

『私は、みんなを笑顔にするヒーローになりたい』
『その、引き裂く個性で?どうやって?』
『まだわかんないけど………』
『そっか』
『うん』
『じゃあ、応援するね』
『ありがとう!お姉ちゃん』

「……ちゃん、寧ちゃん?」
唐突に現実に戻される
「大丈夫?」
「ええ、何でもないわ」
私はあの子の影をなんで出久に……

「なれると……いいわね」
ヒーローという存在に絶望したはずの私
だけど今出た言葉は本心だった

ーーーーーーーーーーー---
「大丈夫?出久」
「ははは、平気だよ」
わかってる無理してることも、個性がないことを気にしてるのも

だけど私は同情はしない
私に残っているのは………ッ!?!?

「Mサイズの…隠れミノ2つ…」

とっさに躱した私とは違い、出久は取り込まれた
掴もうとする手がもがく

私が出来ることは……

「もう大丈夫だ少年!!」

「私が来た!」

その声に憎悪抱き逃げたした
嫌いなヒーローにも、ヴィランにも
私は関わりたくなかった

ーーーーーーーーーーーーーーーー
商店街の傍を通ったとき悲鳴と人だかりがあった
ヒーローは手を出せず(助けない)
ヴィランは暴れ続ける(欲望を振るう)

飲み込まれているのは爆豪勝己みたい
それに対しても私は何も思わない

ふと風が駆け抜けた
目の前に走り出したのは
(出久?どうしてあんなにも馬鹿にされてたのに)

出久は走り爆豪の元へ向かう
そして

「君が救けを求める顔してた」
あ、そっか
何で出久があの子に似てると思ったのか、ちょっとわかった気がした。

「おい、君も止まれ!」
(だって二人とも)
血から何かが抜けるような錯覚を起こす
(何かのためにって言った時の顔が)
それは錯覚から目に見える現象となり
「もう少しなんだからじゃまするなあ!!!」
光の花びらが宙を舞い手に集まる
「あんたこそ、出久の邪魔をするな!」
光の花びらがさらに輝き

血中霊子解放(サクリファイス)!!!」
彼等の体からヴィランを吹き飛ばした
(そっくりだったから)

個性の使いすぎで倒れる私
ふと出久達の方を見れば

オールマイトがとどめを刺していた

(久しぶりに全力を出したら疲れちゃったな)

そして私は、意識を手放した






とりあえずの主人公の個性

個性名・霊子純血
前例のない個性ではあるが、木住の家系においては体質として昔から存在している。

寧の場合、体質と個性の両面を持つため歴代で最も血にある霊力(現代科学においても説明できない力)が濃くなっている。

個性としては、その血にある霊力を行使する力であり
霊力の塊を発射
霊力による共振を用いた幻覚
霊力を浄化に使い治療
などといった幅広い行為に使える

弱点としては、個性使用で血中霊力を消費するため
使えば使うほど自分が不利になり
霊力には限界値と回復量が決まっているため
消耗戦や短期決戦にも向いていない

個性としての力は以上です







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。