平気なわけあるもんか。   作:自分が大嫌いなただの作者

1 / 1
平気なわけあるもんか

あたしはいつだって我慢してる。
小さい頃から。
物心がついた時、あたしは家から出て行きたかった。

飛び交う怒声。投げられる本。
殴られるお母さん。
ごめんなさいごめんなさいと言う声は未だに忘れない。

多分、小さい頃からあたしはどこかおかしかった。

何を言われてもへらへら笑って、

「だいじょうぶ。」「へいき。」

なんて言って。

実際は大丈夫なんかじゃない。
平気でもない。
ずっと助けてもらいたかった。
ずっと目の前で起きてる暴力をとめたかった。

でも、5歳の非力な子供が何かできるはずなんてないじゃん。
いつしか、声が出せなくなった。
あたしの声が出なくなった途端、親は離婚した。
父親はあたしを引き取りたがってたけど、そんなのお断りだった。

お母さんのすぐそばにいないと。

そう思ってたから。

今では、声も普通に出せる。
うるさいと言われるくらい。


でも、小中学生の時は辛かったよ。
毎年毎年いじめられるから。
どうしてかって?
そんなのあたしが知りたいよ。

どうしてこんな思いをしないといけないの?

何度も何度も死にたかった。
でも、自殺方法を調べても綺麗に死ぬ方法なんてなくて。
ぐちゃぐちゃとか糞尿撒き散らして死ぬのとか、凄く嫌だからリスカしかできなかった。
あの時の気持ちを思い出すと今でも死にたくなる。


高校生は楽しかった。
とっても。うん。

でも、最低な人によく声をかけられた。
告白されて断れなくて、付き合った。
そしたら、犯されそうになって怖くなって逃げた。

そしたら、学校で「俺は○○とヤったんだ!」とか吹聴して回られた。
やめてよほんとにやめて。
正直気持ち悪い。未だに死んで欲しい。
すぐに別れたけど、まだ何人かいた。

なんであたしは死なないんだろう。
どうして生きないといけないんだろう。

今は、自分の好きな人と付き合えてる。
それで人生は勝ち組なのかもしれない。

んなわけないじゃん。

未だに過去に囚われて夢にうなされて、
死にたい想い抱えて。

相手には絶対に言えない。
だって哀しむじゃんか。

でも、たまにリスカするくらいなら死なないしいいよね?
生きる理由付けにそんな事をしても許してくれるよね?

どうしてこんな人間になったんだろう。


あたしは自分を見透かしてしまえる人が大嫌いだ。
取り繕った笑顔に気付いてしまえる人が大嫌いだ。

精一杯、これでも生きてるんだよ。
それなのに…やめてよ。
あたしの全てを知ろうとしないでよ。

「死ね」と言われる度に、何度そいつの前で死んでしまおうと思った事か。
「可愛い」と言われる度に、吐き気がする。本当はそう思ってない癖によく言えるよね。


全て壊せるのなら、本当に全部壊してやりたい。
あたしを壊した世界をあたしが壊す…。

それってなんだか滑稽だよね。



評価は1でいいです。
ていうか、これに評価とかしなくていいです。
ばいばい、さよーなら。






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。