アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

5 / 41
魔術工房①

 夕焼けの空が刻一刻と夜の色を増していく。
 警察に届けるはずだった鞄は魔術師のものと判明し、当初の目的を完全に喪失したアルは、帰路についていた。傍らにはアーチャーの姿がある。
 暫し共に歩いて気付いたことだが、彼女は歩く際、一切の足音を立てない。動作は全て滑らかに連続し、風にそよぐ枝葉のように、認識の表層を流れていく。
 なるほど、と納得する。アーチャーの気配が薄いのは、ただその洗練された挙動のためなのだ。

 しかしながら、その一方で彼女の姿を際立たせているものがひとつ。

「……その、アーチャーはどうしてウチの制服を着ているんだ?」

「ん? ああ、これか」

 アーチャーは自らの躰を見下ろした。アルの服の予備であるため、男性服なのだが、すらりとした彼女によく似合っている。

「機を見て汝に接触しようと考えたのだが、事情を考慮するに、霊体化したままでは信じてもらえぬだろうと思ってな。無断で借用した。当然、戦闘時には別の装束に着替える」

「なるほど」

 確かに何処からともなく声が聴こえてきたとしたら、まず疑うのは自分の頭だろう。しかもその内容といえば荒唐無稽極まりない。彼女を前にしなければ、とても信じられなかったに違いない。

「じゃあ、その帽子は? 他にもあったと思うけど……趣味?」

「む――趣味でこんなものを被るか」

 言って、アーチャーは帽子の鍔に触れた。
 被っているのは、彼女の体躯に対してかなり大き目の帽子で、そこだけがちぐはぐとした印象を与える。これもカフェにある箪笥の隅で埃を被っていたものだ。

「ならどうして――」

 さらに訊ねようとしたところで、カフェの前に到着した。と同時に、忘れようとしていた思考が蘇ってくる。

「うう……、店長怒ってるよなぁ……。本当に追い出されるかも……」

 貸し切り客が来ると聞いた瞬間に店から出奔し、陽が沈んでから帰ってくるなど、どう扱われても文句は言えない。

 中々扉を開ける踏ん切りがつかず、ノブを握ったり離したりしていると、背後から声がかかった。

「安心しろ。それに関しては私が迷惑をかけたと説明しよう」

 アーチャーが鷹揚に頷いて見せる。
 まあ、確かにその言い訳も間違いではないが……。

「いや――、でも」

「店主には、無断で服を借りた詫びもしようと思っていたのだ。それに気になることもあるしな」

「……そういうことなら」

 やたらとサーヴァントを人に見せるものではないが、店長なら大丈夫だろう。

 よし、と気合を入れる。取り敢えず自分が先に入るからと言って、アーチャーには下がってもらった。

(まずは店に入ると同時、即行で謝罪をして……)

 ノブを下げ、扉を押し開く。

「すみません店長遅くなりました!」

 大声で叫んで頭を下げる。

「……ええっと。何か、あったのかい?」

 店の中には、呆気にとられた様子の店長が立ち竦んでいた。
 店内を見廻すが、ほかに客の姿はない。

「そうといえばそうなんですが……本当にすみませんでした。パーティーは――もう終わってますよね……」

「まあ無事でいるなら何よりだよ。どうか頭を上げて……」

 聖人君子とは正にこのこと。ますます申し訳なさで身が縮こまる。

 店長が微笑んでこちらに近づき――。

「下がれ、マスター」

 アルは後ろに吹き飛ばされた。

 正確にはアーチャーが首根っこを掴み、素早く躰を入れ替えたのである。

「ぐぇっ」

 襟で気道が潰れ、奇妙な声が出る。

 振り回された躰は、しかし丁寧に地面へ降ろされた。

「ぇほっ……、あ、アーチャー……?」

「無事か、マスター」

 激しく咳き込みながら、突然奇行に走った彼女を見上げる。
 自分の首を掴む右手、その腕、彼女の後頭部、伸びた左腕と――、その先で頸を絞められる店長。

 己を優に超えるだろう体躯の男を腕一本で持ち上げ、アーチャーは冷たい視線で相手を睨む。

「がッ……はァッ……」

 緑色の瞳に映る男は、苦悶に顔を歪め、口から泡を飛ばす。
 手足をじたばたと動かすのは、抵抗ではなく、パニックによる反射的な動作。

「…………」

 やがてその動きは勢いを失くし。
 男の手足はだらりと垂れ下がる。
 力を失った手から、小さな針が転げ落ち、床で一度弾んだ。

「触れるなよ。恐らく、毒が塗ってある」

 扼殺した男を投げ捨て、アーチャーは立ち上がろうとしていたアルを片手で留める。

「店長……?」

「他に気配は――なしか。”黒”の陣営が攻めてきた、というわけではないらしい。死亡した以上魔術は解除されるだろうが、まだ罠が残っている可能性もある。取り敢えずこの店を調べるぞ」

「て、てんちょ……」

「――おい」

 茫然と唇を震わすアルを見下ろし、アーチャーが底冷えする声を発した。
 ぶわり、と室内温度が低下する感覚。

「これ以上腑抜けているなら、今ここで切り捨てる」

 そこに慈悲の入り込む余地はない。
 彼女がそう言うのなら、必ずそうするだろう。

「己を殺そうとした敵の死に動揺するのか? それとも信じられないか? 何ならこの針で刺してやるが」

 別にアルが冷静な思考を取り戻した訳ではない。
 ただ、サーヴァントに対する恐怖が、動揺を塗りつぶしただけである。

「わ――判った。すまない、少々取り乱した」

 両手を胸の前に上げ、ゆっくりと立ち上がる。鼓動が早鐘を打ち、口内はからからに乾いていた。深く呼吸をして、どうにか体裁を取り繕う。
 アーチャーは光を失った店長の瞳を見て、軽く肩を竦めた。

「話を聞く限り、汝はこの男に恩義を感じていたのだろう? その動揺は理解できる」

(理解できんのかよ! なら何であんな脅迫を――)

「だが、戦場に於いては動揺が死に直結する。裏切り程度で取り乱してもらっては困るな」

「…………」

 そう……、自分が身を投じたのは殺し合い。
 理解はしていた。覚悟も決めたつもりだった。だが、何の実感もなかった。甘かったのだ。
 頭を切り替える。記憶がなくとも、それくらいのことはできるはず。

「ありがとう。アーチャーには迷惑をかけたけれど……、俺には幸運だった。初めてこれを経験するのが戦場だったら、多分、何もできずに死んでいたと思う」

 正直にそう告げると、彼女はその冷たい瞳のまま、しかし威圧は解いた。暖かな室温が戻ってくる。

 ほっと安堵の息を吐く。ぎりぎり機嫌を損ねずに済んだらしい。
 そんなアルの様子を見て、またアーチャーは厳しい表情を浮かべた。

「ひとつ言っておくぞ。戦場だったら――ではない。ここも戦場だ、愚か者」

「う、すまん……」


 カフェの奥、倉庫代わりに使っていた一室。その床の一部を持ち上げると、地下室への階段が現れた。

「全然気づかなかった……、俺ここで寝泊まりしてたのに……」

「魔術的に隠匿していたのだろう」

 アーチャーに続いて、階段を下りていく。蝋燭の炎が、二人分の影を壁に投じた。

 前を歩く彼女の後姿から、何となく目を逸らせる。
 それでも視界の端に入ってくるものがあった。

 毛に覆われて、ぴょこぴょこと揺れるそれ。

 アーチャーの歩みに合わせて動くそれは、どう見ても獣の耳と尻尾であった。

 帽子を脱いだ下、更に制服の内に隠していたそれを彼女が出した時は、驚きに声も出なくなったほどである。

(これ訊いていいのかな……。でも外見はデリケートな話題だし……)

「何だ、何か言ったか?」

 心の声が漏れていたか、その耳を機敏に反応させて、アーチャーが振り返る。

「いっいや何でも! えっと――、そう、どうして店長は俺を住まわせたりしたんだろう? 店長が魔術師だったら、万が一にもバレることを恐れると思うんだけど」

「記憶喪失、身寄りもなく、消えても誰も気にしない人間だろう? 魔術師にしてみれば、いくらでも使い道があったのだろうさ」

 その素気ない答えに、思わず身震いする。

「でもそうだとしたら、どうして急に襲うような真似を……」

「さあな。考えても詮無きことだ」

 階段を下り切った先には、古風な設えの一室が待っていた。
 置かれたランプに火を灯すと、その全容が見て取れる。

 重厚な机、本棚に収められた謎めいた本、秤、薬草、暖炉には大鍋、描かれた魔方陣のような図……。

 魔術師の研究拠点――魔術工房である。