アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

39 / 41
黎明

 力任せに縛った止血は不完全で、傷口からはいまだに血が流れ出ていた。

 壁に手を付いて、無理やり前に進む。足の裏に付いた血が滑って歩きにくい。
 何度も転び、その度気力が萎えそうになった。

 止まることはできない――最後の義務を果たすまで。

 城内は静まり返っている。
 自分の荒い息と、足音がやけに大きく響いた。

 一生辿り着かなければ良いと思った。この先に待っている運命を思えば、永遠の痛みなど安い代償だ。

 心臓の鼓動にあわせて、突き刺すような痛みが走る。
 苦悶の声を上げる毎に、頭のなかで問いが渦巻く。

 ――俺は、どこで間違えたのだろう。

 答えは、もちろん判っている。

 全部だ。

 ずっと間違えてきた。正しい道なんて、ひとつも選べなかった。

 アーチャーを止めなかったことが、間違い。
 聖杯大戦に参加したことが、間違い。
 父の期待に応えられなかったことが、間違い。
 生まれたことが、間違い。

 アルという人間の始まりが、そもそも間違いだった。それからしてきた全ての決断が間違いで、だからこれは当然の結末。

 やっと抱いた正しい願望さえ、自分の手で握りつぶさなければいけない。

 自業自得の末路だというのに、それを嫌がる自分がいる。その感情は間違っている。

 だって、約束をしたから。

 ――なあ、アル。”皮”を被った私は、理性も願望も失ってしまうだろう。仮にランサーを倒しても、止まることはない。

 ――きっと汝のことも忘れてしまう。そうなった私はアタランテではない。一体の化物だ。目標を見失った化物が何をしでかすか、考えるまでもなかろう?

 ――令呪を使っても無駄だ。生半可な命令では反抗を許してしまう。だから絶対に抗えないような……それだけで化物を停止させるような、強力な命令をするしかない。

 ――だから……もしそうなった時は……。

 ”私を終わらせてくれ”

 何て残酷なことを頼むのだろう、と思ったけれど。
 きっと彼女は、それがこちらとってどれほど辛いことか、知らないのだろう。

 でも約束した。
 知られてはいけない……そう思ったから。自分が責任をもって終わらせると言った。そのために逃げて、そのために生き延びた。

 マスターとして、彼女に何かしてやれることがあるとすれば、精々それくらいのこと。

 だから歩く。失血によって遠退く意識を、傷の痛みが覚ましてくれる。
 先の見えない昏い廊下。闇のなかを泳ぐ。

 やがて、辿り着く場所が見えた。


 巨大な広間だった。

 石造りに設えられた柱、壁、玉座の壮麗さは語るべくもない――しかし。
 そこに在りし日の面影はなかった。瓦礫が堆積し、床と言わず壁と言わず弾痕のように抉り取られ、部屋は今にも倒壊しそうである。

 その先に、ひとつの人影。

 獣のような唸り声を立てる少女――、いや、違う。
 それは、悍ましき獣。

 腕も脚も奇妙に捻れ、身体中を血で汚し、有り得ない場所に臓腑が覗く。

 嗚呼……なんて酷い姿をしているんだ。
 泣き笑いの表情を浮かべる。

 獣はこちらを見据え、容赦のない殺気を放った。原動力である憎悪を失い、寄る辺を失った獣は、次なる獲物を捜している。それが誰だろうと関係ない。喉笛を噛みちぎり、熱い血を浴びようとしている。

 ランサーの姿はない。

 アーチャーは約束を果たした。だから、次は自分の番。

 彼女との唯一の絆……右手を掲げる。
 赤い燐光が、場を充たしはじめる。

 躊躇うことは裏切りだ。

「令呪をもって命じる――自害しろ、アーチャー」

 獣の絶叫が響き渡った。

 獣は鼓膜を震わす咆哮を上げ、苦痛にのたうち回る。
 自分を殺そうとする正体不明の強制力に、その狂気の全てをもって抗おうとする。生きる理由を失ってなお、死ぬことはできないと啼く。

 そして。

 獣は動きを止めた。自分を害することなく、しかし抵抗に全精力を使い果たし、弱弱しく目の前の人間を見た。
 その噛み合わない口から、掠れた声が漏れる。

「ア……ル……」

 そう、自害の命令と、それに抗う狂気が打ち消し合って、アーチャーは正気を取り戻したのだ。魔獣の皮を脱ぎ捨て、いつもの彼女に戻った。勝利した二人は大聖杯に各々の願望を託し、祝杯を上げる。錚々たる面子のなかで、まさか自分たちが勝ち残るなんて、巡り合わせとは不思議なものではないか。

 ――と。

 そんな、甘い幻想(ユメ)を視た。

 不意に、アルの視界が傾いていく。

「あれ……?」

 踏ん張ろうにも、床がなくなってしまったように力が入らない。
 躰は止まらず、そのまま左に倒れ伏した。

 横になった視界の真ん中に、人の脚を咥えるアーチャーが見えた。

 不思議に思って、自分の躰を見下ろすと、千切れかけていた左脚が、とうとうなくなっていた。

 ああそうか、と思った。
 この期に及んで、自分は何を期待していたのだろう……?

 倒れたまま、右手を上げる。

「重ねて命じる――」

 最後の令呪が消えてゆく。

「自害しろ……アーチャー」


          #


 獣は今度こそ命令を実行した。自らの手で胸を刺し貫き、霊核を確実に破壊した。

 力を失ったその肩から――ずるりと、”皮”が落ちた。

 アーチャーの躰が傾いて、倒れていく。

「アーチャー……!」

 両腕と残った右脚で、必死に彼女の許へ這う。

「アーチャー、アーチャー……!」

 もどかしいくらいに遅い進み。すぐ目の前に倒れているのに、躰が動作を拒否している。

「アーチャー!」

 やっと辿り着いて、肩を揺する。片足のない躰では、彼女の上体を抱くこともできない。

「……煩瑣い奴だ」

「アー、チャー……」

 眉根を寄せて、アーチャーは瞼を開けた。

「そうか……。私は……ランサーを倒した、か」

「そうだよ! アーチャーの勝ちだ……!」

 アーチャーは鼻を鳴らした。

「まさか……こんなもの、勝利とは呼べまいよ」

「…………」

 何か――手はないのか。
 理性を取り戻したアーチャーのために、何か……何か!

 その時、大地が揺れた。

「……!?」

 震動は徐々に大きくなり、この部屋へ到達する。呆然と顔を上げると、玉座が粉々に砕ける様子が見えた。その下より、何か巨大なものが浮上してくる。

 それは。

「……遅いよ」

 大聖杯。

 低い音を響かせ、大聖杯は勝者の前に顕れた。

 そこかしこに罅が入り、切れかけの電灯のように、不安定な明滅を繰り返してはいるが、間違いない。見れば判る。嘔吐しそうなほどの魔力を、その裡に宿している。

 あれほど望んで、命を懸けてきた報酬が、手を伸ばせば届くところにある。

 誰に何を教えられた訳でもないが、確信した。

 望みを口にすれば、必ず叶えられる。

「アーチャー……あれ」

「ああ……」彼女もそちらに目をやると、苦笑を浮かべた。「あれを望んでいたのだったな、私たちは」

「そうだ……大聖杯なら……願いを言えば」

 消えかかっているアーチャーに――そうだ、受肉を願えばどうだ? 彼女を死なせたりしないで、この世界に留めて――それで――。

(それで、お前に何ができる?)

 自分には何もできない。アーチャーに迷惑をかけることしかできなかった自分が、彼女を引き留めて、何をするというのか。

 もっと他にあるはずだ。アーチャーのためになる……彼女の願望!

「アーチャー! 願いを言うんだ! 今なら間に合う、全ての子供が愛される世界を――」

 アーチャーは、静かに首を振った。

「いいのだ、その願いは」

「え――?」

 彼女は美しい微笑を浮かべる。

(やめろ……その顔は……)

 清々しい、澱を洗い流したような表情。諦観の笑みだ。

「もうその願いはいいのだ……。ここに至るまでに、私は私の願望を穢してしまった。犠牲を出し、間違った道を選び、悪に堕ちた。だから、願望を叶える資格などない」

「資格なんて――そんな、それじゃあ、アーチャーが――」

「私の願いは正しい、と言ってくれただろう?」

「ああ言った! 君の願いは正しい、だから――」

「……アルだけだ」

「なにが……」

 優しい瞳が、空を見上げている。

「汝が、汝だけは、私の願いを正しいと、そう言ってくれたから……だから、それでいい」

「ふざけるな!」

 怒鳴ると、彼女は驚いた表情でこちらを見返した。

「なら俺が叶える! 俺がアーチャーの願いを叶えてやる! 大聖杯! 全ての子供が――」

 ……声が出ない。

「全て、の……」

 肺がなくなってしまったように、息が続かない。

(――叶うのか?)

 大聖杯はどんな過程をもって、この願望を叶えるだろう?
 アルに思いつくのはたったひとつ、”子供の数を減らす”というふざけたものだけ。もしも、大聖杯がそれを採用してしまったなら――。

 願望は……。

 救いは……。

「俺の願い、は――」

 俯いた顔、震える唇が、言葉を紡ぐ。

「アタランテに、幸福を与えてくれ……」

 ……それが、アルの罪。
 またしても彼は間違えた。
 過程など気にせず、ただ全ての子供が愛される世界を望むべきだったのに。
 アーチャーの願望を絶対に叶えなければいけない場面で、彼は()()()()()()()()()()()
 生涯に亙って、彼はこの時の選択を悔いることになる。

「何を――愚かな」

 翡翠の瞳を瞬き、アーチャーはアルを見た。

「ふざけているのは汝ではないか……。富でも根源でも願えば良かろうに……下らぬことに聖杯を使って……」

「……下らなくてもいい。叶うなら、何だって」

 しかし、大聖杯は何の反応も示さない。

 アルが願望を叫んだ直後、大聖杯はいっそう眩い光を放ち、またすぐ元に戻った。魔力が消費されることもなく、アーチャーの退去が止まることもなかった。

「なんで……おい、なんでだよ!? 聖杯は万能の願望器だろ! 叶うはずだろう……?」

 罅が入って不完全な状態だったせいか、あるいは願いの対象が既に消えかけているからか。

「あまりに愚かな願いに、大聖杯も呆れたのだろうよ」

 悲痛に叫ぶアルに、アーチャーが手を伸ばした。

 その手を両手で包んで、アルは首を振った。

「駄目だ……頼む……」

 アーチャーの姿が薄れていく。もう下半身は粒子に変わり、天に昇っていた。

「なにを泣くことがある……子供か」

 アーチャーの頬に雫が垂れていた。それが自分の涙なのか、彼女の涙なのか、よく判らなかった。

 話したいことが沢山あって、訊きたいことが沢山ある。
 彼女の生前の話を聞きたかった。冒険譚や、仲間のことについて語って欲しかった。
 どうしても気になっていることがあった。あの檻の鍵を開けておいてくれたのは、実は君じゃないのか――。

 けれど、そんな時間はなくて。

「帽子を――帽子を買う! あんな時代遅れの帽子じゃなくて、もっと綺麗な、アーチャーに似合った帽子を……! だから……」

 最後に、馬鹿みたいなことを口走っていた。

 きっとアーチャーもそう思ったのだろう。

 彼女は一度目を見開いて、それからわざとらしい溜息を吐いた。

「本当に、愚か者だな、汝は……。それにな――そう、ひとつ教えてやろう」

 そして、それはもう見惚れるような――。

 最高に魅力的な笑みを浮かべて。

「この耳も、存外気に入っているのだ、正直言って……」

 可愛らしく耳を揺らした。


 消えていく……。

 光の粒へ溶けていく……。

 必死に握っていた掌の感触が、突然消えて。

 伸ばした腕は、此岸と彼岸の距離に阻まれた。

 頬を暖かい風が撫でて、前髪を揺らして、昇っていく。

 視線は自然と上へ。

 穴の空いた天井の向こうに、黎明の空が見えた。