アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

38 / 41
二つの悪

 崩れかかった玉座の間に、”黒”のランサーは座していた。
 その下に、マスターのダーニックが控えている。

「さて、罰を受ける覚悟はできているな?」

 ランサーが堂々たる態度で言った。ほぼ崩壊した空間であっても、彼がいるだけで厳粛な王の間に見える。

 アーチャーは無視して、部屋に入った。

 その背中を見送って、アルは部屋の入口で立ち止まった。

「フン……やはり蛮族か」

 冷酷な瞳で、ランサーは二人を睥睨した。

 アーチャーの歩みは止まらない。まるで何も見えていないように、敵地へ踏み込んでいく。

 ――弓と”皮”を手にして。

 ダーニックが腕を拡げ、口の端を歪めた。

「”赤”のアーチャーとそのマスター。どうだ? お前たちが降参するな――」

「……『神罰の野猪(アグリオス・メタモローゼ)』」

「ら……?」

 ダーニックに見えたのは、掻き消えたアーチャーの姿。そして、ぽっかりと抉られた、自分の脇腹。肉と内臓が円く欠け、思い出したように血が噴き出した。

「あ……何、を……?」

 考える前に治癒の魔術を行使する。失った組織を戻すことはできないが、幸いすぐ命に関わる損傷ではない。痛みは抑えられないが、止血する。
 既に背後ではランサーとアーチャーの戟音が響いていた。

 ”赤”のアーチャーに噛み切られたのだ、という現実を呑み込むにつれ、怒りが躰を支配していった。

「この……サーヴァントの分際で……!」

 赤く染まる視界の中で、そのマスターが身を翻し、駆けていく様子を捉えた。
 ほとんど無意識に、彼の足は敵を追う。

「許さんぞ、五流魔術師……。貴様は、絶対に殺してやる……」


 ステータスが塗りつぶされていく。

 ――『■■■/■久■/敏■■/■■■/■運■/■■■』

 アーチャーを包んでゆく黒い靄を見て、アルは終わりを確信した。

「……さようなら、アタランテ」

 呟いて、未練を断ち切る。拳を固く握って、その場から離れた。


          #


 ”赤”のアーチャーは異質な何かに変貌を遂げていた。

「貴様――!」

 ”黒”のランサー(ヴラド三世)は手にした槍を振るう。が、アーチャーの動きを捉えきれない。

 黒い靄が蠢き、彼女の躰をぐねぐね折り曲げているようだった。
 その手に弓はない。だが――先ほどダーニックを襲った一撃……。

 予備動作が皆無だった。

 武器など必要ない。視認不可能の速度で、予備動作すらないのなら、彼女の攻撃を予測し、回避できる者などない。
 だが、それは生物の――この世のものがしていい動きではなかった。

 出し惜しみする余裕はない。

「チィ……。『極刑王(カズィクル・ベイ)』!」

 天草四郎が消え、ランサーがこの場を再び”領地”とした今、宝具の本領は遺憾なく発揮される。
 
 敵の躰を粉微塵にするべく、数百の杭を同時に召喚した。

「――――ッ!!」

 人ならざる絶叫を上げ、アーチャーは背後へ跳ぶ。地に突き立った杭は、掠りもしなかった。

 ”優れた敏捷性”では説明がつかない挙動。明らかに超越している。

「……狂化だとしてもこのようなことは有り得ぬ。もはや化物とも呼べまい……貴様、いったい何をした」

「ころ、してやるころしてやる――お前をころしてやる」

 憎悪に染まった唸り声が、低く反響する。

「――そうか」

 ランサーが同時に出せる杭の数は二万。この狭い部屋を埋めるには充分すぎる数。

 躊躇いも戸惑いも消えた。全力で杭を召喚する。
 瞬間的に跳ねるアーチャー。彼女の着地点へ――杭を召喚する。
 突き立つ杭を蹴り飛ばし、強引に軌道を変えたその躰へ、杭を射出。数十の杭が黒い靄ごと串刺しにせんと襲いかかり――。

「――――……!」

 ばきりばきりと、何かが砕け折れる音。

「人外が……っ」

 ランサーは吐き捨てた。

 アーチャーの腕は奇妙に捻れ、歪んだ翼を形作っていた。
 彼女は飛翔し、部屋の壁に張りついた。そのままぎこちない仕草で、鈍い軋轢音を発しながら、放棄したはずの弓を構えた。

「『闇天の弓(タウロポロス)』よ」

「……ッ!」

 肉体と融合した弓。捻れ切った腕から放たれる魔矢の前へ、どうにか杭の壁を築く。理性は失われても、戦いの術理は残っているらしい。

 忌々しい。
 虫唾が走る。

 ランサーは奥歯を噛みしめた。

「貴様のような、見るだけで穢れる輩が、最後の相手とはな……!」


 『神罰の野猪(アグリオス・メタモローゼ)』――アーチャー本人もその使い道を理解していなかった宝具。神が遣わした魔獣の皮。使えば呪われ、理性を失い、憎悪の機械となる代わり、力を得る。自爆に等しい能力。

 その宝具を使用する条件は一つだけ。
 ――命を棄てるほどの憎悪を抱くこと。

 条件はいつの間にか充たされていた。

 気付いた時には、ランサーへの憎悪は深く、静かに、彼女の身を浸していた。
 皮を被る瞬間、地下深くに滞留していたマグマが噴き出すように、思考が憎悪に書き換えられていくのをアーチャーは感じたが、決してそれは呪いが生んだ憎悪ではない。彼女自身が抱く憎悪が表に出たに過ぎなかった。

 そしてその憎悪を覚った時点で、彼女に残された選択肢は二つしかなかった。
 ランサーに挑み、死ぬか。
 宝具を使って、ランサーと刺し違えるか。

 ()()()()()()()()()()()()

 彼女に敗北以外の道はない。どちらを選ぼうと、必ず命を落とす。

 ……であれば、どちらの悪を選ぶか(The lesser of two evils)


 もうアーチャーに思考はない。ただ一個の”憎悪”が動いているだけ。

 壁にも杭が召喚される。それを感知すると同時、彼女は宙を舞っていた。即座に杭が己を目掛け飛んでくる。

 床にも壁にも、宙にすら逃げ場はない。

 それでも、アーチャーの肉体は適応する。躰の構造が変わる。
 骨が砕け、神経が断裂し、生物としてあってはならない形を造る。痛みを感じない訳ではない。その無理は、全て彼女へ還っている。狂った理性を、狂いそうな激痛が襲っている。

 だが、そこに引き返す道はない。間違えた者に逃避は許されない。


 数千を超える杭の猛撃を受け、依然アーチャーは立っていた。
 逃げるばかりでなく、隙あらば矢を放ち、ランサーへ接近を試み、戦いは一進一退の攻防を見せていた。この場において最強といえるサーヴァントと渡り合っているのだから、尋常ではない。

 戦闘は膠着状態に陥りつつあった。双方とも決定打に欠ける――。

 ランサーが口元を歪めた。

「――とでも思っているかね? アーチャー……!」

 途端、アーチャーに杭が生える。

 そう――既に攻撃は完了している。
 ホムンクルスの地下室で、その腹を杭で裂いた時に、ランサーの勝利は決定された。

 血が流れていく。
 杭はアーチャーの躰に突き刺さった状態で顕現し、神速の動きを封じる。機を逃さず、杭が彼女の許へ殺到し――。

 ずるり、と。

 裏返った。

「……なるほど」ランサーは軽蔑の瞳を浮かべた。「貴様は”モノ”へ堕したのだな」

 躰の内と外を()()()、”ソレ”は杭を排出した。
 串刺しの束縛より逃れ、襲いきた杭を躱しきる。

「蛮族ですらない。名誉なく、理性なく、生きてもいない。そんなモノ――もはや我が敵とは認めぬ。人間として、慈悲に代えて引導を渡してやろう」

 ソレは唸りとも、躰の破砕音とも知れない声で応える。
 濁った瞳で、ころす相手を見上げる。

 ころしてやるころしてやるころしてやる。

 彼女は既に何もかも喪失していた。

 願望も、記憶も、葛藤も、その憎悪さえ――。


          #


 アルはひたすら走っていた。
 自分の仕事は、アーチャーが決着をつけるまで逃げること。
 今もユグドミレニアの当主が追ってきている。アーチャーの攻撃を受けたとはいえ、魔術師の技量は己と比べるまでもない。

 振り返る暇はなく、背後に死の予感を抱えて走るだけ。

 それ以外ににやれることはなかった。アルにできるのは児戯に等しい初歩的な魔術のみ。弱体化した刻印でできるのはほんの一瞬の忘却。これでは虚仮威しにも使えない。

(結局、逃げることしかできなかったな)

 聖杯大戦の間、マスターとしての役目は何一つ果たせなかった。ただ隠れて逃げて、アーチャーを援護することも、助けることもできないで、よくおめおめと生きながらえたものだ。

「この虫がァァァァ――ッ!」

 雄叫びが聞こえる。敵が何をする気なのか確かめる余裕はない。破れかぶれで横っ飛びに階段へ突っ込む。
 背中を何かが焼く感触が、通り抜けていった。

 頭を抱えて、階段を転がり落ちる。鎖骨の一本も折れただろう。踊り場の壁にぶつかって、躰は止まった。
 すぐさま立ち上がって、逃走を再開する。絶対に死ぬわけにはいかなかった。


 しかしながら、両者の差は如何ともしがたい。

 重傷を負ったところで、アルごときに後れをとるダーニックではない。力任せの魔術を連発しながら、少しずつ行き止まりへ追い込んでいく。

「私の邪魔をしおって……!」

 腹の傷が酷く痛む。血を失い、頭は朦朧としている。それもこれもあの虫共のせいで――!

 視界に曲がり角へ逃げ込もうとする(マスター)が映り、即座に魔術を放つ。
 距離が近づいていたためか、ようやく命中した。

「あああああぁぁぁぁぁっ!!」

 虫は半分千切れた左脚を抱え、悲鳴と血痕を残し、這いずるように角の陰に逃げ込んだ。

「……クク」

 その無様な姿に、顔を引き攣らせてダーニックは哄笑する。

「はははははははははは! ああそうだ、虫は虫らしく、地を這って死なねばなあ……!」

 小賢しく逃げ回られ、うっかり人間を追っている気になっていた。敵は虫けら。人間である自分が本気を出す必要はない。少し小突いただけで腕も脚も失うような奴に、何をムキになっていたのか。

 悠々とした足取りで、ダーニックは歩いていく。

 曲がり角の先には、べったりと血の痕が続いていた。そのすぐ先に、腕だけで必死に這う虫がいる。

「ああ――なるほど、お前はナメクジだったのか」

 自分の冗談に肩を震わせて笑い、ダーニックは大股で三歩進んだ。

 それだけで逃げ道はなくなった。呆然と顔を上げ、虫は間抜けな表情でこちらを見ている。

「さて……」

 頭を鷲摑んで持ち上げる。取れかけた脚がぷらぷら揺れる様子が面白く、またダーニックは笑った。

「何か言いたいことはあるかね? 虫ふぜいが人語を解すとも思えないが……」


 これでアルにできることはなくなった。
 逃げることしかできないくせに、逃げることもできなかった。

 絶対死ぬわけにはいかないのに――。

 無意味な抵抗であるとは判っていた。
 渺でも死を遅らせられるなら何でもいいと、半ば無意識に口は開いていた。

Perde te ipsum(喪え)……」

「何を――……」

 ダーニックの笑みが消えていく。
 瞳から光が失われ、表情の色が薄れていく。

「――でっ」

 不意に頭を摑む力が緩み、アルは床に落ちた。すぐさまがむしゃらに這う。一秒でも時間を稼がなければ、一ミリでも逃げなければ――と。

 虚空を見つめたまま、呆然とした顔で立つダーニックを見た。

「え……? なんで……」

 自分の魔術が効いたとしても、”赤”のアサシンのようにすぐに回復するはず。その他の要因があると思われるが……。
 結局、理由は何一つ判らなかった。


 無論、アルには知る由もない。
 彼が魔術刻印を通して発動したのは、一族の研究成果。
 効率も能力も大幅に落ち込んでいるが、本質は同じもの。

 即ち、記憶と人格の消去。
 精神と肉体を空にする魔術。

 とはいえ、その効果が永続するならともかく、アルのようにほんの僅かな間しか続けられないなら意味がない。効果が切れると同時、魂に刻まれた記録に従って、記憶も人格も復元されるからである。人間の恒常性が、意識の連続を保とうとする。
 だから彼の魔術に意味はないのだ――通常は。

 ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア。彼の主な研究対象は、魂。
 百年近く、その若さを保ってきた理由も同じ。

 彼は不老のため、己の魂に、他人の魂を融合させている。

 記録は破断し、雑ざり合い、互いを侵し、既に人格は連続していなかった。辛うじて”ユグドミレニアの当主”という器に収まっているだけだった。

 よって彼だけには、その忘却が致命傷であった。

 ほんの僅かでも記憶と人格が消えてしまえば、復元を担うは畸形の魂。

 ――「自分は誰か?」

 ダーニックは二度と、問いの牢獄から逃れられない。


 しかし。

 それもまた、人間の強さ。全てを失い、最後に一欠片だけ残るもの。
 執着心が、ダーニックを稼働させる。

 意識はない。自我もない。無意識の義務をもって、彼は己のサーヴァントと視覚を接続し――。

 互角の戦いを繰り広げるサーヴァントを見た。

 かたなければならない。

 かつために、なにをするべきか。

 機械的な思考が、最も単純な解を実行し、停止した。

「令呪をもって命じる。英霊ヴラド三世、宝具『鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)』を発動せよ」


          #


「ダーニックゥゥゥゥゥ――ッ!」

 ランサーは本能に近い反応で、その命令を拒む。それだけは――それだけはできない。使ったが最後、”ヴラド三世”は破綻する。

 だが令呪の強制力は絶大だ。彼の対魔力をもってしても、発動を遅らせるだけで、止めることはできない。

「やめろ……、余は吸血鬼では、ない……!」

 ――その、隙を。

 見逃すはずはなかった。

 あるいは、それがなければ、この戦闘はランサーの勝利に終わっていた確率が高い。戦力が互角である以上、状況は持久戦に移行する。そうなった場合、ダーニックという強力なマスターを持ち、冷静に戦闘を進めているランサーが有利。アーチャーの滅茶苦茶な戦い方では、どれほど優れたマスターでも、そう長く保たない。
 勝てる勝負だった。余程の失策を打たない限り、ランサーは勝てるはずだった。

 不意に視界が落下し、ランサーは瞠目する。
 すぐに事態は理解した。

「……そうか」

 首を噛みきられ、生首が落下したのだ。視界の端、頭を失った躰が、遅れて崩れ落ちる。

 ヴラド三世は敗北した。

 既に退去が始まっている。打つ手はない。

「余は、敗けたか……」

 早々に現実を受け入れた。
 未練も悔いもあるが、醜く生き足掻こうとは思わない。それが彼の人間としての矜持だった。

 ぼやけた視界に、アーチャーの末路が映った。

「フッ――皮肉なものだな」

 何とも皮肉な結末ではないか……。

 化物になることを拒否して、化物に夢を断たれるとは……。


          #


 床にばたりと倒れたダーニックを見下ろす。
 口からは意味不明の呟きと、涎が漏れ続けている。焦点の定まらぬ瞳は、何も見ることはない。

 廃人と化した敵に背を向けて、重たい躰と千切れかけの脚を引き摺り、アルは這うように歩き出した。