アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

21 / 41
黄昏と夜のあわい

 陽が没した。
 空の向こうに輝きの残滓が残り、街はいましばらく薄明に包まれるはずだった。
 だが陽が隠れると同時、シギショアラのごく一部は意外な昏さを迎えていた。

「霧……?」

 道行く男が、困惑気味に辺りを見廻す。この時間帯に突然霧が出るなど、経験のない事態である。

「ぐ……あ……」

「おい、どうした!?」

 不意に横を歩く男が、眼を押さえて蹲った。見ると、路上に疎らに立っていた人影は皆、倒れ伏している。

「一体なにが――」

 肌をピリリと焼く感覚を僅かに感じた後、喉と両目を針で刺された。少なくとも、男はそう感じた。
 耐え切れず、石畳をのたうち回る。
 痛みに意識を手放す間際――。
 遠くから――なにか、雷鳴が聴こえたような……。


「ナアアアアアアアアアアアア―――――ゥ!!」

 絶叫を上げ、”黒”のバーサ―カーは霧に飛び込んだ。
 途端に視界は白く染まり、足が重くなる。敏捷のランクが下がっているらしい。
 だが、彼女が立ち止まることはない。
 足から放出される雷電は石畳を黒く焼き、抉り、破砕していく。倒れ伏す一般人の服の裾が焦げる。
 それら一切を顧みず、バーサ―カーは突撃する。
 道々に残る魔力の形跡を、ただ辿る。

 やがて魔力の痕跡は、路地の行き止まりで途絶えた。

「ゥゥ……?」

 途絶えた――ということは、この近くに潜伏しているはず。或いは……。
 狂戦士(バーサーカー)のクラスながら、彼女が保有している理性が、思考を進める。

「! ――ゥウ!!」

 霧の中を、溶けるように迫ってきた影へ、滅茶苦茶に槌を叩き付ける。

 一瞬霧が晴れた先にいたのは――子供。

 何故ここに子供が――いや、そもそもどうして動いている――?

 バーサ―カーの手が止まる。
 見ると、霧の向こうに揺らめく影は一体ではない。何人もの子供が、彼女を取り囲んでいた。
 彼らはサーヴァントではない。どう見てもただの人間だった。
 アサシンが操っている一般人、と結論。だがこう囲われては……。

 複雑な思考を打ち消す。

 正しい一人を捜そうなんて考える必要はない!
 バーサ―カーにできることなど、限られているのだから……!

 がむしゃらに槌を振り回し、周囲の霧を晴らすだけに徹する。
 そのまま移動すればいずれ――。

 異様な動きを見せる一体を発見し、即座に打ちかかる。

 だが命中する寸前で、敵はひらりと攻撃を躱した。そのまま霧には戻らず、彼女の目の前に姿を現す。

「もう、てきとうに攻撃しないでよ。せっかくのひとじち、なのに」

 低い姿勢でメスを構える少女――これが。

「……?」

 バーサ―カーはアサシンを前にして、僅かな困惑を見せた。

 何故、姿を見せた……?

 霧の中に気配遮断で潜むという、有利な条件を何故捨てた……?

 理性あるが故に、一瞬彼女は脚を止めた。
 だがすぐに狂気が思考を支配する。

 そう、そんなことはどうでも良い! ただアイツを――潰す潰す倒す倒す殺す殺す殺――!

「ひとつおしえて?」

 収縮した視界の中心で、首を傾げる顔。

()()()――()()()()()()()()()?」

「ゥ……」

 途端、彼女は停止する。

 ”出来損ないだ! 失敗作だ! こんなもの断じて人ではない!”

「とっても変なにおいがするから――、たしかめておきたくて」

 鼻をすんすん鳴らし、眉を顰めたアサシンの言葉など、耳に入っていない。
 ただ脳天まで白くなるような怒りだけが……。

 ”来るな来るなァ! 人間の振りをして近づくんじゃないこの――”

「アアアアアアアァァァァァァァァァ――――――!!」

 ”怪物”


          #


「今さら目くらましのつもりか!? アサシン!」

 バーサ―カーに遅れること暫くして、彼女のマスター、カウレスも霧に飛び込んだ。
 即座に気管に痛みが走り、両眼からは血が噴き出すような感覚。

(罠か……そんなことで)

 そんなことで……今更追跡を諦めるとでも思っているのか?

「あ、あぁぁぁぁああああ!」

 咆哮し、己を鼓舞する。
 力を失おうとした腿を叩き、無理やりにでも動かした。

 鼻と口を覆って再び走り出す。
 こんな対処、何の役にも立たないだろうことは判っている。だが、何としてでも。

 あのアサシンだけは倒す。

「倒すんだ……絶対に!」

「――なら、落ち着きなさい」

 気付いた時には彼は抱えられ、霧から脱していた。眼下に白い霧と、所々突き出した屋根が見える。

「はぁっ?」

 躰が着地の衝撃を受ける。先ほどとは離れた、民家の屋根にいるらしい。
 首を捩じって見上げると、”黒”のアーチャーの貌が見えた。

「貴方が死ねばサーヴァントも消える、それは判っているはずです」

「あ……アーチャー……」

 彼を認識するにつれ、カウレスの顔は歪んでいく。

「お前――お前が――お前がッ!! お前がッ! 姉さんをッ!!」

「そうです。――私の力不足です」

 淡々と頷いてみせるアーチャーを前に、激憤は頂点に達した。

「放せ!」

 躰をばたつかせ、彼の腕から転げ出る。無論、人間の力がサーヴァントを上回ることなどないから、これはアーチャーが放したに過ぎない。

「ですが今口論しても仕方がない――そうではないですか」

「何を言ってっ――お前――自分のしたことを――」

「理解しています」そう話すアーチャーの顔に表情はない。「ですから、こうしてここに来たのです。あのアサシンは、私が倒す」

「それは……」

 カウレスの思考に、僅かに冷静さが戻った。

 そうだ、優先するべきはアサシン。責め苛むなど、後でいくらでもできること。
 だからこそ――アーチャーには譲れない。

「駄目だ」

「何がですか?」

「お前は手を出すな。あのアサシンは、俺が殺す」

 アーチャーはゆっくり頷いた。

「貴方が殺すのは結構。ですが手を出さない訳にはいきません。私は私でアサシンを狙います」

「な――だからお前はッ」

「貴方はマスターの役割に徹してください。あの霧に特攻するなど、倒す前に無駄死にするだけですよ」

「…………」

 押し黙ったカウレスを一瞥し、アーチャーは再び霧の中へ突入していく。

 へたり込みそうな躰を支え、カウレスは屋根から街を見下ろした。
 その中にバーサ―カーと、アサシンの姿を思い描いて。


(ああは言いましたが……)

 霧の中、アサシンを射るに適する場を求め、アーチャーは疾駆する。

(できることなら、アサシンは私が討ちたい)

 それは当然、マスターの仇討ちのためであり――同時に。

(カウレス君……彼に復讐を達させる訳にはいかない)

 去り際に見た、あの復讐に憑りつかれた顔。憎悪に染まった瞳。
 否定はしない。復讐に身を捧げる人生があり、それを為して幸福を掴む者もいる。
 だが、彼のそれは己を焼く炎だ。敵を殺すために自身を燃やし、復讐が成った時――その身もまた燃え尽きる。
 喪ったものを補おうとして、それは決して補えないことに気付くだろう。

 死者は一切の感情を抱かない。よってマスターの肉親を救ったところで、贖罪になるなどと考えていない。ただの自己満足であり、しかしだからこそ、最後の仕事として相応しい、とアーチャーは思った。


          #


 夜と霧――条件は二つまで揃っている。
 だが残りのひとつについて、”黒”のアサシンは確信を持てずにいた。

 今も霧の向こうで、槌を振り回すサーヴァント――あれは生物か、否か。

「う~ん……」

 ぱっと見た限りでは女性型と判別していたが、近づいてみると自信がなくなった。どうにも機械の臭いが鼻につく。宝具を使って良いものか。

 三秒ほど悩んだ後、アサシンはぽんと手を打った。

「ためしに斬ってみて、血がでるか見ればいいんだ!」


 ”黒”のバーサ―カー、フランケンシュタイン。正確には”ヴィクター・フランケンシュタインの造った人工生命体”だが、彼女はその名で知られている。まあそれは仕方がない。彼女には名前がないのだから。

 原初の人間――イヴを生み出そうとして造られた彼女は、しかし失敗作と詰られた。
 感情を持っていないと、理性が歪んでいると、()()()()()だと。

 それはとてもかなしくて。だから、人間になろうとした。
 けれど、結局”彼女”は人間になれず。
 怪物として消えた。

 だから――。


「ナアアアアアアゥゥゥ!」

 見えない敵に戦槌を振るう。ここが戦場でない以上、周囲の残存魔力はほんのわずかであり、間もなく機能停止することは間違いない。それを理解したうえで、彼女は暴れ続ける。

 狂気の赴くままに暴れ続け、己の身朽ち果てるまで戦い続ける。
 それがバーサ―カーの務め。

 霧の中に影が見えた――槌を振るうが、霧を切り裂いただけ。

 瞬間、背中に衝撃。

「ゥアッ」

 振り向きざま殴りつけるが、敵は軽やかな身のこなしで距離をとった。

「血がでてる……じゃあ、やっぱり」

 ナイフから垂れる血を眺め、アサシンは薄っすら微笑んだ。

「アアァァァ――――ゥ!!」

 ようやく姿を見せた敵。こんな好機はもうないと――。
 バーサ―カーは全魔力を注ぎ込んで吶喊する。

「あっ」

 重い一撃を受け止めきれず、アサシンの小柄な体躯は吹き飛ばされた。
 空中で器用に身を捻り、背後の壁に着地する。
 危なかったが、結果は無傷。路上に立つ敵へ今こそ宝具を打たんとし――。

「……あれ?」

 膝を付いたバーサ―カーを見た。


 全く同時に、カウレスも屋根の上で膝を付いていた。

「はぁ……あぁ……ったく……」

 身体中から力が抜けていく。魔力を使い果たし、こうして起きていることすらままならない。
 荒い息をついて、彼は手を掲げる。

「令呪を、もって、命じる……バー、サ―カー。……”闘え”」

 ああ、最悪のマスターだな、と自嘲する。

 それでも――ここで止まるなんて許さない。


「ウウウウゥゥゥゥゥゥ―――――ォォオオオオ!!」

 魔力が体内に充ちると同時、バーサ―カーは極限まで高めた雷を放出した。
 稲妻がうねり、紫電が街を煌々と照らす。

 宝具を使うまでもなかったな、と彼女に接近していたアサシンは、今度こそ致命的に吹っ飛ばされた。

「――――っ」

 壁に思い切り打ち付けられ、呼吸が止まる。そして一時的にではあろうが、左腕が利かない。
 さらに――今の魔力放出のせいで、あれほど濃かった霧が散っている!

 慌てて霧を操作し、自分の周囲へ集めようとしたところへ。

「――手柄をとるようで申し訳ありませんが」

 ”黒”のアーチャーが正確無比の狙いを以て、矢を放つ。

 その矢は榴弾。どうにか躱したと思ったアサシンの傍で爆発し、肉体を容赦なく抉り取る。

「……がぁっ」

 その身は地上に失墜する。
 今度こそ、本当に霧が晴れた。それを維持するだけの力は、もう残っていない。

 混乱する頭を動かし、アサシンはよろよろ起き上がる。

(いつのまに二人めが……? でもとにかく、にげないと!)

 おかあさん(マスター)の言っていた通り。二人を相手どるのは、理想の状況ではない。今は撤退し、傷を治療しなければ……!

「それは、できません。”黒”のアサシン」

 満身創痍のアサシンの前へ、また新たなサーヴァントが立ちはだかった。

 穢れなき純白の衣。
 はためく聖旗。

「ジャック・ザ・リッパー……、あなたの行いは、ルーラーとして看過できません。ここで退場して戴きます」

 晴れた霧、朧月の下、聖女は粛然と職務を執行する。

「ぅ、ぁ、ううぅぅぅ……」

 右腕で躰を引きずる。遅々たる進み、無様な逃走、芋虫のような醜態……だとしても。

「いやだ――いやだ、おかあさん(マスター)おかあさん(マスター)……!」

 アサシンは悲痛に叫ぶ。彼女が倚る者の名を呼ぶ。

 聖女が静かに歩み寄り、顔に手を当てた――その時。

 膨大な魔力がアサシンに充ちた。

「まさか――令呪で撤退を!?」

 感知した時には手遅れ。深刻な手傷を負いながらも、アサシンはその姿を消してゆく。

 ――だが。


 それは執念。
 怒り、憎しみ……そういった負の感情だけが生み出す力。

「アアァァァァァァ―――『磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー)』――――――!!」

 ただその姿だけは、最期の刻まで凛凛しく起つ花のように……。


          #


 嗚呼――もう、助からない。

 令呪で引き寄せたアサシンを一目見て、玲霞は確信した。

「ぁ……おかあ、さん(マスター)……」

「もう大丈夫よ、痛かったでしょう?」

「負けちゃった……わたし」

「いいの……いいのよ、ジャック」

 彼女を抱き上げ、幼子をあやすように、ゆっくり背中を叩いてやる。

 それでほっと安心したように、アサシンは呟いた。

「なんだか……ねむい」

「ええ、今はゆっくりお休みなさい。起きたら――何をして欲しい?」

「えっと……」

 ふっと微笑んだ玲霞の心臓を、矢が貫いた。

 痛みを認識する前に、二の矢が頭を貫き、彼女は即死した。


          #


「……どうして射った、アーチャー」

 アルは、矢を打ち放った姿勢のまま、街を見下ろす”赤”のアーチャーに詰め寄った。

「アーチャー!」

「どうして、だと……?」

 ゆっくりと、アーチャーは彼を見返した。