アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

17 / 41
Rotten

 森。

 そこに立っていた。

 緑の樹々が、陽を透かしている。風に葉が踊り、大地へ描かれた光の紋様は揺動する。

 健やかに……密やかに……。

「ここは――」

 見たことのない場所。
 その時アルはようやく自分を自覚し、同時に夢を見ていることに気付いた。
 眠る前の自分は、さて、何をしていたんだっけ?
 無意識に歩を進めると、柔らかな草が足を受け止めた。

 これは、自分が失った記憶の断片だろうか?

 そうとでも考えなければ説明がつかない――この現実感に。

 初めて見る場所にしては、真に迫りすぎている。肌を撫でる風も、眼を突き刺す陽射しも、鼻を衝く瑞々しい香りも、何もかも。

 それにしても……心地好い場所だ。

 爽快な気分で歩いていると。

「……?」

 不意に、小さな人影が見えた。こんな場所に人……?
 近づいてみると、やはり人間である。それも、本当に幼い女児だ。赤子といっても良いほどに。

「どうした?」

 そう、声をかけようとして、声が出ないことに気付く。
 これはどうしたことだろう。周囲から空気が失われてしまったように、振動が誰にも届かない。
 仕方がないので、また彼女に歩み寄る。夢にしては随分と不便である。

 近寄っても、その子はこちらを向かなかった。ただ一点を見つめ、懸命に腕を伸ばしている。
 その先に、もう一人の人影。

 背中の大きな男だった。彼はこの子に気付かぬのか、森を去って行くばかりで、一度も顧みようとしない。

「おい!」

 当然、声は届かない。
 慌てて子供の正面に回り込む。

 その子は――。
 悲しんでいなかった。
 その両目からは涙が溢れ、恐怖に顔を歪めていたけれど、嘆いてはいない。
 状況を理解できていないのではない。幼くも聡い相貌は、すべて判っている。
 ただ、その伸ばした手が問うていた。

 何故、と。

 何故、ここに置いて行く、と。

 なんと気丈な子だろう。絶望と喪失にその身を浸しながら、眸は衰えることなく、去る背中を射抜いている。

 視線の先で、男はゆっくりこちらを向いた。

「女は、要らぬ」

 その瞳は――凍るほど冷酷で。
 低いよく通る声で、確実に彼女を否定した。


 日が暮れてゆく。男の背中が見えなくなって、周囲の気温が下がり始めてなお、その子は悲しみの声ひとつ、淋しさの声ひとつ上げなかった。
 だから、自分は泣けなかった。
 傍から見て、これ以上の悲劇はないだろう、と感じたけれど。彼女が耐えていることに、第三者の自分が屈してはいけないと思ったから。

 がさり――と茂みが揺れる。

 反射的に視線をそちらへ向ける。その子も同じく顔を上げる。
 姿を現したのは、黒々とした巨熊。

 思わず天を仰いだ。
 神はどれほどの苦難をこの子に与えるつもりだろう。
 未だ、その熊をきっと睨み上げてみせる彼女は、どれほど剛いのだろう。

 そして目が覚めた。


 硬い床と、分厚い毛布と、丸まって眠る躰を感じる。

 そうか……。

 彼女が自分を切り捨てなかったのは、それが理由か……。

 無論、それだけが理由ではないだろう。様々な条件を計算に入れ、その隅っこに、小さな記憶が詰まっていた、というだけ。
 だから、彼女を理解できた、なんて、とてもじゃないけど言えない。
 彼女を知ることができた、とも言えない。

 ただ、彼女の指先に――輝き、美しい軌跡を描くそれに、ほんの僅か触れただけ。

 掠めただけ……。

 でもそれで良いと思った。

 身を起こし、グラスに透明な水を注いだ。喉を鳴らして飲む。舌の上を流れる水は、想像以上に甘露だった。

「起きたか、マスター」

 玄関の前で、彼女が霊体化を解いた。
 朝陽で影になって見える姿に、眼を細めて頷く。

「ああ……。おはよう、アーチャー」


          #


 工房に降りて今後の方針を話し合うことになった。

「ん?」

「どうした」

 アーチャーが振り返って訊ねる。

「いや……」

 埃を被るパソコンの画面が光っていた。見ると、メールを受信したと表示されている。
 内容を見られるかと思ったが、パスワードが設定されており、開けなかった。店長に対する私信ならば、死去を知らせた方が良いのかもしれないが、まあ仕方がない。

 冷蔵庫から適当に食事を取り出し、朝食代わりにする。昨夜何も食べなかったせいか、酷く腹が減っていた。それはアーチャーも同じのようで、自分の数倍は頬張っている。

「それで、今後どうする?」口に詰め込んだパンを水で流し込み、アーチャーが口を開いた。「前と同様、汝の意見をまず聞きたい」

「……その結果が今の状況だから、俺の意見は無価値だと思うけど」

「私も同意した意見だ。責を負うべきは二人だろう」

 ひどくあっさりした調子でそう言われたので、アルは思わず拍子抜けした。
 何を言ったものか判らず、アーチャーの顔を見ていると、彼女は不思議そうに首を傾けた。

「……それとも、何か。今回の件を以て、私が汝を弾劾すると思っていたのか?」

「いや……、うん」

「そんなことを言い出せば、黒との同盟を拒まれたのは、私の交渉力不足ということになろう。そのことで私を責めるつもりだったか?」

「え? それは……」

 そもそも、そんなことは考えてもいなかった。
 アーチャーが失敗したならば、誰がやっても失敗しただろうと思われる。少なくとも自分では絶対無理だ。

「そういうことだ。責任を押し付け合うより、先のことを考えた方が、幾らか建設的だろう?」

 無言でいると、それを同意と受け取ったのか、彼女は満足そうに頷いた。

「では、汝の意見を聞こうか」

 言われるがまま、腕を組んで考える。
 状況は変わった。現在勝利に近いのは”赤”の陣営。”黒”がどうなったかは不明だが、英霊があれで全滅したとは思えないから、今は城の攻略法を練っているところだろう。そうなると……。

「二つ、あると思う」

 指を二本立てる。アーチャーは黙って、言ってみろ、と顎をしゃくった。

「一つは、”黒”と”赤”が潰しあうのを静観すること。黒はどうしたってあの城を攻めるほかないし、そうなれば数で劣る赤も無事ではいられない。互いが疲弊、或いは全滅したところに打って出て、漁夫の利を掻っ攫う、というものなんだけど……」

 目の前でみるみるアーチャーの機嫌が悪くなっていく。何と言うか、体中の毛が逆立っている感じ。恐らくはこちらにも判るよう、敢えてやっているのだろう。
 短い付き合いとはいえ、当然自分にも、これがお気に召さない案であることは判っている。彼女は聖杯獲得の過程で、消極的な態度をとるつもりはないのだ。

「というのが、一応考えられる作戦で……」

 慌てて手を横に振ってみせる。

「もう一つは、もう一度”黒”の陣営に共闘を呼び掛けること。アーチャーが行った時は優位に立っていたから断られたけど、城攻めを控えた黒は、今は一人でも多くの戦力が欲しいはず。受け容れてもらえる可能性は、充分高いと思う」

「ふむ……」話を聞いた彼女は、こちらの顔を指差した。「だがその顔を見るに、何か懸念材料があるな?」

 どれだけ渋い顔をしていたのだろうか、と思わず頬を触る。よく判らなかった。

「まあ、これは俺にもよく判らないんだけど……。人間にはプライドっていうものがあるから、一度不要と拒んだ相手を、『やっぱり大変だから協力して!』みたいに扱えるものかなって……」

「闘いよりプライドを優先させる……理解はできないが、まあ、ないとも言い切れないな」

 顎に手を当て、アーチャーは思案顔を浮かべた。何か思うところがあるのかもしれない。

「持ちかけるだけならタダだから、やってみる価値はあると思う。……黒のマスターが何処に隠れてるのか、判らないけど」

 一通りを聞いて、彼女はなる程と頷いた。
 まあ策といっても実質はひとつしかない。単騎で戦う選択肢がない以上、黒の陣営にすり寄るしかないのだ。

「待て」ふいにアーチャーが手を開いた。「私が思うに、もうひとつ道がある」

「え?」

「”赤”の陣営に加わる、というのは?」

「それは――」

「戦力を欲しているのは赤も同じ。であれば、吾々が出向けば、受け容れるのでは?」

「ま、待ってよ、アーチャー」まじまじと彼女を見つめる。「”赤”のライダーを倒したんだ、どうしたって、向こうは俺たちが裏切ったとしか見ていないだろう? それでまた仲間にして下さいって言いにいっても、警戒されるだけだって」

「む……それは……」

「…………」

 言葉に詰まった彼女を見て、また驚いた。
 これまで冷静そのものだったアーチャーが、何故こんな案を出してきたのか――それも確たる理由なしに――さっぱり判らない。戦闘の疲れが残っているのかもしれない。

「そうだ……。汝の言う通りだな。今のは忘れてくれ」

「あ、ああ……」

 方針は決まった。

 もし再度共闘を拒まれたら……いよいよ手詰まりになるだけだ。それでも今より悪くなることはない。
 そう、信じたい。