アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
<< 前の話 次の話 >>

12 / 41
相対②

 戦力の穴を埋めるべく森に踏み入った”黒”のアーチャーは、静かに歩む修道服の男を監視していた。

『神父――ですか?』

『ええ』

 マスターに念話を送り、ケイローンは監視を続ける。
 褐色の肌、褪せた白髪、すぐ傍で酸鼻極まる殺し合いが行われているとは思えないほどの、悠然とした足取り。

『監督役がわざわざ出向いてきた、と……? 貴方はどう思います、アーチャー?』

 フィオレが困惑を滲ませた口調で訊ねた。

『さて、どうでしょうか……』

 少なくとも、彼が監督役の神父――シロウ・コトミネであることは、まず間違いない。ただ、これまでに得られた情報から考えるに、監督役は”赤”の陣営に加わっている可能性が高い、とケイローンは推測していた。周辺の竜牙兵が一向に襲いかかる素振りを見せないことから、どうやらそれも正しいらしい。
 だが、監督役が敵方であることなど、些細な問題である。そんなことよりも、はるかに彼の胸をざわめかせる違和感があった。

『あの存在は、少々怪訝(おか)しい』

 サーヴァント――ではない。それほどの魔力を有している訳ではない。ならば魔術師かというと、それもまた違う。それよりは逸脱している。無論、聖堂協会の構成員など、多かれ少なかれ()()()()()ものだが……。
 そうではない。あの男は、違う。
 アーチャーの神羅万象を見通す眼が、対象を解析する。
 その存在……。それが成立するとするならば……?
 精良な頭脳がひとつの結論を導き出す。

『そうか……しかし……』

 しかし、そんなことがあるだろうか。

『アーチャー? 何か判ったのですか?』

『まだ確定した訳ではありません。ひとつのことを除いては……』

『ひとつ?』

『ええ。不確定要素は排除するべき、ということです』

 二条連なった矢が、森の空気を切り裂いた。
 脚を狙って尋問しようなどという油断は、アーチャーにはない。ひとつは心臓へ、もうひとつは頭へ。仕留めることだけを目的にした二矢。

 夜の森。音もなく放たれた、不可視の矢。並の魔術師どころか、低級のサーヴァントすら屠るに足る射撃。それを――。
 神父は避けた。
 頭への一撃を躱し、心臓への一撃を、手にする刀で叩き落とした。

(見切られた、というよりは……)

 ケイローンは僅かな驚きと納得を以て、次の矢を番える。
 問題はない。仮に心眼で読まれても、対処できないだけの矢を放てばいい話。


「アーチャーですか……、これは分が悪い」

 シロウは周囲を警戒しながら呟いた。近接戦を挑んでくるサーヴァントであれば、時間稼ぎくらいはできたものを、アーチャーでは一方的に射かけられるだけだ。加えて環境も悪い。森で弓兵と闘うなど、自殺行為である。

「折角の刀も、これでは使えませんね。残念ながら……」

 肩を竦めた彼の背後に、一騎の英霊が姿を現した。巡らせる魔力は薄く、その立ち位置はマスターを盾にしているようであった。実際そうなのだが。

「全くですな! 吾輩も、マスターの戦いぶりを傍観するのを、楽しみにしていたのですが」

 大仰な仕草で”赤”のキャスターは嘆息した。

「いえ……」不意にシロウは中空を睨んだ。「仮に他のサーヴァントであっても、活躍の機会はなかったかもしれませんね」

「と、言いますと?」

「『彼女』が来ます。啓示を受けているのでしょうね、この早さは」

「ほほう! では戦場の只中で相対しますかな?」

「しませんよ」シロウは苦笑を口元に浮かべた。「撤退です。どうやら戦場でもこちらの陣営が劣勢の様子。加えて彼女が来るとなると……、第一案の実行は難しいかもしれません」

「左様ですか。しかし吾輩といたしましては、そうなった方が面白い! ですがね」

 両腕を拡げ、にやりと笑うキャスターを無視して、シロウは後退を始める。人間としては有り得ない速度でもって、夜の闇を駆けていく。

「姿が見えない以上、真名も判りませんが。……キャスター、劇団を」

「ふむ、余り面白くないので、こんな使い方をしたくはありませんが……。已むを得ませんな、ここで死んでは物語にもなりますまい」

 顎髭を弄り、キャスターは朗々と叫んだ。

「では此処に幻惑を!『人間の一生は彷徨い歩く影法師、(Life's but a walking shadow, )哀れな役者に過ぎぬ。(a poor player.)己の出番のときは、(That struts and frets )舞台の上でふんぞり返って喚くだけ!(his hour upon the stage.)』」


 声と共に、遠く睨んでいた”黒”のアーチャーの瞳は、奇蹟の現出を捉えていた。
 森の最中に忽然と現れたのは、何人もの神父――全て同じ風貌の男、シロウ・コトミネ達である。それらがてんでばらばらの方向へと走り去っていく。身代わり、ということだ。

「これはまた古典的な……」

 しかし効果的ではあった。
 彼らの出来は本物と何ら遜色なく、アーチャーの眼をして、即座には見分けがつかない。それだけの精度で造られていた。

「まあ、仕方ないですね」

 目についた神父数人の背中を射抜き――当然全て偽物であった――アーチャーは撤退を選択した。


          #


 ”赤”のアーチャーは己の不利を確信した。このまま戦闘を続ければ、死ぬのは確実に自分である。

「ハァッ!」

 ”赤”のライダーの槍が、頬を僅かに切り裂いていく。休まず繰り出される刺突と斬撃を躱す余力はもうない。
 何故なら――、相手の速度が、自分を上回ったからだ。

 アーチャーに、自らの脚への自負がなかったといえば嘘になる。彼女の脚は文字通り世界最速。並ぶ者はあれ、超える者などあるはずがない。そんな慢心も、心のどこかに潜んでいたかもしれない。
 だが実際はどうだ。
 この男、明らかに己を超えている。
 予備動作の必要上、回避に専念した彼女に攻撃の手立てはない。そもそも防戦に徹したところで、槍の連撃を防ぎきれるものではない。眼は追い付いても、腕は追い付かない。ライダーもそれに気付いているのか、苛烈な槍の向こうの貌は、どこか笑って見えた。

「名残惜しいなァ……、俺と速さで張り合える敵を倒すのは」

「張り合う? 汝の方が速いだろう」

 意外そうに眉を吊り上げた後、ライダーは表情を喜色に染めた。

「潔いな、益々好きになったぞ」

「そうか」

 一撃。威力を殺しきれず、アーチャーの躰が傾いた。
 容赦はなく、喜悦と一抹の淋しさを含んだ槍が、彼女に迫り――、

「だが、()()()()()()()()()()()

「……ッ!?」

 驚愕に眼を見開き、ライダーは咄嗟に槍を引く。

 密かに番えられた矢は、音速を超え、ただ一点を射抜く――誰もが知る、ある英雄の弱点を。


 ”赤”のアーチャーは最速の英霊である。
 マスターが未熟であろうと、敵地の中であろうと、それは揺るがない。能力ではなく、性質として「世界最速」を与えられた以上、彼女に並び立つのは、同じ伝説を持つ英霊のみ。それでも、上回ることなどありはしない。
 しかし――もし、彼女をすら超える者がいるならば?
「世界最速」を超える伝説とは?
 それは、

 あらゆる時代の、あらゆる英雄の中で、最も迅い者。

 それしかない。

 そんな英雄は数えるほどしかいない。加えて、あの三頭立ての馬車……。もはや考えるまでもない。
 該当する英霊はただ一人。
 恐らく世界で最も知られた存在。その不死性、その弱点を誰よりも謳われた、ギリシャ神話に燦然と輝く大英雄。


「――馬脚を露したな、アキレウス」

 アーチャーの狙いは完璧だった。倒された振りをし、ほんの僅か生まれた虚を衝いて放たれた一撃。踵へ向かうそれは、速度も威力も申し分なかった。
 だが――。
 ひとつ彼女の慮外であったのは、それすらを打ち砕くのが、大英雄たる所以だということか。

「ふーむ……、どうやって我が真名に至った?」

「…………」

 アーチャーは絶句し、眼前の敵を見る。
 戦闘を支配下に置き、全てを思惑通りに進めて放った一射を、この敵は軽々弾いてみせた。
 なるほど――これが大英雄。

「まあ、真名を知られようが何だって構わねぇさ。その程度で優位に立ったと思わぬことだ」


          #


 ”赤”のアサシンに撃墜された”黒”のライダー(アストルフォ)は、その衝撃から立ち直る間もなく、更なる危地に陥っていた。

(まったくどうなってるんだ! 物量ゴリ押しで墜ちた先、今度はセイバーとかち合うなんて!)

 ”赤”のセイバー(モードレッド)の凶剣をどうにかいなし、ライダーは後退を続ける。
 両者の戦闘は全く一方的であった。英霊としての格、戦闘力、何もかもに歴然とした差がある。ライダーにとっては「どれだけ持ち堪えられるか」、セイバーにとっては「どれだけ早く殺せるか」の勝負に過ぎなかった。

「クソ、さっさと死ねよ!」

「いやいやそう言わずに、ね?」

 とはいえ、ライダーにも勝機がない訳ではない。彼が手にする宝具――『触れれば転倒!(トラップ・オブ・アルガリア)』を当てさえすれば、如何に最優のサーヴァントとて倒し得るだろう。しかし相手はそのことを知っているのか、こちらの槍をあからさまに警戒した立ち回りである。だからこそ攻撃が所々緩み、ライダーの霊格でこの猛攻を凌げているといえるが……裏を返せば、唯一の勝機すら握りつぶされているということだ。
 よってこの勝負、ライダーには万に一つの勝ち目もなく、ただ死の時が刻一刻と近づくのを待つだけであった。

 程なくして、その時はやって来た。
 槍を跳ね上げ、がら空きになった腹部を一閃――セイバーの斬撃はライダーの脇腹を貫いた。
 致命傷ではないが、傷を回復する暇などなく、地に倒れ伏したライダーはただ断頭を控えた身である。

「ったく、てこずらせやがって……」

 剣を掲げたセイバーが、ライダーの首を刎ねようとした――その間際。

 ――跳べ!

「『極刑王(カズィクル・ベイ)』」

「……!」

 一瞬の直感に従って跳躍したセイバーの足許に、杭が衝き上がった。


(杭……?)

『おい、セイ――』

 遠くから監視していた獅子劫が怪訝に思った瞬間、飛ばしていた梟の眼球の視界が消えた。

「なっ……」

 それほど機敏な動きをできないとはいえ、彼の見る限り、”眼”に向けられた攻撃はなかった。捉えられぬほど高速の攻撃か、或いは……。
 ギリリと奥歯を噛みしめ、獅子劫は念話で叫ぶ。

『セイバー!? 無事か!?』


「クッ……なろっ……」

 躱し、吹き飛ばし、どれほど動き回ろうと、逃げ道はなかった。
 大地から次々と召喚される杭の数は、百や二百では利かない。逃げれば逃げるほど杭は増え、退路は断たれていく。そしてセイバーの直感が訴えるには――杭に触れた瞬間、己の敗北が決定する。先ほどからマスターが煩いが、応えている暇などない。

「何本出せば気が済むんだ、クソがッ!」

「無論、蛮族を殺し尽くすまでだとも、異邦の騎士よ」

 ”黒”のランサー(ヴラド三世)は悠然と答え、更に杭を射出する。魔力放出で宙へ飛び上がったセイバーは、再び地上へ降りることを余儀なくされた。

「おぉーすごーい」

 先ほどの自分を凌ぐほどの一方的な戦いに、ライダーが口をぽかんと開けていると、

「――ライダー」

「……はーい」

 ランサーに睨まれ、彼は首を竦めた。


 着地点に杭が生まれ、セイバーは咄嗟に大剣(クラレント)を地面に投擲した。反動で身を捻り、着地場所を変更。しかし。

「よしきた!『触れれば(トラップ・オブ)――」

 地上に馬上槍(ランス)を構えたライダーを認め、セイバーは更に強引に躰を反転させる。
 やや体勢を崩しつつも着地に成功。突き刺さった大剣を引き抜き、再び後方への退避を――。

 さくり。

 杭が、セイバーの腕を掠った。

 ほんの僅か……。
 一瞬の内に傷は塞がれ……。
 しかし、その事実は覆らない。
 決して。

「よく躱したな。だが……、終わりだ。セイバーよ」

 そして――、モードレッドは敗北を覚った。
 覚って尚、受け容れはしない。

『セイバー! 返事がないなら令呪で撤退を――!』

『駄目だ』セイバーは喧しく叫ぶマスターを撥ね退ける。『宝具だ、マスター』

『……判った』


 獅子劫はあらゆる思考を捨て去り、その言葉に従う。

「令呪を以て告げる、宝具を解放しろ、セイバー」

 赤い発光と、鮮烈な痛み……。
 小さなつながりが、獅子劫の手から消えていく。


 セイバーの体内に魔力が充ちてゆく。
 その災害のような魔力を以て、彼女の宝具は戦場を蹂躙するだろう――ランサー、ライダー共にそれを確信した。

「だが、遅かったな」

「……ッ」

 モードレッドの躰に杭が生えた。
 杭は心臓を貫き、あらゆる痛みと喪失感を齎す。
 彼女はそれを見下ろし、霊核が砕かれたことを知覚する。
 口から血が溢れ、魔力が、この世に留まる為の全てが漏れだしていく。

 嗚呼――オレは、敗けたのか。
 また……。
 胸を貫かれて……。

 敗北に恐怖はない。聖杯を獲れなかった口惜(くや)しさもない。だから……。

 否、違う。
 消える寸前に燃え盛る炎。一瞬の閃きを遺し死ぬ稲妻。
 彼女の内を焦がすように、何かの感情が通り抜けた。

 何を感傷に浸っている……?
 まだだ。まだオレは死んでいない――!


我が麗しき(クラレント)……」

 徐々に光の粒へ変わっていく姿。虚ろな瞳を懐いて地に崩れた躰から、ゆっくりと持ち上がるセイバーの腕に、ランサーとライダーは気付かなかった。
 当然だ。
 ()()()()()()()()を、誰が顧みるものか。

 その赤雷を見た時にはもう遅い。

 一歩でも離れようと駆けるライダー。
 杭を大量に並べ立てるランサー。

父への叛逆(ブラッドアーサー)

 力無き声と共に放たれた極光が、全てを押し流す。


 跡には。

「……これで……終わり、かぁ……」

 精いっぱい強がりの笑みを浮かべるアストルフォの躰が消えていき。

「そなたの叛逆、見せてもらった」

 右腕を失いながら、ヴラド三世が屹然と、抉られた大地を見下ろしていた。


          #


 モードレッド(サーヴァント)の消失を確認し、獅子劫(マスター)は戦場から離脱する。
 あちこちが傷んだ車を走らせ、荒野を去っていく。

 窓から出した手の先には、いつもの煙草が。

 煙が空へ立ち昇り、拡散して、消えた。



シェイクスピアのルビは勘弁して