アタランテを呼んだ男の聖杯大戦   作:KK
次の話 >>

1 / 41
前夜

 かつ、かつ、と踵を床に打ちつける音が響く。

「お、お待たせしました」

「ああ?」

 椅子に座る男がサングラス越しに睨め付けると、机に紅茶を置いた店員はびくりと震え、「ごゆっくり……」と一礼を残してそそくさ立ち去った。

「チッ」

 男は舌打ちをひとつ。苛々は収まらず、何度も床に靴をぶつける。
 髪を掻き毟り、何度も手の甲を覗きこむ。

「何で出ねェんだよ……」

 その剣呑な雰囲気に、絡まれては堪らないと、周囲の客は次々退店していく。「いい加減出てってくれないかなあ……」と遠巻きに様子を窺っていた店員が呟いた。

「ったく」

 やがて彼は首をふると、紅茶をぐいと飲み干した。

「支払い! ここに置いてくからな!」

 硬貨を机上に叩き付け、肩をいからせ店を出て行く。

 誰ともなしにほっと安堵の息を吐く店内。
 カップを下げようと机に近づいた店員は眉をひそめた。

「おいおい、マジかよ……」

 机の上には、男の忘れ物と思われる茶鞄が置き去りにされていた。


          #


「はぁ、疲れた……」

 ここはルーマニアの都市――シギショアラ。未だ中世ヨーロッパの面影を残す観光地である。
 石畳の大通りをとぼとぼ歩きながら、アルは盛大な溜息を吐いた。店員の服装のまま飛び出してきたので、道行く人々の視線が少々痛い。

 忘れ物に気づいた後、すぐに鞄を引っ掴み、店長に一言告げて店を出たものの、男の行方は杳として知れなかった。風貌からして観光客だろうから、鞄なしではさぞ困るだろうと思うのだが……。

「まあ忘れ物に気づいたら取りに戻って来るだろ」

 言い訳がましく呟いて、アルは店に戻ることにした。辺りは夕焼けに染まり、間もなく夜の帳が降りようとしていた。

 カフェに戻ると、既に客の姿はなく、店長が一人帰りを待っていた。

「すいません、閉店に間に合わなくて」

「結局お客さんは見付からないまま?」アルが持つ鞄に目を留め、店長が白い口ひげを撫でた。「ひとまず今日のところはウチに置いておこうか。明日になっても来なかったら、警察に持って行こう」

「はあ、そうですね……」

 俺が走り回ったのは結局何だったのか、と肩を落とす。

「じゃあ戸締りをよろしく」

「はい」

 店長を見送って、店の掃除に取り掛かる。
 実のところ、アルはこの店に居候している身分であった。

 そもそもアルは自分の名を憶えていない。記憶喪失の状態で、このシギショアラをうろついていたところを、幸運にも店長に拾われたのである。
 暇を見つけては警察や大使館を巡っているのだが、何が悪いのかまともに取り合ってももらえず、逆に疑われそうになったところを逃げかえるという始末であった。

 一通りの掃除を終え、アルは適当な椅子に座る。好きに飲み食いして良いと言われてはいるものの、流石に気が引けて、夕食は質素なものだった。

「にしても……」

 忘れ物の鞄を見る。外見の襤褸さに比べ、やけに重い鞄だった。

 ごくり、と唾を飲む。

「ちょっとくらい中を見ても……」

 自分のことを何も知らない、というのがそうさせるのか。アルは知りたがりの性質(たち)だった。

「そうそう、中を見れば誰の物か判るかもしれないし!」

 自分への言い訳を済ませ、鞄を開ける。
 ごそごそと中に手を突っ込もうとし――、

「痛ッ」

 思わず手を引っ込めた。
 見ると右手の甲が赤く腫れあがっている。

 さっきどこかでぶつけたかな、と首を捻るが、特に思い当たることはない。
 だが、その痛みがアルの良識を呼び起こした。

「やっぱり中を見るのはまずいよなぁ」

 冷静な思考を取り戻し、鞄を閉じる。

「……寝よ」

 欠伸をひとつして、アルは床にごろりと転がった。古新聞を掛け布団代わりにし、眼を瞑る。

 右手の甲がじくじく痛んだが、走り回った疲れもあってか、すぐ眠ることができた。


          #


「…………」

「…………」

 シギショアラの山上教会。月明りが照らす室内で、男と女が顔を見合わせていた。

 聖堂協会の監督役――シロウと、彼のサーヴァント――”赤”のアサシン(セミラミス)である。

「……令呪は、ないようじゃが」

「……そのようですね」

 言って、シロウは肩を竦めた。

 二人の前にはフリーランスの魔術師――ロットウェル・ベルジンスキーが白目を剥いて倒れ伏していた。
 魔術協会から送られてきた資料と目の前の男を見比べ、「間違いなく本人ですね」とシロウは首を振る。

「『令呪が出ないうえ、触媒を何者かに奪われたから匿ってくれ』――でしたか。余りに間抜けな話でしたので、こちらの罠を見破ったうえで仕掛けてきたのかと思ったのですが――」

「どうやら真の間抜けであったようじゃな」セミラミスがくつくつと笑い声を立てる。「しかしどうする? このまま記憶を消して帰してやるか?」

「そういうわけにもいきません。……なに、毒を飲ませる魔術師が一人増えるだけのこと。それくらい、貴女の力でどうとでもなるでしょう? 何を触媒にする気だったのかは聞き出す必要がありますが」

「まあ、そうじゃな」

「しかし問題は、彼の代わりに誰がマスターになるか、ですね。いったい何の目的でそんなことをしたのか……。私たちに友好的であれば良いのですが」

 顎を撫で、シロウは嘆息する。聖杯大戦は未だ始まってもいないというのに、不測の事態が発生してしまっている。自分が主導権を握れていない。あまり良くない傾向だ。

「……いえ」

 違うな、と思い直す。

 自分にとって――、聖杯大戦は六十年前から始まっているのだ。今更焦っても仕方がない。

 それに……、

 ()()()()()()()()

 サーヴァントの一騎や二騎が抜けたところで、揺らぐものではない。

 とはいえ対策を打つ必要はある。
 余裕たっぷりの微笑を浮かべ、シロウは思考を走らせた。


          #


「……む?」

 突然目の前が明るくなった気がした。と思ったら暗くなった。

 瞼を閉じたまま、アルはごろりと寝返りを打つ。

 何故か躰からごっそりと力が抜ける感覚がある。

「……そうか」

 寝ぼけた頭で何を納得したものか。
 むにゃむにゃと呟き、その疲労感に任せ、アルは再び眠りに戻った。己が何に巻き込まれたのかも知らないまま……。


          #


 ――同時刻、空の上。

 雲海を撫でるように、一機の飛行機が飛んでいた。

 乗客がすっかり寝静まっている機内。
 その中で、毛布を被った金髪の少女が、もぞりと身動ぎした。

「なるほど――。”赤”のアーチャーが召喚されましたか。聖杯大戦もいよいよ……」

「お客様、どうなさいましたか?」

 突如言葉を発した少女に驚いて、見廻りしていた添乗員が優しく声をかける。

「いっいえ何でも! すみません、寝言かな……」

 少女はびくりと震え、慌てて手を振って誤魔化す。

 彼女の真名()はジャンヌ・ダルク。此度の聖杯大戦を成立させるため呼び出された――裁定者(ルーラー)のクラスを持つサーヴァントである。

「現地を見ないことには何とも言えませんが、”赤”の陣営はどのような戦略を採るつもりでしょうか。トゥリファスは”黒”のホームグラウンドでしょうし……」

 他人に聞かれぬよう、口の中でぶつぶつ呟く。
 異例の規模の戦争を前に、ルーラーとして可能な限りの心構えをしておきたかった。

 だがそれも、眠気の前では無意味。

「ふわぁ……、眠……。考えるのは、起きてからで……」

 重く垂れさがる瞼に、聖女はあっさりと白旗を揚げた。