ほろ苦♪ドルチェ~甘い音楽に苦い青春って憧れるよね!   作:黒喪 妖
<< 前の話

2 / 2
聴くものによって形を変える音楽。音楽は美術ほど鮮明な意思表現はしないし、書道のような無心では成り立たない。
同じ音でも聞く耳では鮮やかに聞こえ、闇纏いに聞こえ、無音に聞こえる。
音楽は、正解のない感情論に過ぎないのだ



新たな場の見慣れた光景



変なじゃれ合いも終わり、すっごいノリノリでやや引っ張り気味の夕夏とそのテンションに着いていけてない揮人と3人で吹奏楽部の部室と言えよう音楽室に向かっている。この緊張感が何とも言えない、青春が始まる~!って感じだね。

「う~ん!緊張するね!」

「そうだな。夕夏が緊張するなんて珍しいな。でも緊張のほか、楽しみでもあるんだよな。どうしようかな~楽器」

「あれ?チューバ続けないの?」

「実は迷ってるんだ。せっかく新しい場に踏んだワケだから、楽器も新しい場に行こうかなって」

中学の頃はチューバだったけど、これは自分からじゃなくて、男だって言うことと肺活量があるかを問われて、多分ある方だって言ったら後は流れていく様にチューバに決まったって言うね…。まぁこれと言ってやりたい!って楽器はなかったらそれで良かったんだけど、やっぱりメロディとの出会い率は1%だからな。それがネックなんだよ。まぁ、裏でのハモりは何とも言えないカッコ良さがあるんだよ!

「楽器ってそんな簡単に移れるの?」

「どうなんだろ?でもユーフォやってる私でもトロンボーン吹けるし」

「あれはマッピー(正名マウスピース)の大きさが瓜二つだからだろ?以前ペット(正名トランペット)吹こうとしたら顔真っ赤にしてたじゃねぇか」

「あ…あれはちょっと失敗しただけだしー!」

「失敗したんじゃねぇかよ」

「あ…あはは…。楽器を変えるのって難しいと言うことが分かったよ…」























「お、なんだかんだ言ってる内に着いたぜ音楽室」

「とうとうね…緊張がピークよ」

「音楽かぁ…楽しいのかな」

練習の真っ最中なのだろうか?数パートで曲を合わせている音が聞こえてくる音楽室にやって来た。…が、気まずさのあまり入れず扉の外から覗き込む形になっているのが現状。まだ他に吹奏楽部入部希望の人はいないようだ。
因みに中から聞こえてくる音はフルートとクラ(正名クラリネット)とサックス(正名サクソフォン)の3パートでメロディ部分の構成を調整している様に思える。合奏中だったようで全パート集まってのメロディ隊調整であれば間違いない。ただ合奏は先生が見ているのではなく、クラリネットを持った女子生徒…おそらくコンマス(正名コンサートマスター)が見ている所、準備段階だと伺える。しかし…、あのサックス持ってるサイドテールの人…可愛いな。

「おー匠の鼻の下が伸びてる~」

「な…、何の事かな?とにかく、合奏中に入るのも失礼に当たるから、音が止んでから行こう」

「そんなすぐ行っちゃう?僕まだ心の準備となんの楽器が良いのか決まってないんだけど…」

「大丈夫だって!心の準備なんてする前に向こうのペースに呑まれるだけだし、楽器なんて紹介されるがままにトントン拍子で決まるから」

「僕入部止めようかな…」

「悪い半分冗談だって」

半分冗談だって…なんて言ったが、完全に冗談ではないのだ。
吹奏楽部に入部して、まず最初に対面するのは新入生に対する異様なテンションの女子である。加えて新入生が男子とあれば口車に乗せられパートへ引きずり込まれる。優しい笑顔と言葉で「この先輩いい人だな…」なんて思ったら相手の思う壺だったり…ね。
これはうp主の体験談だけど、オープンスクールで一回吹奏楽部の体験入部に行ったんだけど、その高校に入学して部活紹介が終わって放課後になって教室を出た瞬間、先輩が二人で待ち構えていました…。そして否応なしに音楽室へ連れられて楽器を変えようか考えていると伝える間もなくチューバを出されました。…あ、言ってたっけ?私、中学高校とチューバでした。

話を戻そう。
楽器を決めれないかどうかと言ったら、一応選択肢は与えられるが、自分の希望の楽器に出会える人ってごく一握りで、大体人数の関係とか初心者歓迎の故に不向きで変えられたり…と。
これも体験談だけど、中学で入学して楽器を決めるとき、本当はトロンボーンが良くて興味を示してたんだけど、他の女子もトロンボーン希望で人数はギリギリで、チューバが居なくて、私が男子って言うことで移されました。
始めた頃は楽器を変えたいって何回も思いましたが、高校で真面目やってると案外面白いんですよね♪  重いけど。





「あ、音が止んだわ」

急に静かになる。音1つない静寂した廊下では息さえもうるさく感じる。いわゆる天使が通った瞬間と言うやつだ。…ちょっと違うけど。
音が止んで再び3人は中を覗くと1人の女子に気づかれた。先程可愛いな…って思ったサイドテールのサックスの人だ。するとその人はクスクスっと笑って手をあげてコンマスに何かを申し出ている。

「あ、あの人こっち来るよ」

どうやら俺らに気づいて、中に入れてあげようよ!的な感じにしてくれたみたいだ。感謝感激だね♪可愛い上に優しいなんてさ。

『ガラガラガラ』

「いらっしゃ~い新入生の諸君!…で良いんだよね?君たち新人?だよね?」

「紗綾(さや)、そんな変なテンションじゃ…ほら、新人達困ってるでしょう?ゴメンね、ようこそ吹奏楽部へ~ほら入って入って!歓迎するよ」

と、紗綾先輩…サックスの可愛い先輩と、落ち着いた感じのふんわりした可愛い…皆可愛いんだけどぐへへへへ……っは!悪い悪い取り乱してしまった。とにかく、紗綾先輩とふんわりした可愛い感じでホルンを持った先輩が出迎えてくださった。





















「「「よ…よろしくお願いします!」」」

とりあえず落ち着いて中に入って、自己紹介タイムに突入した。と言っても、まだ出迎えてくださった二人にだけで、他は後でだって。キリが付くまでもう少し待って欲しいそうだ。勧誘はもうすぐやるらしい。

「うんうん良きかな良きかな!苦しゅうない、表を上げよ」

「紗綾?あまりキャラの軸を振れないで欲しいかな…正直引くレベルだよ?」

「そこまでだった!?ごめんごめん3人とも!じゃあまず私から行くね。橋本紗綾、サックスパートのリーダーで、アルサク(正名アルトサクソフォン)担当。副部長よ!」

なんと…この方は副部長だったのか…。副部長って大概ムードメーカーだったりするけど、まさにそうだな。

「じゃあ次私ね。私は佐藤遥(さとうはるか)と言います。担当は見ての通りでホルンです。おっちょこちょいだけど、頑張って部長を勤めてます♪」

あ…俺…遥先輩メッチャタイプだわ(確信)

「えっと、じゃあ今度はあなた達、自己紹介お願いできるかしら?」

「ハイハーイ!私は水樹夕夏と言います!楽器はユーフォです!匠の事が好きすぎて一緒に着いてきちゃったオマケですがよろしくお願いします!」

何をさらっと個人事情暴露してんだよ…!ほらぁ変なこと言うから先輩方が苦笑い…。

「おーぅ!これは見込みがある子だねぇ~」

ありゃ…紗綾先輩がメッチャ食い付いてきた…。この残念美人と言う共通点が合致したのかな?とにかくこの流れでは紹介が前に進まない。

「もう紗綾ったら変なところに食らい付かないの。ユーフォだったら私と一緒になることが多くなりそうだね~よろしくね」

「はい!よろしくお願いします!」

「次は僕ですね。僕は石原匠と言います。担当はチューバだったのですが、変えようかと考えています」

「むむ!君…結構可愛いわね♪」

さ…紗綾先輩に可愛いって!?なんだろうむず痒い…美人におだてられるとこんな気分になるのか…はぁ。

「楽器を変えるって、どうして?」

流れを無視して遥先輩が質問してきた。どうやら遥先輩は紗綾先輩のブレーキの役目をしているようだ。

「変えたい理由…。まぁ、何もかも新しい場に来たくてココに来たわけですし、心機一転で楽器も変えようかなと思いまして」

「なるほどね~。でも、チューバの人数が少なくって…、経験者が居てくれたから嬉しかったけど…仕方ないよね」

「仕方がない!チューバを続けましょう!」

反則だろう…。あんな言われたらチューバやるしかないやん…。それも美人の頼みは断れない!

「良いの?ありがとー♪」

俺…人生、一片の悔いなし!

「最後僕いいですか?僕は小林揮人です」

「『タクト』ってことは指揮者なの!?」

すげぇ…やっぱり皆思うんだな。

「いえ…音楽に触れた事さえない未経験です」

「おぉ!言わば楽器童貞君だね!?これからビッシバッシ行こう!」

「楽器童貞って…そんな誤解生みそうな…」

「こら紗綾!いい加減にしないと陸上部のエースと100メートル走10本セットさせるよ?(怒)」

「そ…それだけは勘弁してぇ!あのあと死にかけたんだから!」

遥先輩…普段あんなにおっとり系の可愛い女子なのに怒ると口調まんまで言うことが恐ろしい…ギャップ萌えってやつか!

「全くもう…。でも、これで紹介は終わりね。さぁ、皆を紹介しなくちゃね。ようこそ銀河学院吹奏楽部へ!」


             続く






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。