アーケードゲーム「スティールクロニクル」の二次創作です。

ゲーム内で詳しく語られることのなかった南米の大規模ミッション「メメント・モリ」までの流れをオリジナルストーリーで展開していこうと思っています。



◆◆以下、なんとなくあらすじっぽいもの◆◆

地の底から突如として現れた巨大な昆虫の姿をした異形の生物――鋼鉄蟲(こうてつちゅう)――によって世界は人類のものから蟲のものへと、その様相を変えていった。
北欧西部の都市が最初の犠牲となったことから、この鋼鉄蟲の大規模発生現象は後の世にこう呼ばれることとなった。

<ギャラルホルン>。

人類がはじめて直面した異形種との戦いは、圧倒的な蟲の侵攻力により、敗走を余儀なくされる。

従来の兵器、戦略では、その侵攻を食い止めることができない人類が、最後の希望として作り出した戦術機動兵器――スティール・スーツが開発されたのは<ギャラルホルン>から3年後のことだった。

それまでに多くのベテラン兵士が命を落とし、最新鋭の鎧であるスティール・スーツは、そのほとんどが若者へ託されることとなっていった。

高機動と火力の充実を実現したスティール・スーツではあったが、その優位性も束の間のことであった。

一向に減少する傾向をみせない圧倒的な物量と、個体そのものの強靭さに加え、驚くべきことに短期間でさらなる進化を重ねていく鋼鉄蟲は、今なお人類滅亡の脅威そのままであった。

世界総人口のおよそ60%が<ギャラルホルン>より続く鋼鉄蟲の侵攻によって犠牲となり、さらに2年の月日が流れていく……。


――2035年。東京、渋谷。


鋼鉄蟲との生存競争は、次のステージへと移りはじめていた。


◆◆注意書き◆◆

時系列、設定などが原作と異なる部分があるかもしれません――いや、多分にあると思いますが――ご容赦ください。

会話の中で名前がちらほら出てくる原作ゲームのキャラはいますが、ほとんど登場しません。

原作ゲームをとても大切な思い出として記憶にとどめておきたい方の閲覧は推奨しかねます。すみませんが、そっとページを閉じてください。

基本的に週一(毎週月曜日)ペースでの連載になります。

序章
  000 ギャラルホルン2017年04月17日(月) 01:00()
第1章 Black Wednesday
  001 スクランブル2017年04月24日(月) 00:30
  002 レスナ=マーリン2017年05月01日(月) 00:20
  003 エアボーン2017年05月08日(月) 00:20
  004 コマンド・ポストの動揺2017年05月15日(月) 00:35
  005 リンクス・シーカー2017年05月22日(月) 00:15
  006 非情な選択2017年05月29日(月) 00:30
  007 邪悪の密林2017年06月05日(月) 00:20
  008 S2DS2017年06月12日(月) 00:20()
  009 バトル・レコーダー2017年06月19日(月) 00:20
  010 白日の悪夢2017年06月26日(月) 00:39
  011 静かなる猟犬たち2017年07月03日(月) 00:20
  012 冷たい刃2017年07月10日(月) 00:20
  013 相棒2017年07月17日(月) 00:10()
  014 タイム・アウト2017年07月24日(月) 00:20