奈瀬明日美と進藤ヒカル   作:上条 一

1 / 1
奈瀬明日美と進藤ヒカル

 その日、奈瀬明日美はプロ試験予選も間近に迫り忙しいというのに、一人で進藤ヒカルの家へと向かっていた。

 理由は心配しているから――ではない。

 その気持ちが全くなかったわけではないが、本当の理由は自分の碁に行き詰まりを感じての逃避。
 プロ棋士となり一人暮らしをするようになった和谷の家で、同じ院生の本田や小宮と共に勉強を続けていたが、あの二人と違って自分は今年もプロ試験予選から。
 そのためなのか、ここ数日はずっと暗い気分だった。

「飯島くんも院生やめちゃったし、私もそろそろ限界、かな……ハァ」

 進藤の家を訪れたのも、なぜかは分からないが姿を現さなくなった進藤に期待しているのかもしれない。
 自分と同じように囲碁に対して限界を迎えてしまい逃避しているのだと。

「最低だなー、私……あ、ここが進藤の家かな?」

 住宅街を歩いていると、進藤と書かれた表札の家を見つける。
 インターホンを鳴らすのに手間取っていると、玄関の扉が開いた。

「ごめんなさいね、あかりちゃん。ヒカルったら最近ずっとあんな調子で――」
「いえ、気にしてません! ヒカルなら大丈夫ですよ、きっと!」

 あかりと呼ばれた制服を着ている女の子が、こちらを振り向く。

「あの、えっと、私……進藤くんが院生時代の仲間? のような者で、奈瀬明日美と言います!」

 しどろもどろになりながら自己紹介をする。

「あら、ヒカルの……」

 進藤の母親らしき女性も気付いた様子で、私は慌てて頭を下げた。

「はい! 最近、棋院に出てきていないと聞いて心配になり、来させていただきました。突然お伺いして申し訳ありません」
「そうでしたか。遠慮なさらずに入ってください――あかりちゃん、また今度よかったらきてね」
「もちろんです、おばさん!」

 制服の女の子と入れ替わるように進藤の家の中に入っていく。


◇◆◇


 ――すいませんね、これから出かける用事がありまして。
 ――お気遣いありがとうございます。

 そんな会話をして進藤の母親が出て行くのを見送った私は、階段を上がって進藤がいるという部屋の前まで来た。

「進藤、私。入るね」

 声をかけて部屋の中に入る。
 進藤はベッドの上に寝転びながら、窓の方を向いていた。

「……奈瀬? どうしたんだよ?」

 小さな声。
 あの塔矢アキラのライバルだと言っていた時のような、がむしゃらで底なしの明るさを持っていた進藤とは、似ても似つかなかった。

「全然、姿を見せないから。和谷たちが心配してたわよ」
「……奈瀬もそれで?」
「ううん。私はちょっと息抜きで。ほら私、実力ないからプロ試験また予選からでさ」

 そう言って、進藤の部屋を見る。
 碁盤や碁筒の上にホコリが溜まっていて、しばらく全く使っていない様子が窺えた。

「進藤こそどうしたのよ。手合いも研究会もずっとサボってなんて、らしくないじゃない」
「……いいよ、俺のことなんか」
「じゃあ一局、打ってよ。弱い私のためだと思ってさ」
「ごめん。俺、碁をやめるつもりだから」

 進藤の意外な告白に一瞬驚くが、だけど少し嬉しかった

「……そっか。じゃあ私もやめちゃおっかな」

 自分一人だと踏ん切りがつかなかったのだ。
 いつまでも芽が出ないのに、碁を続けても仕方がない。どこかでやめる判断は必要になってくる。

「えっ!」

 進藤が驚いて身体を起こし、こちらを見てきた。

「だって私の青春、ずっと囲碁だったのに報われないんじゃ仕方ないじゃない。今ならまだ少しぐらいは普通の青春を楽しめる時間が残っていると思うし」

 秘めていた思いを吐露する。
 これは今まで誰にも言っていない思いだ。どうして進藤に話したのかは分からないが、肩の荷が下りたようで清々しい気分だった。

「いや、奈瀬までやめる必要はないだろ。せっかくここまで続けてきたのに――」
「進藤がそれを言うの? プロにまでなったんだから、進藤がやめる方が勿体ないじゃない」
「――」

 言い返せなくなった進藤が黙り込んでしまう。

「そう言えばさっき玄関で見た女の子。あれ、進藤の彼女?」
「あかりのこと? ただの幼馴染みだよ」
「ふーん」

 ――ヒカルなら大丈夫ですよ、きっと!

 先ほどの玄関での言葉。
 なんとなく、あの女の子の方は進藤のことが好きなんだろうなと思った。

「じゃあ、さ……。進藤、私と付き合ってみる? 同じ碁をやめる者同士として」

 唐突にそんな言葉を口にしてしまっていた。
 進藤は何を言われたのか理解できない、そんな顔をしている。

「っ……変な冗談やめろよ、奈瀬!」
「冗談でこんなこと言わないわよ」
「――にしてもっ! 和谷や伊角さんだっているのに、なんで俺なんか!」
「だから言ったでしょ。同じ碁をやめる者同士として、って。碁をやめるのに碁をやっている相手と付き合うなんて変じゃない」

 なんだろう。
 進藤の言葉を否定していく内に、このまま本当に進藤と付き合ってみたいと思いが湧いてくる。

 自分より二歳年下の男の子。今までそんな対象として見てこなかったけど、意外としっくりする気がした。

「進藤は私と付き合うの、嫌?」
「……嫌じゃないけど」

 顔を真っ赤にして俯く姿を見ていると、からかいたくなる気持ちが大きくなる。

「さっき進藤のお母さんは出かけたから、今この家の中に……私と進藤しかいないよ?」

 ベッドに近付き、隣に座る。
 びくりと身体を震わせた進藤の手を握った。

「ね、どうする?」

 自分でもやり過ぎなことは理解していたが、止められなかった。
 身体を寄せて向かい合う形になると、肩に手を置いて――押し倒した。


◇◆◇


 夜、自宅。
 奈瀬明日美は進藤ヒカルの家を出て、自宅に帰ってきていた。

(あ~どうかしてた、私! こんなことするタイプじゃないのに!)

 一人、自室のベッドで頭を抱えながら悶える。
 まさか勢いでとはいえ、自分があんなことをする人間だとは思っていなかった。囲碁で悩んでいたために、少しおかしくなっていたのだろう。

(でも、進藤のことを考えると胸がドキドキする……)

 あの後、一連の行為を済ませて我に返った私は、進藤の顔をまともに見れなくて慌てて家を出てきてしまった。

(そうだ、電話しないと!)

 携帯電話を取り出して進藤の自宅に電話をかける。

『ハイ、もしもし』
『あの昼にお伺いした奈瀬ですが、進藤くんいらっしゃいますか?』
『あら、すいません。あの子ったら少し前に慌ただしくどこかに電話をしていると思ったら、すぐに出かけてしまったのよ』
『そ、そうなんですか。ありがとうございました……』

 電話を切って、座り込む。
 謝るにしても、何かを伝えるにしても、タイミングを逃してしまった。どうしよう、と私は呆然とする。

 その時、インターホンが鳴った。父は帰りが遅いので、母が応対しているはず。
 ぼんやりと真っ暗の自室で座り込んでいると、母の呼ぶ声が聞こえて一階に下りていく。

「明日美、進藤ヒカルくんって男の子が外で待ってるわよ」
「……え?」

 私は鏡を見ながら急いで身だしなみを整えると、玄関を飛び出した。

「進藤……? どうしたの?」
「奈瀬に伝えないといけないことがあったから」

 真剣な表情の進藤に見つめられて胸が高鳴る。

「俺、やっぱり碁をやめないよ。その……あの後で、考えていたら分かったんだ。俺の碁の中に『アイツ』がいるって」
「あいつ……?」
「そうしたら、打っても良いんだって気付いた。奈瀬のおかげだ。だから俺、奈瀬にも碁をやめてほしくない! 俺と同じ道を歩んでほしい――ずっと隣で!」
「――」

 言葉が出なかった。
 同じ道を歩いてほしい、ずっと隣で。その言葉で自分の中にあった迷いが一瞬でなくなってしまったのが分かったから。

 私は、自分がいつまでも院生で足掻いている間に、皆から置いて行かれたように感じていた。だからその言葉が、たまらなく嬉しかった。
 進藤が隣にいてくれるなら、私は迷う必要がない。

 まずは間近に迫ったプロ試験予選。
 それだけを目標に、ただ一心で頑張れる。

「っ……私、もう迷わない。碁を一生続ける! だから進藤も一生――私の隣にいてねっ?」

 人目も憚らず、抱きついてキスをした。



誤字・脱字がありましたら、そして奈瀬ファンの方、すいませんでした
なぜか今朝、突然にこの話が思い浮かんで書き殴りました
楽しんでいただけたなら嬉しいです






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。