色彩の花嫁   作:スカイリィ
<< 前の話

7 / 7
エピローグ

「ランサー、あの家への仕込みは万全だな?」
「おうよ。並みの魔術師なら裸足で逃げ出すくれぇの加護を付けておいた。下手に手を出せば末代まで呪われる」
「ふむん。ではもうここにいる意味もないな」

 俺たちは荷物をまとめ始める。これからカルデアに帰還するにあたって、藤丸立香の家族へ危害が及ぶのを防ぐために様々な工作を施しておいた。秋葉原にある時計塔の日本支部にも根回しという名の脅迫をしておいた。

「しかしなぜなのでしょう」バスルームから着替えを終えたアルトリアが姿を現す。この部屋には更衣室なんてものはないから彼女はそこで着替えなどをしていたのだ。
「何がだ、セイバー」
「マスターの母君が見た、夢のことです」神妙な顔つきで彼女は述べた。「あれは夢というにはできすぎている。特異点の出来事をどうして見ることができたのか。やはり、何かしらの異能を持っているのでは」
「俺もそう思ってルーンで調べたけどよ、あの母親にそれらしきものはこれっぽっちも見つからなかったぞ」

 では一体、どうして、と二人の英雄は腕組をして悩み始める。

「なんだ二人とも、わからないのか」
「ああん?」
「どういうことですアーチャー」
「別に難しいことではないんだ。ただ彼女は、親として当たり前のことをしていただけなんだ」

 俺はそんな二人に言ってやった。それは実に単純なことなのだ、と。

「親として当たり前……」
「はははは!」
「なにがおかしいのです、ランサー」

 腹を抱えてベッドの上で転がるクーフーリンをアルトリアがにらむ。すると、彼は俺の方を見て、ニヤリと笑った。

「いやなに、親バカここに極まれりだと思ってよ」
「そういうことだ。しかし君たち二人にできなかったことだ」
「俺もこいつも最終的に殺しちまってるからなぁ。……おいセイバー、まさかまだわかんないのか?」
「あなたは、わかったというのですか」

 状況が呑み込めていないような表情のアルトリア。そんな彼女に対し、俺とクーフーリンは肩をすくめて顔を見合わせた。

「あー、こりゃモードレッドが可哀想だぜ」
「同感だ」
「な、なぜそこでモードレッドが出てくるというのです!」
「こりゃ筋金入りだな」

 喧嘩腰になる二人をよそに、俺はひとりごちる。


 そうだ、あの母親は当たり前のことをしていただけだったのだ。

 それは予知でも千里眼でも何でもない。ただの、親として当たり前のことをしていたにすぎない。奇跡も神秘もこれっぽっちもない。

 例え人類史と共に焼き尽くされようとも。
 惑星を貫くほどの光に姿を変えても。
 空間に漂う熱量に成り果てても。

 ただ彼女は、見守っていただけなのだ。


 自分の息子と、その花嫁を。




 色彩の花嫁を読んでいただいている皆様にお知らせがあります。作者のスカイリィです。

 Twitterでさんざん呟いていましたが、このたび、花嫁の続編が完成いたしましたので投稿いたします。

 五月七日の午後九時より、五分ごとに一話ずつ自動投稿される設定になっております。もし設定ミスっていたらごめんなさい。投稿が終了するのは午後九時四十分です。

 タイトルは「青空の花嫁」

 「色彩の花嫁」を読んでいないと話についていけないので、色彩の花嫁を読んでからご覧になってください。

 Twitterでも予告します。あとPixivにも折を見て投稿します。

 前回の話だけで完成はしているのですが、妄想が爆発してしまったので書きました。
 前作ほどの感動は無いかもしれませんが、もし気に入っていただけたら幸いです。










※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。