色彩の花嫁   作:スカイリィ
<< 前の話 次の話 >>

4 / 7
第三話 大人たち

 その日の私は目覚まし時計の電子音ではなく、カーテンから漏れる朝日によって目を覚ました。

 アラームを設定し忘れたのかと思ったがそうではなくて、自身の耳の違和感でようやく昨日何があったのか思い出す。
 耳栓がキュポンといい音を立てて外される。すると何度目かのスヌーズによる電子音が耳に入ってきた。アラームを切ると静かな日曜日の朝が訪れる。

「さすがに、もう終わったか」

 色欲の獣二頭による宴。そのまさしく獣のごとき嬌声が壁を越えて微妙に聞こえてくるのに気づいた私は耳栓を使って夜をしのぐことにした。親に喘ぎ声やらなにやら聞かれるのはさすがに可哀そうだと思ったし、何よりうるさかった。ついでに酔って寝ていた夫にも毛布と耳栓を施しておいた。

 時刻を見れば就寝してから八時間ほど経過していた。いくら若いとはいえ、この時間までぶっ通しでするほどではなかろう。

 着替えて朝食の支度に向かう。居間を見れば昨日の元凶たるチョコと、未だ熟睡している夫がいた。ご飯はタイマーですでに炊き上がっている。

 さて何を作ろうかと悩んでいると、階段を誰かが降りる音がしてくる。

「おはよ、母さん」
「おはよう立香。……ひどい声ね」

 ダイニングのドアを開けたのは立香であった。長時間喉を酷使したのか声はガラガラで、目には生気がない。よほど行為に没頭していたのだろうと思う。

「顔もひどいけど、何時間起きてたの」
「うーん」立香は壁の時計を見て計算する。「だいたい六時間か、七時間ってところかな」
「ろくっ……!」

 私は目をむいて言葉を失う。若さというものを甘く見ていたようだ。つい数時間前まで宴が続いていたというのか。

「さすがに、疲れた」
「マシュさんは、起きてるの?」驚くべき体力に慄きながら餌食となった彼女の心配をする。「というか生きてる?」
「『せんぱいさいていです』って言ったきり、布団にくるまって、口きいてくれなかった」
「それは、また」
「令呪を二つ使ったのは、まずかった」
「れいじゅ?」
「いやこっちの話」

 それだけ言って息子はフラフラとテーブルに向かい、自身の席に座った。燃え尽きたのではないかというほどにグッタリと椅子に身体を預ける。

「なに食べる?」
「わかんない」

 なんでもいい、とすら言わない息子。相当に疲れたのか、あるいは「先輩最低です」が効いたのか。食欲が湧いていない様子だった。

 きっとマシュ嬢も似たような状態だろう、と予想した私は朝食のメニューを決定し、さっそく調理を開始した。


 作るのに三十分もかからなかった。ぼうっと虚空を見つめる立香の前にトレイに乗せた朝食を置いてやる。

「これ……なつかしいね」

 一口サイズに切り分けた卵焼きと、同じく一口サイズのおにぎりをたくさん。それにミニサイズのウインナーを焼いたもの。それらが二人分トレイに乗っていた。

 立香が風邪を引いた時など、食卓に来れないほど弱っている時に作ってあげたメニューだった。手抜きとしか思えないラインナップだし栄養バランスも考えてないけれど、疲れたり食欲のない時にはぴったりだった。いざとなったら素手で食せるというのもありがたかったし、時間を置いて冷めても食べれた。

「マシュさんの分も作ってあげたから、持っていってあげなさい」
「でも、大丈夫かな」バツの悪そうに立香はためらった。「マシュ怒ってるよ、たぶん」
「本気で怒っていたら最低なんて言わずに嫌いって言うはずだし、そもそも無視するから」大丈夫だよ、と優しく諭してやる。「何なら部屋の前まで持っていってあげるから、一緒に食べなさい。あの娘もしっかり食べないと」
「……わかった。自分で持ってくよ」
「フラフラなんだから、気を付けてね」
「うん」

 立香はそう言うとトレイを持って部屋に向かった。その足取りは相変わらず力がなかったけれど、来た時よりしっかりしたものになっていた。





 立香とマシュ嬢がそろって二階から降りてきたのは、昼も近い午前十一時を過ぎてからだった。夫は「二日酔いした」と言って部屋に籠ってしまっていた。

「昨晩は、ご迷惑をおかけしました」

 ぺこり、とマシュ嬢は私に頭を下げた。よほど恥ずかしかったのか涙目になりながらの謝罪だった。どうも鮮明な記憶があるらしく、その羞恥は相当なものだろうと私は彼女に同情した。

「いいの、あのチョコ渡した私も悪かったんだし」気にしてない、という風に私。「それより、仲直りはした?」
「先輩が、優しくしてくれたので」
「うん。もう大丈夫」

 マシュ嬢が顔を赤らめながら彼の手を握って、立香もまた彼女の手を握り返していた。

「おお熱い熱い」

 仲の良い二人だが、よくよく見ると立香の首筋に赤い痕がある。キスマークに違いないそれは、今朝見た時にはなかったものだ。マシュ嬢の首筋にも似たような赤が見えた。

 しかもついさっきまで運動をしていたかのような呼吸と汗のかきかた。まさか、仲直りついでにまた朝からおっぱじめていたのかと私は呆れてしまう。若いってすごい。

「ま、そんなことより立香、右手を出しなさい」
「こう?」

 まっすぐ差し出した彼の手のひらに、私は己の財布から抜き出した諭吉を二枚置いた。二人の目が驚きで見開かれる。

「これあげるから、デートでもしてきなさい。足が疲れているようならタクシー使っちゃいなさい」
「でも、こんなに」マシュ嬢が戸惑いながら訊く。「いいのですか?」
「いいの。昨日チョコで迷惑かけたお詫びみたいなものだから。明日には日本出るんでしょ?」中身が少し寂しくなった財布をしまいながら答える。「昨日はどこも行かなかったんだし、今日くらい二人で出かけて、映画でも見るとか、美味しいものでも食べてくるとかしたらどう?」
「この歳でデート用の小遣い貰うとは思わなかったな」立香がぼやく。「一応俺たち、仕事してるんだけど」
「私から言わせれば二人ともまだまだ子供だって」

 いいから行ってきなさい、と立香の肩を叩くと「じゃあ、ありがたくもらうよ、母さん」と二人は手を繋いでリビングから出て行った。昨日は風呂も入っていないはずだからシャワーも浴びなくてはいけない。少し時間はかかるだろう、と私は思った。

 案の定「行ってきます」という声が玄関から聞こえたのは十二時になる少し前だった。





 夫は部屋で恐らく昼寝、立香とマシュ嬢はデート。洗濯物もすでに干した。昼食も朝の残りで済ました。

 掃除でもするかな、と思って玄関わきの収納スペースにある掃除機を取り出そうとすると、インターホンが鳴った。
 誰だろう。宅急便が来るとも聞いていないし。

 インターホン備え付けのカメラ画像を見ると、二人の外国人が映っていた。一人は長身で肌の色が黒く白髪の男性で、もう一人は金髪の小柄な女性だった。二人ともスーツを着ている。

 インターホンにつながるマイクを通して二人に話しかける。

「どちらさまですか」
『初めまして、我々はカルデアの者です』
「カルデア?」
『簡単に言えば藤丸立香氏とマシュ・キリエライト氏の同僚です』
「私は立香の母です。二人は出かけているのですが」
『存じています。ぜひ母君とあの二人について話しておきたかったのです。門の外でも構いません』
「少しお待ちを」
『ありがたい』

 マシュ嬢と同じくやたら流暢な日本語を話す外国人だ、と思った。嘘をついている風でもないし、何か話があるのだというなら出てやるべきだ。
 私はその男性ともう一人の女性に会うべく玄関を出て家の門に向かった。

「お待たせしました」
「突然の訪問申し訳ない。私はエミヤ・シロウ。こっちはアルトリア」

 エミヤシロウ、と名乗った男性は女性と一緒にお辞儀をした。なんとこの見た目で日本人の名前であった。

「で、お話というのは……」
「その前に前置きがありまして。──実のところ、私たち二人は藤丸立香氏とマシュ・キリエライト氏の護衛なんです」

 護衛? あの二人には似つかわしくない言葉が出てきて私は一瞬だけ理解が遅れ、思わず訊き返していた。

「あの二人は現在、カルデアにとってなくてはならない重要人物なのです」アルトリアという女性が答えた。「日本の治安が良いとはいえ万が一ということもありますから、我々は京都から二人を護衛していました。この家も少し離れたところから監視していたんです。気づかれないように」
「でも、今の二人、街に行っちゃったけれど」
「ご心配なく。もう一人、犬のように素早い護衛が付いてますので」
「はあ」
「勝手に家を見張っていたことは謝罪します。──で、本題なのですが、昨日の夜から今日の明け方にかけて何が起きましたか?」

 そ、それは。私は目に見えて動揺してしまった。冷汗が頬を伝う。昨日の夜から今朝にかけて発生していたことといえば、一つしかない。そんな私に構わずエミヤ氏は続けた。

「立香氏の付けているブレスレットには、彼のバイタルをこちらに送信する機能が付いていましてね。それによると昨日から今朝まで、六時間五十二分もの間、心拍数も血圧もぶっ通しで高いままでした。命に係わるレベルです」
「しかし家が強盗に襲撃を受けたとかそういった兆候はない。そこで、何が起きたのか訊きにきたのです」とアルトリア氏。
「あの二人に訊けばいいじゃない」
「出かける時に尋ねたのですが、二人とも口ごもってしまい、話してもらえませんでした」肩をすくめるエミヤ氏。「しかし、これではカルデア本部に報告しようがない。それで貴女に訊こうと」
「まあ、仕事ですものね」

 隠しても仕方がないし、虚偽の報告をして叱責されるのはこの護衛達だ。そう考えた私は昨日の出来事を話した。もちろん直接的な表現は避けたが、ぼかしてもいない。
 話していくうちに、両名の顔が呆れと、驚愕に彩られていくのがわかった。

「あれだけの時間を、休みも入れずに、だと……!」
「しかも朝になって再度行為に及んだ形跡もあり、今は二人で元気に出かけていると。……本当に彼は人間なのでしょうか」
「まあ、そうなりますね」私はため息をつく。「報告するときは、うまいことぼかしてあげてくださいな。立香はともかく、マシュさんが可哀そうだから」

「気遣い痛み入ります」アルトリア氏が礼を述べる。「マシュ・キリエライト、あの者は私たちにとって大切な仲間ですから」
「いいの。あの娘のためだもの」

 笑みを浮かべてそう返すと、エミヤ氏が口を開く。

「マシュ・キリエライトは、どんな印象でした?」
「立香にはもったいないくらいの良い娘ね。優しくて、品があって、可愛くて。あと──」
「あと?」
「……会う前に、私はマシュさんを夢で見たの。だから立香があの娘を連れてきたのは、運命のような気がしてね」
「ふむん。詳しく訊いても?」

 他愛のない夢の内容ではあったけれど、私は鮮明に覚えていた。それをかいつまんで二人に話してやった。たくさんの化け物と、それに立ち向かう英雄たち。そしてその中心にいた息子と、マシュ嬢そっくりの女の子。

「変な夢だったけど、マシュさんの写真が息子から送られてきたとき、これが運命なのかと、ね」
「……そうですか。今までに同じような夢を見たことは?」
「ないわね」と即答する。

 エミヤ氏は少し黙ったあと、私にお辞儀をした。アルトリア氏も少し遅れて頭を下げた。「情報提供感謝します。我々は向かいのあのホテルにいますが、明日の朝には撤収しますので、明日以降は気にしなくて結構です」
「お仕事、頑張ってね。あの二人もよろしく」
「お任せを」

 そう言って二人は去っていった。
 不思議な雰囲気をした人たちだな、と私は漠然と二人を見送った。





 立香とマシュ嬢が仲良く手を繋いで帰ってきたのは夕暮れになってからだった。

「エミヤって男の人と、アルトリアって女の子が来てたけど」
「……何か言ってた?」顔を引きつらせる立香。
「『二人の様子はどうだ』って訊いてきたから『すこぶる仲良しです』って伝えておいた」
「そっか……」

 安堵の息を漏らす立香とマシュ嬢。物凄く遠回しだが嘘はついていない。六時間以上ぶっ通しでし続け、起き抜けにまたするカップルが仲悪いわけがない。というか発情期かこの子たちは。

 それとあの二人が言っていたことも真実であると確認がとれた。あれが立香の同僚。あの二人とこの子たちが一緒に働いているというのは少し不思議な気がした。

「夕食はステーキにしたから。それまでに明日の準備をしちゃいなさい。起きてからだと飛行機に間に合わないわ」

 わかった、と立香は言ってマシュ嬢共々部屋に戻った。

 またしばらく会えないのか、と思うと寂しくはあったけれど、あんな可愛い娘と、頼りがいのある仲間がいると考えれば心配にはならなかった。