チョウワン伝説   作:塔の跡
<< 前の話 次の話 >>

10 / 40
どこが変わらないのかは後程。といってもすぐですが。
マグマ飲んでも平気だし上歩けるし・・・卑怯臭いですね、オラクル細胞。


マグマ飲んでも変わんないのね

 チョウワン生活9日目。鎮魂の廃寺からおはよう。暑いところから寒いところにやって来ました。やっぱり寒いところが似合うよね、チョウワンって。色的に。ちなみに、マグマ飲んだから色が変わったりしてんのかなーと思って道中で確認してみたんだが、色はまったく変わってなかったよ。技に変化あるかなと思ってやってみたら、火属性が追加してた。氷も相変わらず使えるけど。見た目で変わったところと言えば・・・。
《ミサイルポッドが生えたなー・・・。あとなんか胸当てができた。開いたりはしないみたいだけど。ミサイル出ないのか・・・ちょっとほっとしたかも》
 ミサイルポッドとか胸当てはクアドリガを捕食したからかねぇ・・・。でも・・・。
《ミサイルポッド邪魔だなぁ・・・》
なんて愚痴ったら。
[ガシャコン!]
《ん?なんの音だ?》
 背中を見てみると、ミサイルポッドが収納された。身体に食い込んだっていうか、胴巻きみたいな感じだな。どうなってんのかわからんが、まあこれで邪魔じゃなくなったからいいか。
《よし、さっそくミサイルぶっぱしてみるか!ひょっとしたら堕天みたいに冷気がブワッてなるかもしれんし!そうでなくても熱気がブワッってなるかもしれんし!》
 ワクワクしながらうろついていると、さっそくいい相手が見つかった。サリエルだ。
《よっし、ホーミングレーザー強化のために喰らうぜー!》
 周りのコバンザメどもも一掃してくれるわ!
《くらえ!ミサイル発射!》
[ガシャコン!ドドドドド!]
 断末魔も言わせぬこの威力・・・だが土地は無害というこの不思議。ちなみに俺の周りには冷気と熱気が吹き荒れてました。何度でも言ってしまうな、オラクル細胞すげえ。なんだこのチート細胞。
《コアだけ残すなんて俺特!すげえなクアドリガ!》
 しかし・・・人間相手にぶっぱしちゃいけない技のオンパレードになってきたなぁ・・・。ヴェノムハザードを起こすリーサルウェポン毒針だったり、クアドリガを2発でぶっ倒せる弱点集中砲火ホーミングレーザーだったり、コア以外焼きつくすミサイルだったり・・・。
《おかしいな・・・俺が目指してたのは完全なアラガミであって危険度MAXの塊になる予定じゃなかったのに・・・》
 しかも逃げ足が速いわ視力がいいわ・・・聴力もいいし。嗅覚?なんか最初っからよかったよ。
《まあ、とりあえず喰おう》
 周りに転がってるコアをありがたくいただく。これでまた強くなったかもしれん。これ以上強くなっても仕方ないんだけどさ。
[バキッゴリゴリゴリ・・・]
《なんか最近顎が強くなった気がするなぁ・・・硬いもんばっか喰ってるからか?》
 最近一番硬かったのはクアドリガくらいか。コアは今じゃなんともない。最初は顎が疲れたんだが。
《顎も強化されてたりすんのか?オラクル細胞万能だな》
 そりゃこぞって研究したくもなるよね。俺がもし研究者として転生してたら研究したくなるし。怖いけど。
《いやー・・・最初は嘆きたくなったけど、今ではアラガミになってよかったわー!人間時代よりもめっちゃ充実してるもん!》
 高校デビュー失敗したからボッチだったわけで。家でも家族が海外で働いてるから独りだけだったわけで。小学校も中学校も友達ができずボッチだったわけで。キャンパスライフ送る前にバスに突っ込まれてチョウワンになっちゃったわけで。まあ、チョウワンになっちゃったのは今ではよかったけどさ。
《なんーかこの調子だと海苔神様とか倒せそうだなー・・・なーんてね。さすがに死ぬよあれは》
 海苔神様・・・超大型アラガミ、ウロヴォロスのことだ。超がつくだけに無駄にバカみたいにデカイアラガミだ。攻撃力も結構強いから、遠くから弱点属性のアサルト弾でチマチマ遠くから攻撃したりしてたなぁ・・・。あとは足下チョロチョロしてみたり。それで蹴っ飛ばされたり、ジャンプされて攻撃くらったりしたけど。ああ、海苔神様っていてるけど、海苔じゃなくて苔です。俺からしたらあれ見た目海苔だけど。
《ま、会うこともないだろうし。とりあえず中型コンプしようかな!大型のクアドリガフライングしちゃったけど》
 よーし、待ってろまだ喰ってないアラガミ!俺が喰らってやるぜー!!



ウロヴォロスの素材、初めて見たとき海苔だと思ってました。ちゃんと標記苔なんですけどね。なんで海が見えたんだろうなぁ・・・(遠い目