暗殺教室外伝 ~四天龍爆誕!~   作:覇王龍
<< 前の話 次の話 >>

82 / 88
四天龍VS神兵の時間

竜刃「ハンターガノン起動!」

ハンターガノンが火を吹く。

ホウジョウは右に左に交わす。

瀧「セヤァァァァァ!」

瀧は村正で斬りかかる。

辰哉「ウォォォォラァ!」

辰哉は木を叩きつける。

ホウジョウ「....フッ。その程度かい?」


龍河は触手を生やした。そして、軽快なフットワークをとる。





触手がホウジョウに襲いかかる。


ホウジョウは右に左にかわすが....


竜刃「よそ見してたら怪我するよ?」

瀧「あんたの命、頂戴する!」

辰哉「ぶっ飛べェェェェ!」

3人が一斉攻撃する。

.....

ホウジョウは3人を返り討ちにした。

3人はもう動けない。

竜刃は右手、瀧は左足、辰哉は右足を殺られてしまった。




龍河「....!」

ホウジョウ「....覚悟はいいかな?」

龍河は触手を封印し、ホウジョウに殴りかかる。

しかし、本気のホウジョウには敵うはずがない。龍河は左手を殺られてしまった。

龍河「グワアアアアアアッ!」

龍河はもがき苦しむ。

ホウジョウは悠々と龍河に近づいてきた。

龍河(畜生、こんなところで....)

その時、石が飛んできた。

龍河「....桃花!」

石を投げたのは桃花だった。

桃花「もうやめて!龍河に...手を出さないでッ!」

龍河「バカ!逃げろ!」

桃花「....龍河。」

その時だった。

E組生徒達が集結した。


生徒達は本気のホウジョウに一撃離脱を繰り返す。

ホウジョウ「....!?」


麻酔針、石、爆弾、攻撃、光。様々なものがホウジョウを混乱させる。

渚が猫だましを決め、カルマが必殺のかかとおとしを喰らわせる。


さらにスタンガンや麻酔針の猛攻がホウジョウを襲う。

ようやく簀巻きにし、メガネをかけさせ、生徒達は殺せんせーの元へ。なお、龍河は触手もちなので、美舞がサイコパワーで開けた。


殺せんせー「音だけでも....恐ろしい強敵を仕留めたのがわかりました、成長しましたね みなさん。」
嬉しそうに殺せんせーが笑う。生徒たちはいっせいに殺せんせーの元へかけこんだ。

久しぶりの再会に喜ぶ生徒たち。そして生徒たちがバリアーの中に入ったことを受けた烏間たちも動き出す。

烏間は嬉しそうに空を見上げ心に中でつぶやいた。
烏間〈もうオレ一人ではあの28人に太刀打ちできないな....生徒の成長とは嬉しくも悔しいもんだ。〉と。

同じころバリアの一隅が一瞬開きすぐ閉じた。

誰もその異変に気づいていなかったがバリアがあっては通れない何者かが侵入してきていた....。
レーザー発射まで殺せんせーの暗殺まで残り90分。