少々病んでいる   作:nenashi

1 / 1








「――寒いですね」


 暦の上では、十二月もそろそろ終わる頃。
 かじかむ手を口元に持っていき、ほぅ、と白い息を吹き掛けた。赤くなった指先がほんの微か、熱を取り戻した瞬間に、耳元で轟と風の音。唸り、顔の横を吹き抜けていった空気が温かさを奪って、彼方へ飛び去って行く――大人しく、冷たいジャンバーのポケットの中に両手を収める事で妥協する。

 段々と。
 指先から手首へと、感覚が冷気に蝕まれて枯れ落ちていくような感触を覚えていた。

 人里には一昨日の晩からしんしんと、粉雪が静かに降り続いていた。遠くから見ると里に白いヴェールがかかったようだ――というのは昨日、主の仕事の邪魔にならないよう、屋敷を出て里をぶらついていた際に顔を合わせた知り合いの紅い館のメイドから聞いた話だ。
 珍しく館の主である吸血鬼と、図書館に住まう――決して間違い/誤字ではない――紫髪の魔女も連れ添っていたのが記憶に残っている。以前逃げ出したペットを捕まえるのに協力してくれた、貸本屋の娘にいい機会だからと直接礼を言いに来たらしく、特に魔女の方は貸本屋にあるという妖魔本に興味津々だった、吸血鬼の方は子供じゃないんだから、と呆れ顔だったが。
 あれは保護者の表情だったと記憶している。

「だから、寒いですね? と聞いているのですが――もし?」
 足元に落としていた視線。その視界に無理矢理、下を向いていた自分の顔を覗き込む形で割り込んできた一人の少女がいた。

 ……声を掛けられて事にさえ気付けなかった。考え事に夢中になると、人の話を聞かなくなる。悪い癖だと自覚はしているのに、中々治せないでいる。きっと、もう躰に染み付いているのだ。
 そうそう簡単に抜け落ちるものではない――そんな言い訳をしながら、目の前の頭の上に積もった粉雪をぺふぺふ、と軽く払い落としてやる。
 昨日会った魔女とは似ていながらも明確に色合いの違う、黒に近い紫髪。若草色の長着の上から黄色い地に花柄の羽織を纏い、赤いロングスカートが、動きに合わせてふわりと揺れる。

 少女の名を稗田阿求、という。
 九代目阿礼乙女と言えば人里でその名を知らぬものはおらず、またこの世界に跳梁跋扈せし妖怪連中にも、その名の通りは良いだろう。

「……うん、そうだね」尚もじぃっ、とこちらの顔を見つめる阿求の言葉に少し、遅れて返答する。
 寒さで躰の中の回路がどこかおかしくなったようだった、そんな感覚がしていた。聞き取れなかったのはこいつが仕事をしないせいか、と剥き出しの両耳をぐにぐにと指先で強く揉む。触れた所からじわりと熱が滲み出ては、寒さに呑まれて消えていく。
 ……芳しい効果は得られそうにない。

 ともあれ、自分の耳に責任転嫁をした所で意味は無い。聞き逃したのは思考に埋没していた自分のせいだと自己完結させて、それから阿求の話に耳を傾ける。
「無視されると悲しいです。しょんぼりです」
 言葉の割に、上機嫌に阿求は紡ぐ。
 又は、何か良い事を思いついた――なんて、小悪魔染みた企みを含んだ表情だった。

「……ちょっと考え事に夢中になっていたんだ。ごめんよ」
「そんな風に軽く謝られても、許したくありませんけど――あぁ、そういえば行き付けの茶屋で美味しそうな最中を最近、売り出し始めたそうですね。女給が言っていました。……ちらっ」
「……今度買いに行こうか」
「えぇ、一緒に行きましょう」にっこり、と笑みを浮かべる。
 完全に手玉に取られているのを自覚し、やはり敵わない、と頬を指先でかりかり掻いた。

 時分は既に夕暮れであった。
 季節特有の薄暗さと寒さ、それと人の身からすればよろしくない、この小癪な天気のせいか。人里大通りの人通りはいつもより芳しくなく、そして道行く人は皆、少し早足になっているように感じられた。
 さくさく、きゅっきゅっ――と。
 靴底が粉雪を踏み締める、どこか虚ろな音が響く。
 粉雪の降る中、二人並んで往く。

「ところで、どうして俺は阿求さんと一緒に歩いているんだ。それと、阿求さんは何の目的で、どこへ向かっているんだい」
 ふと、屋敷を出る前から抱いていた疑問を告げた。
 阿求の屋敷に居候しながら、阿求お付きの使用人、という名の単なる遊び相手として雇われている自分は立場上、主である阿求に頭が上がらない。
 それだけではなく、これまでに受けた恩も大きかった。
 ――数年前、この世界に流れ着いて彷徨っていた所を助けてくれた。
 ――生活基盤のない自分に、帰る家と職を与えてくれた。
 つまり阿求は、自分にとって命の恩人なのである。
 そんな彼女の頼みだから、事情を尋ねず頷き、二人で屋敷を出てここまでついて来た訳だが――、

「いいえ、私が呼び出されたんです」
「……。それは、どういう?」理解の及ばない回答に、問い直す。
「私が呼び出されたので、あなたも一緒に着いて来た。そういう事ですよ」
「……あー」
「えぇ」
「……」
「……」
「……、いやいや。いやいやいやいや」断言するような語調に危うく納得させられかけたが、やはりおかしいだろうと思い直す。
 二の句を継ぐ前に、阿求の言葉が飛んで来て、口をつぐまされた。

「貴方が私と一緒にいる事は当たり前でしょう? それとも――私と居るのはお厭、ですか?」
 ずい、と顔を寄せて囁く。
 ――少女の躰から漂う、花のような甘い香が鼻腔を擽った。
 周囲の視線が彼へと、四方八方から突き刺さる。見守るような、はたまた嫉妬か、それともこんな往来で何をしているのか、という呆れや怒り交じりだろうか。
 阿求としては面白半分でしかないだろうに、からかわれる側の彼にすれば、洒落にならなかった。
 ただでさえ御阿礼の子の家に居ついた外来人として、狭い里の中ではそれなりに名や顔の通った人物であるというのに。

 ……さておき、彼は注目を集めて平常心でいられるような性格をしていない。
 やめるよう小さく訴えると、阿求はやれやれ、と言わんばかりに肩をすくめて距離を取った。
 止まった足をまた動かせば、自然と周囲の視線は散っていく。
「大人をからかうのはやめてくれ……」げんなりしながら彼は言う。
「からかっているつもりはありませんよ? うふふ」
「……まぁ、主が楽しそうで、使用人としては何よりかな」

 行先は有耶無耶にされてしまったが、知りたいと思っただけで、知らなくても差し支えはない。
 彼は阿求の遊び相手であって、彼の役目はこの奔放な少女に振り回される事だからだ。
 用心棒ではないので、里の外に行こうとするなら全力で止めに入るが。
「――理性より先に、その関係から切り崩したいところですね」
「関係を、切り崩す? ……ん、どういう事だ?」
「いえ、理解する必要はありませんよ――いずれ、必ず理解しますし。させますし」
「……?」首を傾げながら、少し阿求に追随して道を往く。

 それから大通りを外れて脇の小道に入り、暫く。そこで勘というか経験則が働いた、何となしに、阿求が自分を連れて行こうとしている先が分かって来たのだ。
 と言うより、むしろ今迄気付かなかった自分がかなり、鈍感だったと彼は思った。
 躰が弱く、常人に比べて行動半径の狭い自分の主が日頃遊びに行っている場所を考えれば、答えは自ずと導き出されるというのに。

「……もしかして、鈴奈庵?」
「あ、ご明察ですね」あっけらかん、と阿求は答えてみせる。
 ……今まで情報を出し渋っていたのが嘘のような態度であった。

「実は小鈴に貴方を呼んで来るよう頼まれたんですよ。勿論、私も一緒に――ですけど」
「え?」
 小鈴――本居小鈴は、大正の女学生のような服を好んで着ている人里の貸本屋、鈴奈庵の娘である。
 ……何か呼び出されるような事をしただろうか、と思いを巡らせる。
 彼は鈴奈庵に置いている外の世界の本――故郷の本と言っていい――を読ませてもらう代わりに、時折貸本屋の手伝いをしている。
 その関係である程度、彼は小鈴と親交があった。

「もしかして、知らない間に仕事で何かヘマをしでかしていたとか……」
「あぁ、そういう事ではありません。けれど、詳しい事は私も良く分からないんですよね」
 阿求は困り顔で、指先を顎にちょんと当てた。
「小鈴が来たのは昨日私が仕事をしていた最中で、しかも直接聞いた訳ではないので。丁度貴方も屋敷を離れていたから、門番の方に言伝を頼んだらしいです。貴方と一緒にうちまで来てくれ、と」
「……不可解だなぁ」
 首をかしげる彼の隣で、阿求は眉根を揉む。
「また何か、変な事を画策していなければ良いんですが」
 はぁ、と重い息を吐く。
 吐息は白く染まって、それから冬の寒空へ溶けて消えていった。





     ※ ※ ※





「――クリスマスパーティーへのお誘い?」
「そうなのよ、実は昨日赤い館の吸血鬼がやって来てね。“ペットの一件のお礼だ”って、こんな招待状を貰ったのよ。何でも今年は、紅魔館でクリスマスパーティーをするんだってさ」
 ひらひら、と小鈴は指先で摘まんだ、蠟印のされた封筒を自慢気に阿求へ見せる。
 ――場所は変わり、鈴奈庵の店内である。
 年季の入った蓄音機の上では、これまた古めかしいレコードがクラシックを奏でていた。鼓膜が心地よく震える。店内に満ち満ちる紙の匂いは、心を落ち着かせてくれる。
 座り心地の良い一人がけのソファに腰かけていると、思わずうつらうつらと舟をこいでしまいそうだった。
 隣の椅子を寄せて近付いてきた阿求が肩に頭を乗せていなければ、本当に寝ていたかもしれない。

「そしてこれ。じゃじゃーん」
「……封筒が、合わせてひぃ、ふぅ、みぃ……三枚?」
「一つは当然私のもの。そして、残りの二枚は貴方と阿求のものだそうよ。渡しておいてくれ、って頼まれたの」
 ひらり、両手に持った封筒をそれぞれ、小鈴は彼と阿求へ手渡す。
 高級そうなそれを暫く眺めた後、彼は蠟印をぺりぺりとはがし、中身を改めた。
 封筒の中には一枚の、これまた高級そうな紙が入っていた。その上で金色の文字が躍っている。
 ……ただし英語、それも筆記体で書かれており、日本人である彼には全く内容が分からなかった。
 彼が解読に勤しんでいる間、阿求と小鈴の会話が織り成される。

「外出許可、下りるかしら。……というか何で直接渡しに来ないのよ」
「あんまり“敵”と顔を合わせたくはないんだってさ。あと、“どうせあれを呼べば勝手についてくる、それなら招待状くらいは送ってやろう。御阿礼の子を不法侵入者にするのも後味が悪いからな”――みたいな事を上から目線で言っていたわ」
「へー。……絶対外出許可取り付けてやる」
「あはは、言うと思った」頬を膨らませる阿求と対照的に、けらけらと腹を抱えて笑う小鈴。
「あと物真似が絶望的に下手」
「オッケー屋上」
「喧嘩はノーサンキューよ」
「屋上もないしねぇ」
「相変わらず小芝居みたいな台詞回しだな、二人とも……」
 少女二人が面白そうに言葉を投げ合う傍らで、とうとう筆記体の解読を諦めた彼は、招待状を机の上に置きながら続けた。

「というか俺、昨日鈴奈庵に行く途中だったあの人達と会っているんだけど。……なんでその時に渡してくれなかったんだろう」
 阿求はどうも吸血鬼と折が合わない様だが、自分は少なくとも道端で会えば会話する位には仲が良い筈だと彼は思っていた。そして嫌いな相手に招待状を渡す理由も無い。
 だから解せない、何故あの時に渡してくれなかったのか――。

「そうなんですか? ……あぁ、あの独り言はそういう意味ね」
「何か言っていたのか」
「確か――いや、やっぱり言うのはやめておきますね」
 聞き返すと、小鈴は何かを言おうとしてから引っ込めた。彼としては生殺しのような状態だ。
 当然、小鈴を追及する。

「何故」
「私は阿求の味方だからね。敵に塩を送る真似はしたくないわよ、流石に」
「……すまない、意味が分からない」
「分からなくて良いんですよ。そして主として命じます、深く考えるのはやめて下さいね? きっと小鈴の言葉に嘘はありませんから」
「……、はい」
 小鈴の回答はきっぱりとしていて、続けられた阿求の言葉は断り難い重みを持っていた。
 そもそも、阿求はその独り言の内容を知らない筈なのに。
 ああいう風に軽口を叩きあえる程度に、この二人には奇妙な信頼関係があった。
 ともあれ、これ以上は踏み入ってはならない、と感じさせる何かがそこにある。
 当然気にはなるものの、まさか主からの厳命を突っ撥ねる使用人がいる筈もない。
 渋々ながらも引き下がる――自然と、話題はパーティーについての話に移り変わっていく。

「クリスマスは聖夜、十二月二十五日よね。ところで何時に紅魔館へ行けばいいのかしら」
 未だ、彼の肩の上に頭を置いたままの阿求が呟く。
 それを微笑ましいものでも見るように小鈴は眺めながら、

「招待状、英語で書かれてるから二人とも読めないでしょう? ……いや、貴方は英語、ある程度は読めるんだっけ? 今読んでいたよね?」
「筆記体は読めない」言いつつ、彼は机上の招待状を指差す。
「うわ何ですかこの蚯蚓がのたくったみたいな文字は」
「それ阿求さんが言う?」
 彼は幻想郷縁起に使われている文字もこういう感じだったと記憶していた。
 あれは由緒正しいものだと反論する阿求を英語だって由緒正しいものだよ、と彼が窘める傍ら、小鈴は脇に置いていた眼鏡をかちゃり、と開いてかけた。

「どれどれ、ちょっと拝借。確か集合時間は七時とか八時って書いてあったような――」
 机の上に置いてあった彼の分の招待状を手に取り、小鈴は早速解読を始める。すると小鈴の周囲に異様な空気が漂い始め、彼の首筋を電気が走り抜けるような感覚が襲った。
 ――判読眼のピブロフィリア、本居小鈴の持つ異能の真骨頂。
 どんな文書もたちどころに解読してしまうその瞳は、妖魔本という妖怪が記した書物を読み解いていくうちに自然と目覚めたものだという。
 小鈴は大好きな妖魔本がすらすら読めるようになって嬉しい、とその能力に目覚めた際、感極まって飛び跳ねたというが――一方で友人の阿求はというと、その在り方を心配している。
 それは、小鈴が妖魔に近付いていっているという証明なのではないかと。

 ともあれ、小鈴が招待状を読み解くのには十秒もかからなかった。
 ただし、その内容を嚙み砕くのに手古摺っている様子だ。
「……うぅむ」
「どうしたのよ、まるでお爺ちゃんみたいに唸って」
「せめてお婆ちゃんと言いなさいよ。あ、集合時間は八時ね。八時。覚えておいて――って、こんな心配あんたには無駄か。……にしても“これ”はどういう意味かしら。こんな文章、私の招待状にはなかった筈だけど」
 ――何か変な事でも書いてあるのだろうか。
 思って尋ねると、怪訝な表情のままに小鈴はこう言った。

「“親しい知り合いを連れて来てくれ”、だって。それも出来るだけ多く」
「……えぇと……何だ。パーティーを賑やかにしたいのかな」
「それなら私と阿求の招待状にもそう書くと思うのよね。……となると、ますます意図が分からない。大体、賑やかにしたいなら大々的に宣伝でもすれば良いのよ。天狗でも雇って。人を集めたい、っていうだけならこのやり方は妙にまどろっこしいの」

 何時の間にかシャーロック・ホームズのような探偵の衣装に着替えていた小鈴は、ルーペをきらりと輝かせて断言する。いつ早着替えする程度の能力を手に入れたのだろう。
 しかし恰好は兎も角、実際の所小鈴の言う事は的を射ている。
 だって人を集めたいならこんな風に、手ずから招待状を配り歩いたりしないからである。小鈴の言う通りに宣伝して人を集めれば良い。わざわざ招待状に“人を集めてくれ”、なんて事を書くよりも、そちらのほうが余程効率的だろう。
 つまり言動不一致。
 歯車が上手い事噛み合っていないというか、ちぐはぐなのだ。
 二人が感じている違和感はそれだった。

 ――一方で。
 静かに、阿求は彼の肩に置いていた頭を起こしていた。
「……あー、そういう事」
「阿求?」
 小鈴の問いかけに耳もくれず、ふふふふふ、と俯いたまま仄暗い笑みを浮かべている。壊れてしまったのだろうか――そう二人が心配する傍らで、不意に彼女は何やらぶつぶつと早口で呟き始めた。

「意図は察したわ。だって私があの吸血鬼だったらきっと同じ事を考えるだろうし。ふふふ、でもそれは深淵への片道切符よ。その多さに絶望なさい……! そもそも、悪魔が聖夜を祝おうっていう時点で不自然ですもの……!」
「……何をヒートアップしているんだろう、うちの主は……」
「結局一体何に気付いたのよ、あんた?」
 眉を顰める小鈴に、ばっと顔を起こした阿求が鋭い声音で告げた。
「小鈴――耳を貸しなさい。あぁ、でも貴方は耳を塞いでいてくださいね?」
「え、ひどくない?」

 とはいえ主の命令は絶対厳守である。
 不承不承しっかりと耳を塞ぎ、店の隅へと歩いて行った二人の会話を遮断する。
 ぼそぼそごにょごにょ――。
 ……取り敢えず、小鈴のげんなりしたようなうんざりしたような横顔から、阿求の気付いた事実が非常にしょうもないものであるという事は分かった。
 聞かなくて良かったなぁ、と彼は人知れず思い、小鈴を気の毒に思ったのだった。
 ――しかし結局、吸血鬼の意図とはなんだったのだろう?










 気付けばとっぷりと日は暮れ、外にはぽつぽつと光が灯っている。
 ――二人が招待状を手に鈴奈庵を出て行った後、小鈴はというと、定位置である椅子に腰かけ、すっかり日課となった妖魔本の解読を始めていた。
 ランタンのぼけた灯りを頼りにページを捲ろうとして、伸ばした綺麗な指がぴたりと止まる。
 ふと、先程の阿求との会話を思い出していた。





「――あの人を慕っている奴らを炙り出す?」
「そういう事。知り合いを連れて来いって、あの人はその大半に好かれているしね。私以外……その、そういう意味で、想っている奴はいないようだけど。人外の感情表現は捻じ曲がりすぎなのよ、例えば吸血鬼のは単なる所有欲みたいだし。
 ともあれ、今のうちにそいつらライバルを全員把握しておこうって思っているのね、あの吸血鬼。聖人の生誕祭を乗っ取って、紅い悪魔は欲望の限りを尽くすつもりなのよ」
「……でもそれ、愕然としないかなぁ? あの人といっつも一緒にいるせいで、既に全員把握しているあんたの一時期みたいにさ」
「ざまぁみろ、よ。あの吸血鬼め。私への誠意を欠いた報いを受ければ良いんだわ……うぅ」
「完璧にトラウマ化しているじゃない」
「皆我が強過ぎてね。……まぁ生きている内も死んだ後も譲るつもりなんて一片たりとも無いけど。ずぶずぶに私におぼれさせてやるつもりだから」
「……面倒な性格しているなぁ」
「お褒めの言葉ありがとう。ところで結局、吸血鬼の独り言って何だったの?」
「“あれに面と向かって渡すのは気が引けるというか恥ずかしいからな”、だそうよ」
「かちーん。下手な物真似と相まるツンデレーションに劇的に苛々させられたわ」
「あちゃー。その一言は余計かもしれない。ぽきぽき」
「どうどう。指を鳴らすのは関節に悪いというから止めなさいな」





「あははー。……前途多難だなぁ、恋路って。まぁ阿求の場合は相手が悪過ぎるだけなんだけど。あの人、一手に歪んだ感情受け取りすぎなのよ。それと阿求は人外の感情表現がねじ曲がってると言ったけれど、正直阿求のそれだって随分歪曲しているわよねー」
 取り敢えず自分は暫く独り身でいいやと、年の割には老けた考えを抱く小鈴であった。





     ※ ※ ※





 ――クリスマスまで数日の暇を貰った。
 とは言うものの、押し付けられた形に近かった。年末も近いし休みをあげる、と阿求本人から言われたのだ。ついでに余暇の間に知り合いをパーティーに誘ってこい、と。
 だからある意味、パーティーの賑やかしを連れてこい、という仕事を任されたのかもしれない。

 とはいえ仕事のある時以外はずっと遊び相手として自分の傍にいて欲しい、とまるで単純な希望のように言いつつも、手練手管でそれを殆ど彼に強制している阿求のものとは到底思えない言葉であった。
 ……尤も、年末へ向けた縁起の編纂の仕事が入っているせいで、自分がついていけない事について呪詛のようにぶつぶつと恨み言を呟きながら――だったので、結局の所は何時も通りだった。
 それでもパーティーは何とか外出許可を取り付ける、と言っていたが、果たして上手くいくだろうか。
 ――それにしても、どうして自分は彼女にあんなに執着されているのだろう。
 遊び相手として気に入られている、それはこの数年間で十二分に分かったのだが――、

「また考え事? ……置いていってもいいならそうするけれど」
「……あ、すまん」
“吸血鬼の目を剝かせる為には致し方ないですが、やはり身を切るような思いでした”――そんな主人の小さな呟きを思い返しつつ、彼は数メートル先で振り返った同行者を駆け足で追いかける。
 ……知り合いに会うため、早朝から里の外へと足を運んでいた。
 同行者もその知り合いの一人だった。「別にいい」と、先程にべもなく断られてしまったのだが。

 朝早いというのに、冬空は灰色の雲で満ち満ちていた。
 白と枯れた緑の中を往く。
 冷え込んだ空気を飲み込む度に、喉が凍てつくような感覚に襲われる。水筒の中に入っていた熱い茶は、里を出て未まだ一時間もしていないのに殆ど無くなっていた。
 借りて来た/着た防寒着の上から背筋を侵す寒さを紛らわす為に、彼は近付いて来る同行者の背中に声を投げる。

「助かるよ、妖怪に襲われるとどうしようもないから、里の外に出る時は用心棒を必ず連れて行くようにって阿求さんに言われているんだ。だから偶々通りがかってくれて助かった――同行を引き受けてくれた事も感謝してる。だって帰り道は飛んでいけば一直線だろう?」
「礼も謝罪も要らないわ、友人の頼みは快く聞くものらしいし。可能な範疇で」
 振り返らずに同行者は続ける。
「それに私も道連れが欲しかったのよ、飛んでいくなんてこの雪景色に失礼だわ。勿論ちょっと遠回りにはなるけれど、偶にはこういうのも良いものよ。というか一応私も妖怪なのだけど。捕って喰われるかも、とは思わないの? ……ずずっ」

 鼻をすする同行者。
 寒さは苦手、そう言った彼女の鼻頭は真っ赤だった。
 その割に雪景色を見て回りたいというのだから、中々可愛らしい所があると彼は思う。
 ……こんな事を本人に言ったら殺されてしまいそうだが。
 漸く追いつき、隣に並んだ彼は苦笑する。

「俺を“友人”って言う人が俺を殺すとは思わない。それに君はどうも、俺を殺したり食べたりする事に異議を見出していないらしいし。だから殺されたら、まぁ……自業自得だ。そこまで機嫌を損ねた俺が悪い。……でも一応、釘を刺しておく。どうか食べないでくれよ、阿求さんに“私が死ぬまで死ぬな”って言われているから。縁起でもない言葉だけどさ」
「存外肝が据わっているわよね、貴方。あとは、在り方が人間の癖に生意気というか、生きていたいのか死にたいのか不鮮明というか。そういう所が気に入ったんだけど……おや」
「どうした?」
「探し人はあちらかしら」
「……、多分。あの目に悪い光のパターンには見覚えがある。あと、あの止まる弾幕にも」

 ――少女達の囃し立てるような叫び声と、何かが弾ける綺麗な音がする。
 ちらりと視界の端に見えた花火のような光を目指して歩いている内に、いつしか森を抜けていた。足を止めた同行者を追い越し、見えてきた景色に暫しの間、目を奪われる。
 森を抜けた先には半分以上、凍りついた湖があった――霧の湖と、そう呼ばれている。
 そして凍て付く霧の奥には、微かに見える巨大な建造物がある。ちょうど湖の中央付近に浮かぶ小島、その湖畔に建つ紅い、吸血鬼の住まう館。クリスマスパーティーの会場、紅魔館だ。
 けれど目を奪われたのはそちらではなく――、

「――何時見ても綺麗だ」
 ……そんな風景をバックに、二人の少女が光弾舞い飛ぶ宙に浮かび、氷霧の中を踊っていた。
 弾幕ごっこ、というものがある。
 それは幻想郷における公的な決闘の形。少女同士が互いの知恵と技、力を比べ、競う場所。
 決闘なんて仰々しい言い方より、競技と言った方がいいのかもしれない。
 だって興じている黒と青の探し人達はとても楽し気に、そいでいて無邪気に笑っていて――真下で二人に声援を飛ばす小さな妖精/観客達も、同じ類の笑みを浮かべている。

 ――よくも、こんな平和な決闘(おあそび)を考えついたものだと思う。
 ともあれそんな幻想的な景色に目を奪われ、呆ぼうと眺めていると――急に後ろから防寒着の襟を掴まれ、後ろへ引き摺り倒された。
 当然、その下手人は同行者の少女だ。

 仰向けに倒れた自分を赤い瞳で見下ろす彼女に“一体何を”と、その意図を問おうと口を開きかけ――直後、先程まで自分が居た場所に、少女達の方から飛来した鋭い光弾が突き立った。
 衝撃が積もっていた雪を吹き飛ばし、その下にあった地面は乱雑に抉れている。
 吹き飛ばされた雪をぼすん、と頭に乗せた彼の口から言葉が零れ落ちた。
「――死ぬかと思った」
「確実に死んでたわね、私が助けなかったら」

「というか、弾幕ごっこってあくまでごっこ遊びなんじゃ……?」
「えぇ、人外のお遊びよ。あなたみたいな常人なら、当たり所が悪いと死ぬけどね。あと、死んでも大丈夫な奴に対して手加減する莫迦はいないし。勝負だもの、全力の方が楽しいわ。だから流れ弾には努々気をつけなさいな。私もそうなんだけど、弾幕ごっこの最中ってね? ――相手の事しか見えなくなっちゃうから」
 くすくす――目を細めて楽しそうに微笑む同行者に、彼のぞわりと背筋が総毛立つ。
 ……彼の主人は確か、この少女の事を“危険度:極高”なんて自身の書物に記していたが――その片鱗を今、垣間見せられた気がした。
 そして赤と白のチェック柄のマフラーを首に巻いた寒さの苦手な花妖怪――風見幽香は、倒れた彼が自分で起き上がるのを、愛用の傘を杖のように雪の上に突き、嗜虐的な笑みを浮かべながら見ていたのだった。










 それから暫しして、弾幕ごっこは決着を見せた。
 一度見れば記憶に焼き付いて離れない程衝撃的な、目に悪い極彩色の弾幕に撃ち落とされた青い少女が、氷の翼をかちかちと打ち鳴らしながらぶすくれた様子で逆さまに湖へと墜落。水面に張った薄氷を割り砕いて、派手な水音を上げながら水面に沈んでいく。
 では勝者である周囲の空間に闇を侍らせた、黒い少女はというと――観客の賞賛の声に応えるべく振り返った少女の赤い眼が、その観客の中に混じって見物をしていた彼を捉えた。
 にぱっ、と見た目相応の無邪気な笑みが少女の顔に浮かんだ。空を蹴飛ばして、一直線に彼の方へと飛んで来る。
 そのスピードに反して、少女の着地は静かだった。減速に合わせて純黒のスカートの裾がひらりと揺らめく。彼の目の前に降り立ち、頭を左右に振って乱れた金髪を乱暴に整える。
 それから自然な動作で、少女は有無を言わさず彼の右手を取った。

「お兄さんおはよう。――挨拶ついでに食べていいよね?」
「痛っ」
 挨拶の直後にノータイム、かつ問答無用で人差し指を噛まれた。

 甘噛み、どころではなかった。肉を食い破った歯はそのまま奥に隠れていた神経をぎこぎこぎこ、と鋸のように荒々しく刻んでいる。
 流石は人喰い妖怪ルーミアである、躊躇も容赦もない。
 ぐぐぐぐぐ――と、指を離すまいとするルーミアと、彼女の口の中から指を引き抜こうとする彼の間で綱引きのようなやりとりが暫し、行われる。
 ……結局、彼の隣にいた幽香が額に青筋を立ててルーミアへ殺気を向けるまでその攻防は続いた。
 その巻き添えを喰らった観客が、蜘蛛の子を散らすように退散していく。
 後に残ったのは彼ら三者だけだった。

 幽香の脅しに屈する形で渋々ルーミアが、突き立った歯を外して彼の指から口を離すと、つぅー、と真っ赤な粘ついた糸が、彼女の唇と彼の指先の間にかかった。
 それに気付いたルーミアは、親指の腹で唇の上をなぞるように拭って糸を払った。
 汚れた親指にぺろりと舌を這わせ、赤色を唾液と混ぜて舌先で絡め取る。
 ……見た目こそ年端もいかぬ童女だが、その中身は数百余年を生き抜いてきた化生である。
 仕草が妙に艶めかしいのはそのせいだろうか、と適当な事を考えて痛みを紛らす事に努める。
 ぽたぽたと、彼の指先から滴り落ちる血液は粉雪の上に鮮烈な赤を描いていた。

「うぇ。……不っ味い」
「第一声がそれか」
 べー、と血だらけの舌を出しながら言うルーミアだった。
 食われ損の彼としては非常に複雑な心境である。逆に“美味しい”と言われても反応に困るが……。
「というか不味いって言うなら、いつも味見味見、って出合い頭に噛み付くのはやめないかい? ルーミアちゃん」
 おかげで手が傷だらけだ、と噛み傷の痕跡が目立つ右の手を、ルーミアの目の前でぶらぶら揺らしてみる。

 ――がちん、と人喰いの口が冷たい空気を齧り取った。
 ……あわや、手の一部を食い千切られるところだった。

 咄嗟に引いた手にしっかり、五指が繋がっている事を確認してから胸を撫で下ろす。自分の身は大切に、そう阿求から言付かっている身としては、単に噛みつかれるのなら兎も角、躰に治せない傷痕が残るのは避けたい所であった。
 消毒液をかけ、包帯を指に巻いて応急処置を施していく。
 ……人外と接する機会が多いと、必然的に怪我が増える。
 それに彼の主人は躰が弱い癖して中々アグレッシブな性格をしているので、習慣的に、応急手当に必要な道具を持ち歩くのが癖になっていた。

 しゃがんで救急箱を鞄へ仕舞っていると、ルーミアが顎を頭に乗せ、後ろから首に手を回す。
「だからさっさと美味しくなってよ、お兄さん。お兄さんが私を恐がってくれたら、きっとちょっとくらいは美味しくなるからさ」
 味以外は完璧なんだし、などと凄まじい事をのたまうルーミア。
 振り返って、誤魔化すように彼がその金髪頭をぽふぽふ撫でてやると、嬉しそうに顔を綻ばせる。
 ……本当に、考えている事が良く分からない。
 価値観の相違、という奴なのだろうか。
 ――そりゃあ人間と妖怪では、価値観なんて天国と地獄程の違いがあるのだろうけれど。

「そういえば、さっきの弾幕ごっこの相手って――」ふと思い出し、質問を投げる。
「あれ、氷精あいつと知り合いなの? お兄さん」
「それなりには――というかさっき墜落して、湖の中に沈んでいったけど大丈夫なのかい。死んでも閻魔に叱られる程度だそうけど」
「妖精の命は紙より軽いしねー。……そら、心配の相手が見えたよ? お兄さん」

 噂をすれば、とでも言うのか。
 ざぷん。と近くの水面で水が跳ね上がる音がした。
 続いて荒い息継ぎの音。きち、きちり――少女の背中から生える氷の羽の表面に付着した水分は凍て付き、羽の大きさが増していく。そんな少しだけ不快な音が鼓膜を叩いている。心なしか、その少女の登場に合わせて周囲の気温が下がったような気がしていた。
 濡れた衣服に水面から上がった少女の指先がすっと触れると、一瞬でその服が乾いた。
 ――否、凍り付いたのだ。
 凍った服を一挙手一投足に合わせてぱきぱき鳴らしながら、少女は空中を滑るように、ルーミアと彼がいる方へ寄って来る。

「あー、負けた負けた。湖に墜ちて頭が冷えたし、今ならどんな問題にだって答えられそう――んぉ? あれ、アンタ何でいるの? というかお久しぶり? アンタの主人って大の妖精嫌いだから、会いに来てくれるなんて思っていなかったわ!」

 にへ、と笑った氷精チルノは無邪気に、蒼い粒子を振りまきながら彼の周囲を飛び回る。
 ひらひらと青いスカートが揺れるたび、白い素足が煽情的な角度で彼の網膜に突き刺さる。
 それから気配を感じたチルノがふと、視線を横に滑らせて――はー、と真っ赤な手に白い吐息を吐き掛けていた幽香の姿を視界に捉えた。

「げ」
「……………………、あら、そこにいるのは木っ端妖精じゃないの。久し振りね。元気かしら」
 幽香が声を出すまでには数秒の時間が空いた。
 というのも、初めは無視するつもりだったのだろう。しかしチルノがずっと幽香を見ているものだから、仕方なく反応したといった形だった。

 ……ここにだけ着目すれば、構われたがりの子供の面倒を見る心優しい女性と取れない事も無い。
 実際に始まったのは言葉のドッジボール大会だった。
 幽香ってば大人げないなー、とルーミアは呆れ顔だ。
「今の今までは元気だったわ。そしてその木っ端妖精に負けたのはどこの誰だっけ!」
「手加減されている事に気付けないのも才能かしら。……単に莫迦なだけか?」
「強敵というより標的だって? ふざけやがって~」
「誰も言っていないわよ。聞いてもいないけど」
 ……放っておけばこのまま半日くらい、皮肉の応酬を繰り広げていそうな二人の間に割って入る。
 興味を無くしてそっぽを向いた幽香を暫く、チルノは睨んでいたが――。

「……まぁいいわ、恐れをなして逃げたという事ね!」
「あ゛?」
「ひ。……ちょ、ちょっとアンタ。アンタが連れて来たんでしょ。なんか仲良いって聞いたし。何とかしなさいよっ」
 ぐるんと首を振って振り返った幽香のドスの効いた声に、チルノはすっかり怯えていた。
 ……チルノが下手に挑発したのが悪いのだが、事態を収集させねばロクに話も出来ない。
 彼は遊びに来たのではなく、彼女ら二人をパーティーへと誘いに来たのだから。

「幽香、その辺にしてあげてくれ。チルノも謝ろう?」
「ぐ、……ご、ごめん……なさい」
「……………………、いーわよ別に。どうでも良い」
 あらぬ方向を向いたまま、幽香は適当に応える。
 面倒臭くなって放り投げたようにも、又は、拗ねたようにも見えた。

「……お兄さんお兄さん」空中に浮いて彼と視線の高さを合わせたルーミアが、小さく彼へ耳打ち。
「何?」
「後で幽香の機嫌取らないと殺されちゃうかもよ」
「え」
「完全に巻き込まれただけだからお兄さんにとっては理不尽だけどね。女って怖いのだー」
「……何が何だか分からない」





     ※ ※ ※






「紅魔館でクリスマスパーティー……。いいよ、暇だし行ってあげる。チルノも大丈夫かしら?」
「どうせ予定なんてないしねー。というか今はちょっと“一回休み”中だからいないんだけど、もしクリスマスまでに戻って来ていたら、大妖精を誘ってもいいかしら? あいつもアンタの知り合いだし」
「あ、それなら私も伝えておくよお兄さん。ミスティアと、リグルと、……わかさぎ姫は、わかさぎの癖に冬眠中だから無理だろうけど」

 そのようにして、ルーミアとチルノは快く彼の申し出を受けてくれた。
 ――湖畔にあった倒木の上に腰かけ、話している。
 彼の両脇にはルーミアとチルノの姿があった。
 そして一人二人分、スペースを空けた離れた場所に幽香が腰掛けている。
 お兄さんが味方してくれなかったせいで拗ねていたのだろう、というのは後のルーミアの談である。

「正直助かるよ。人の足で回るには幻想郷、大分広いから」
 例えば幽香やこの二人のように飛行出来る者に力を借りて飛び回る、という手段もあるものの――まさか大の大人が、見た目小さな少女達の腰にしがみ付く訳にもいくまい。
 ともあれこれで二人はパーティーへの参加者が増えた形になる。賑やかしを増やしてくれ、という彼の吸血鬼の意向に沿うにも、十人位は誘っておきたいところだった。

「……それにしても、本当にいいのか? 幽香」
「何度も聞かないで頂戴な。気が変わって途中で貴方を放り投げてしまうかもしれないわよ」
「放り出されるのは困る……いや、放り投げる?」
「空から」
「空から?」
「持ち上げて」
「持ち上げて」
「冗談よ」
「冗談に聞こえない」
 真顔で放たれた末恐ろしい言葉に、ばくばくと鳴る心臓を服の上から抑えつける。
 高いところから放り出されるのは嫌だった。彼は高いところが苦手なのだ。
 飛んで知り合いの下を回る、という案を却下したのも実はそれが理由だった。
 例えば知り合いの白黒魔法使いなんかに力を借りれば、別に腰にしがみつかずとも飛び回れるのだし……まぁ、タクシー代は取られるだろうが。

 ――幽香は今日からクリスマスまでの数日間、里の外を出歩くつもりの彼へと、その期間中の同行を申し出ていた。
 ところで、里にまで届く彼女の噂は凄まじいものばかりである。極悪非道の残虐志向、綺麗な薔薇には棘がある――等々。
 話してみれば花を愛でる事が何より好きだと語る心優しい少女だと、きっと分かってくれるのだろう、しかしながら、自分のようにひょいひょい妖怪に近付いていく人間はあまりいないと彼はこの数年で知っている。だから誤解が浸透している事を非常に心苦しく思っていた。

 ともあれ実力は折り紙付き、そんな用心棒を獲得した訳だが――どういった心境の変化だろうと、彼は思案する。
 彼は彼女にとってあくまで太陽の畑への道連れだった筈であり、彼自身もそうだと考えていた。
 しかし“私と別れた後はどうするつもりだったのだ”、と言われてしまってはどうしようもない。
 ……実際何も考えていなかった、確かに幽香と別れてからは単独行動になる――もしもその間に妖怪に襲われれば、彼は確実に命を落とすだろう。それは彼の主人である阿求の望む所ではない。
 ――無計画な自分に気を遣わせてしまったのか。
 そんな考えに没頭する彼の頭を、チルノががくんがくんと結構勢い良く揺さぶっていた。

 一方腰を上げたルーミアはというと、彼が何時も通り自分の世界へ没入し、こちらの言葉が聞こえていない事を確認してから幽香へ言葉をかける。
「どういう風の吹き回し? 傍若無人が服を着て歩いているようなお前が、自分の都合以上に人の事情を優先するなんてね。というか同行なら私やチルノにだって出来ると思うのだー」
「ふん。……まぁそこの木っ端妖精は置いておくとして、貴女なんかとコイツを二人きりにしたら、貴女はどうせコイツを食べようとするでしょう? あの手この手で“美味しくしようとしてから”、ね。それは望むところじゃないの。――コイツを怖がらせるのは、他でもない私よ」
「あら? まだ初対面の時の事、根に持ってるのね。あと同行者が一人って決まりは無いと思う」
「二人も要らないわ。――それとも、私に挑むつもりかしら」
「……残念。流石に勝てないから諦めるとするわ」

 肩を竦め、白旗の意味で両手を上げたルーミアの額には、幽香の握っている傘の先端が突きつけられていた。
 ぴりぴりと空気に凍て付く緊張感が満ち満ちる感覚に、彼の意識がはっと呼び戻される。
 チルノなど、二人の真剣な表情を見てぎょっとしている彼の背中に隠れてぷるぷると震えていた。

「――じゃあさ、降参ついでに一つだけ聞いていい? 結局、何でこの人の都合を優先したのさ。“友人”止まりのこの人の都合をさ。長い目で見ればいくらでも替えなんて効くでしょう?」
「……それは、」
「あ、待って。予想するから。えっとえっと」
 幽香の言葉を遮って暫し考えを巡らせた後、ルーミアは手をぱしん、と叩いて笑った。

「――もっと構って欲し」
「それじゃあ決闘開始ね、拒否権はないわ。――さっさと死になさい」
「問答無用なのかー!?」
 ちゅどーん、という冗談みたいな音と共に傘の先端から黄金色の光線が放たれた。





 そうして始まった弾幕ごっこの結果は語るまでもない。
 取り敢えず、ルーミアはクリスマスまで永遠亭で安静を余儀なくされたそうだ。
 そして流れ弾ならぬ流れ光線で吹き飛ばされたチルノは一回休みと相成った。
 幽香曰く“狙った”らしい。
 ――それと、彼へ流れ弾が飛んでいく事は一度も無かった。












 ・感情一覧表

 阿求:慕っている相手
 小鈴:知り合い
 幽香:友人
 ルーミア:食欲の対象
 チルノ:近所のお兄さん






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。