めだかボックス■相良紫音は面白おかしく生きてみたい。   作:狐花
<< 前の話

3 / 3
生きることは空虚だと僕は思う。
いつからそう思うようになったのか、僕自身あまり覚えてはいない。
ただ漠然と、空っぽでつまらない人生を歩んでいく気がしていた。
だからこそ(・・・・・)、僕は自分の生きる意味を知りたいとも思った。
現在、二つだけ見つかってはいる(・・・・・・・・・・・・)けれど、きっとそれだけじゃないはずなんだ。


もっともっと僕は知りたい。


世界は無価値で、
未来は未知数で、
現実は理不尽で、
生きることは空虚だけれども、
そんなことがどうでもいいってなるくらい、
僕は楽しく生きてみたい。
そして、生きる意味を見出したい。
どうせいつかは死ぬんだから、その時に生きててよかったと思いたい。



だからさ、もっと僕を楽しませてよ。
そうすれば、もっと生きる意味を見つけられるから。
もっと、みんなと楽しく生きられるだろうから。










あ、でもめんどくさいのは勘弁して下さい。お願いします。



第2箱:空虚な僕

南校舎_第四会議室

まぁ、結果だけ言ってしまえば“つまらない”の一言に尽きると思う。
あれだけ威勢の良かった先輩達は、その殆どが気絶。
残りは痛みで倒れていたり、呻き声を上げている。

………いや、僕そんなに強く殴ってないはずなんだけど。
やっぱり、的確に人体急所狙ったのが拙かったのかなぁ?
あ、因みに一対十数人で喧嘩して、僕はほぼ無傷です。
これはドヤ顔してもいいんじゃね?

「うっわー、みんないったそー☆ でも、流石にこれはやりすぎなんじゃない?」

いつの間にか教室の後ろに移動しいていた袖ちゃんが、こっちに来ながら言う。

「あ~、そうだね。流石にやりすぎちゃった。保健委員呼んどいてくれないかな?」

ほぼ無傷とは言え、流石に疲れたから適当に答えを返す。

「えー?いいけどなんか奢ってよね☆」ピポパポ

そう言って携帯をイジる袖ちゃん。
図々しくないかとかツッコミたいけど、ここは黙っておく。

「じゃ、おねがいしまーす♪……ほい、呼んどいたよー」
「うん、ありがとう。」
「それにしても、すごかったねー♪先輩達の死角から急所を狙って、バッタバッタ倒しちゃうんだもん☆」

にやりんっとした顔で言ってくる袖ちゃん。
さっきのを見て分析でもしたのかな?
てか、いつまでニヤニヤしているんだろう……

「しかも先輩達、死角に移動してる紫音に気付いてなかったみたいだしさー。なんてーの?瞬間移動みたいに目の前から消えたみたいなー」
「………」

……あの短時間でそこまで理解したんだ
流石と言えばいいのか、目敏いと言えばいいのか……
まぁ、正直そんなのはどうでもいいんだけどさ。

「ふぅ、そんなことより袖ちゃん。何奢ればいいの?あんまり高いのとか、大量に頼むのだけはやめてね」
「……んー?じゃあ、焼肉ね!食べ放題でいいよ!」

食べ放題でもまあまあすると思うんだけど……
懐に余裕はまだあるけどさぁ

「了解。んじゃ、行こうか!」
「おー♪」






………………


とりあえず、誤魔化されてくれた(・・・・・・・・・)かな?
まぁ、問いただそうとか、深入りしようとかは思ってなかったみたいだしね。

別に僕のスキルがバレるのとかは、全くもって気にしてないんだけど、
でも、今はまだその時じゃない気がするんだ。
それに、バラすならもっと面白くなるようにバラしたいじゃん。



……さて、切り替えていかないと。
久しぶりの焼肉だしね!
楽しんでいこう!







~~~~~~~~~~~~~~~~

次の日の朝

朝食中になんとなくツイッターを覗いてみたんだけど………



【生徒会役員募集会で起きた騒乱!】

役員募集会に参加していた特待生の内、約半数が保健室送りにされました~
なんと!それをやったのがあたしと同じ、普通科の一年生だって言うんだから驚きだよね~☆
因みに、あたしじゃないよ!現場にいたけど!
なんなら、そいつクラスメイトだけど!
これ以上は守秘義務の為、言えないけどね!
別に、焼肉奢ってもらったりしてないからね!
イニシャルがS,Sだったりしないからね!
以上、不知火の学園情報でした♪



「………」

まぁ、こうなるとは思ってたけどさ
名前が出てないだけマシだと思おう。そうしよう。

……イニシャルS,Sって他にいるかなぁ?



そういえば、善吉は生徒会に入ったみたいだ。
どうせ、めだかちゃんにお前が必要だって言われて堕ちたんだろうけど。
ま、僕の分まで頑張ってね。


さてと、早く食べないと遅刻するな。
僕は朝食を片付けて家を出た。





























――――――――――――――――――――――――――――――


腑罪証明(アリバイブロック)」発動


「ははは、流石に僕も驚いたよ。まさか紫音くんがあれ(・・)を完成させてたなんてねぇ。
まったく、封印されてるとそーゆーのに疎くなっちゃうぜ☆
これは面白くなりそうかな?
期待してるぜ?紫音くん?」





「あ、そうそう
僕が出てきて驚いてるかもしれないけど、安心しなさい。
紫音くんが僕の端末(ぼく)ってわけじゃないから。
それじゃ、またね」



ペースを上げたいのに上げられない狐花です。
結局月一投稿になっている現状……
それでも見てくれている人がいると思って頑張ってます。

さて、今回はいかがだったでしょうか?
楽しんでいただければ幸いです。
色々フラグが立ってますが、気にしないでください。
全部回収できるかわからないのでw(しないとは言ってない)

それでは次回もお楽しみに。
できるだけ早く投稿できるよう頑張ります。






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。