かつてこの都市は後に近界民と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。

こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めた時だった。

突如、現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。
 
『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』

近界民の技術を独自に研究し、こちら側の世界を守るため戦う組織、その名を界境防衛機関ボーダー

彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えたて三門市は少しずつ安寧を取り戻した。



これは1人の目が腐った少年の話

読者層が似ている作品

やはり俺が綾辻遥の義理の弟であることはまちがっている。(作者:haruto5234)(原作:ワールドトリガー)

▼4年前、この都市は後に近界民と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めたその時だった。▼突如現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究しこちら側…


総合評価:462/評価:5.69/話数:9話/更新日時:2016年11月30日(水) 15:40 小説情報

やはり俺が太刀川隊に所属してるのは間違っていない(作者:ナインハルト)(原作:ワールドトリガー)

かつてこの都市は後に『近界民』と呼ばれる異世界からの侵略に晒された。 ▼こちらの世界とは違う技術を持つ近界民には地球の兵器の効果は薄く、誰もが都市の壊滅は時間の問題だと思い始めた、その時。 ▼突如、現れた謎の一団が近界民を撃破しこう言った。 ▼  ▼『こいつらのことはまかせてほしい。我々はこの日のためにずっと備えてきた』 ▼近界民の技術を独自に研究し、『こち…


総合評価:2187/評価:6.74/話数:86話/更新日時:2016年11月20日(日) 23:04 小説情報

【改稿版】 やはり俺の灰色の脳細胞は腐っている(作者:近所の戦闘狂)(原作:ワールドトリガー)

前作の改稿版です▼ヒッキーがボーダーでの人間関係を通して人として成長していく物語です。▼多分二話あたりから「あれ? 前と違うぞ?」って感じ始めると思います。▼不定期&亀更新です。▼評価バーが5を下回らない限りエタりません。


総合評価:1013/評価:6.80/話数:7話/更新日時:2017年09月08日(金) 22:36 小説情報

俺ガイル×ワールドトリガー (作者:るょー)(原作:ワールドトリガー)

4年前、この街にネイバーと呼ばれる怪物が現れた。▼突如現れたこのネイバーと呼ばれる怪物には普通の兵器が効かなかったのだ。▼誰もが世界の終わりを覚悟したが、謎の一団、のちにボーダーと呼ばれる組織がこれを撃退した。▼ボーダーは、ネイバーに対する防衛体制を整た為、▼依然として門から近界民が出現するにも関わらず、この街に住む人々は今日も平和に暮らすことができている。…


総合評価:1845/評価:5.97/話数:97話/更新日時:2017年02月23日(木) 00:00 小説情報

特別S級隊員比企谷八幡(作者:ケンシシ)(原作:ワールドトリガー)

眼の腐った特殊なS級隊員の少年の物語▼9/10 比企谷八幡のステータスを変更しました。


総合評価:1901/評価:6.21/話数:59話/更新日時:2017年03月03日(金) 20:27 小説情報

やはり俺がA級隊員なのは間違っている(作者:mowさん)(原作:ワールドトリガー)

A級隊員としてボーダーに所属する比企谷八幡。▼ボーダー隊員としての彼の青春ラブコメはやはり間違っているのだろうか。▼※この作品は改稿前の作品です。改稿版はユーザページからご覧ください▼こっちも更新ペースは遅めですが、たまに投稿したいと思います


総合評価:3083/評価:6.42/話数:54話/更新日時:2017年09月09日(土) 00:36 小説情報

やはり俺が働きまくるのはまちがっている。(作者:きょ〜ん)(原作:ワールドトリガー)

大規模侵攻により両親を失った八幡と幼馴染みの瞳子。▼二人はボーダーに入隊した。▼そして今、彼らは高校二年生となった。▼これは異世界からの侵攻を受けてもなお前を見ながら進もうとする男女の物語である。▼基本は毎週月曜の更新となります。祝日とか関係ありません。▼ストーリーが溢れ出てきた時のみ月曜と木曜の更新となります。


総合評価:511/評価:4.67/話数:24話/更新日時:2017年07月05日(水) 11:38 小説情報

目が腐ったボーダー隊員 ー改稿版ー(作者:リア03)(原作:ワールドトリガー)

T県三門市に突如開いた異界からの門から現れたネイバーと呼ばれる異界からの侵略者によりたちまち街は蹂躙された。▼しかし「ボーダー」と名乗る組織により街は救われた。▼そしてそこで働く目が腐った少年、比企谷八幡の物語。▼前作、「目が腐ったボーダー隊員」のリメイクです。大元はあまり変わらないです。キャラ崩壊、ご都合主義にはご注意下さい。できるだけ原作通りに進めていき…


総合評価:4723/評価:7.73/話数:49話/更新日時:2017年09月01日(金) 02:13 小説情報

やはり俺がボーダー所属でA級部隊の隊長なのはまちがっている。(作者:貴竜のペンデュラム/アラン)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

今から4年前、この街は「近界民(ネイバー)」と呼ばれる怪物に侵略された。▼「近界民」には、銃や戦車のような普通の武器、兵器が効かなかった。▼誰もがこの世の終わりだと諦めかけた時、突如として現れた謎の集団が「近界民」を倒してこう言った。▼「こいつらのことは任せてほしい。我々はこの日のために備えてきた」▼「近界民」の技術を独自に研究し、「近界民」に玄界(ミデン)…


総合評価:427/評価:3.00/話数:20話/更新日時:2017年08月07日(月) 11:09 小説情報

やはり俺がチート部隊の隊長をするのは間違っている(作者:サラリーマン)(原作:ワールドトリガー)

近界民(ネイバー)から三門市を守る組織、界境防衛機関(ボーダー)そこに所属するある一人の目が腐った男の物語▼*注意*▼作者は文才がないので相当変な感じになると思います。あと登場キャラの口調などこれじゃないだろ!となる箇所がいくつもあると思いますが笑って許してください!▼それでもいいならどうぞ


総合評価:669/評価:3.71/話数:45話/更新日時:2017年08月29日(火) 00:00 小説情報