Fate/kaleid liner リリカル☆イリヤ   作:やくびょうがみX
<< 前の話 次の話 >>

225 / 260
前に新しい家ってサブタイトルありましたね。被ってますね。まぁ言葉は違うしいいかな


『新居』

みんなでミッドの街を歩いていく
買い物は済ませてある

「なぁシュテル、それなんだ?」

ずっとシュテルが大事そうに抱えてる物が気になってた。なんなんだろうか

「ダーリンが写ってる抱き枕です」

「へぇ...はぁ!?」

嫌だ!気持ち悪いんだけど!?

「毎日これでオ「止めろぉ!」...ナ「止めぬか!」...」

ディアーチェに怒られてやっと言うのを止める。すみません運営さん全部シュテルが悪いんで!

「あの大きい家なぁに?」

「みんなの家だぞ~」

「おぉう!おっきい!」

タッタッタと走って家の所まで行くヴィヴィオ。まだ警報器は機動させてないからヴィヴィオが入っても鳴らない。というかヴィヴィオは登録されているし
中に入る

「広い!」

「六課ほどじゃないけどな」

「家と言うよりお屋敷じゃ?」

...まぁそうですね。

「ヴィヴィオのお部屋は?」

「まだ決まってないぞ。これから決めるんだ。床とかは安心してくれ。まず家の強度はヴィータに叩いてもらって確かめてある。ゼロでスキャニングも済ませてあるからな。脆い所はないはずだ」

「では私は総刃の隣の部屋に」

「ズルい!」

「何がズルいですか。貴女は負けた身でしょう?」

「くっ!」

みんな負けたからか何も言えないようだ

「ルヴィアさんの家みたいだね」

「確かに...それより一回り大きい?」

「これ掃除どうする訳?」

「俺とシュテルと美遊、あと予定だけどディアーチェにも手伝ってもらおうと思ってるけど...」

チラッとディアーチェを見る。目が合うと

「構わん。この身は小烏の能力を写しておる。故に掃除も料理もできる。...癪だがな」

「ありがとう」

笑顔で返すと何故か顔を背けるディアーチェ
もしかして恐い顔だったとか?

「じゃあ部屋決めるわよ」

「まず総刃君とシュテルちゃんのお部屋決めないとね。その後に私達だね」

無難に2階の直ぐにした。端っこな為横はシュテルだけ...俺いつか喰われるんじゃ?

「総刃...1つ聞かせてもらいたいのですが」

「なんだ?」

「貴方は"したい"のですか?"したくない"のですか?」

うわぁ、すっごく悪い表現、無視しよう

「ヴィヴィオの部屋はシュテルの隣にしとこっか」

「パパと同じは?」

「うーん、大きくなったら困るからダメ、一人がいいって時もあるだろ?」

「分かった」

其々部屋を決めていく。決まった部屋にその人の荷物を置いてまた移動する。ちなみにエンデは旅に出た。なんでも新しい事探すとの事でレイドと共に、また戦おうと、その時は殺し合いじゃなくちゃんとした試合でと。スカリエッティは管理局の技術者に、それはもう猛威を奮っている。偶に変なのを作るがそれも意外と使える物だったり、他のみんなは元の仕事に
あ、それと部屋を決める順番はジャンケンで決めている

「一通り置いたかな」

「うむ、ご苦労であった」

「じゃあ一旦集まろうか。」

食堂に集まる。まだ晩ご飯を食べていない

「それじゃ家庭内ルールを決めよう!」

「またそれ?もう適当でいいんじゃない?」

「ダメだよ、お風呂とか一緒になったらどうするの?」

「あら、イリヤはソウとお風呂に入りたくないの?」

「うっ」

なんて話をしてるんだ
ディアーチェと美遊でハンバーグの用意をしている。今日はユーリの好きなハンバーグ、お好みでソースも作るか

「それじゃあ逆に聞くけどソウと一緒になってもいいの?」

「ええ、前にも入ったわよ?」

「聞き捨てなりませんね」

「...」

「...」

「そういえばなのはママとフェイトママもパパと一緒に入ったよね?」

ギクッとなる2人、そして3人に睨まれる

「あれはヴィヴィオが入りたいって言って」

「ヴィヴィオのせいにするんだ。でも嬉しかったでしょ?」

「うん♪...あ」

またジト目で視線が集まる。今度はアリサとすずかもだ

「でもイリヤも私も一緒に入った事はある」

食器を持ってきて口を挟む美遊

「へ?」

「本当なの?」

「い、いつの事!?」

「クロが衛宮家の家族になる前」

「あー、あの時、でもあれはママが」

「言い訳しないよイリヤちゃん、自分の事棚に上げて言うなんて酷いよ」

何話してんだか。そろそろ人数分できるな

「はい、みんなに配って」

「そういえば結婚したのにパパの苗字が衛宮なのはなんで?」

「名乗りやすいからだって。戸籍上は高町になってるよ」

「...あれ?そういうのって男がする物じゃ?」

「ヴィヴィオの苗字は高町がいいからって」

なんかそうしないといけない気がしたんだよ

「なんか夢みたいだね。こうしてみんなで一緒に暮らせるなんて」

「やめろよ、本当に夢だったらどうするんだよ」

「じゃあせーの」

「いただきます!」みんな

「美味しいです~♪」

「それは良かった...ユーリってヴィヴィオの次に可愛いよな」

その一言でレヴィ以外の箸が止まる

「ふ、ふぇ!?///」

「総刃君、ロリコンだったの?」

「いや子供みたいで可愛いって意味だから。別に女としてじゃないから」

「そうですよね。私なんていつまでもちっさいまま、私を好きになる人なんて」

「わぁあああ!俺は好きだからな?」

「じゃあ抱いて下さい」

「どこでそんな事覚えた...」

「シュテルに借りた小説で!」

官能小説か!?なんて物読んでるんだシュテルは!そういえば美遊とシュテル、ディアーチェは読書が好きだったな

「みんな食べないの?」

「食べてられる状況じゃないんです」

「?」

「れ、レヴィは総刃の事が好きですよね!?」

「僕?総刃の事好きだよ?」

また変な事言う...
ちなみにテーブルの座ってる位置は
□ヴなフイ美ク
総□□□□□□□
□シレデユアす
だ、後3人分残っている。まぁ増えないだろうが

そして食べ終えると食器を洗う。この量だ。ちゃんとこまめに洗っておかないと一気に食器が溜まる
其々部屋に戻ったりお風呂に入ったりとしている。みんな順応早いな
まぁ部屋の見取り図はみんなのデバイスに送ってあるし。そうそうユーリにはデバイスはないがエグザミアが通信機能の役割をしてくれている。今日は特別にヴィヴィオと一緒に寝た。これから偶に寝る事に、

だが総刃は思いもよらなかっただろう。自分が新たな戦いに巻き込まれる事を



なんか一番消されそうな回だなぁ...運営さん許して!ハッキリ言ってないしオナカスイタとかかもしれないし!もし消えたら悪いやり取りだけちょっと言葉変えます
増えないだろうが?...フッフッフ、それは思い込み!実は増やす予定w
座ってる所の変なのは名前の頭文字です。ただヴィヴィオやシュテル等拗音がある人はヴィヴィオの最初のヴだけとってます
次からはStaynight編ですよ~。でもまだ兄貴と戦ってない...長くなりそう。
最後に寝たい、でも眠れない...