生物兵器の夢   作:ムラムリ
<< 前の話 次の話 >>

5 / 36
5. 淘汰ミッション 3

 片目を担いで戻ると、別に散った四体の方の内の二体、痩身と悪食も片目と同じように倒れていた。
 血を舐めてしまったのは同じらしかった。
「嘘よ……。負けるのはともかく、一体も殺せていないなんて……。
 ……もしかして、ファルファレルロと戦った事自体あったんじゃないの?」
「いや、俺の知る限りじゃ無いな。だからと言って何だ? どっちにせよ、こいつらの方が圧倒的に上なのは確かだろう」
「嘘よ……」
 未だに信じきれない女に対して、その男は告げた。
「タイラントと戦った事はあるが」
「……え?」
「タイラントとすらも戦って、こいつらは生き延びているんだ。舐めないで欲しい」
「そんな……」
 茫然とするその女は、どこも見ていないようだった。
 そして、やはり、片目も痩身も悪食も、誰も一向に良くなる気配はない。他の皆は、どうしたら良いのか分からないまま、ただ様子を見ていた。
 女に歩いた。
「え?」
 首に爪を突きつけ、服を破った。
 疳高い悲鳴が上がる。
 破った服の裏側には、自分達の鱗さえも貫けないような小さい銃器もあれば、注射器も複数あった。
 赤と青の注射器が、それぞれ3本ずつ。
 男が、何となく察したようで、女に聞いた。
「その注射器は何だ?」
「T-アビスのウイルスと、その抗ウイルス剤よ……」
「どっちがどっちだ? 正直に答えないと死ぬぞ」
 男の声には切迫感など全く無く、殆どいつもと変わっていなかった。
「そうさせない為にあんたが居るんだろうが!」
「役に立たない商品と戦わされて、そしてこっちの兵器にも傷が付いた。損害を被ったのはこっちだ」
 時間が無いんだよ。
 爪を喉に当てた。
「……赤い方よ」
 観念したように言った。が、男は更に聞いた。
「本当か?」
「こんな状況で嘘言えると思う?」
「……さあな」
 ……分からない。
 男の方を向いた。
「何だ?」
 爪を女の方に向けた。
「間違ってたら殺していいかという事か?」
 頷く。男は少し考えてから、言った。
「……いいぞ」
「えっ、ちょっと?」
 肉欲狂いに押し倒させて、命じた。
 まだ、犯すな。
「本当にそうするつもり? 何が起こるか分かっている訳?」
「どっちにせよ、ファルファレルロを全て死なせて手ぶらで帰るんだろう? どの位の損害になるかは知らないが、かなりのものだろうし、死んでも死ななくてもそう変わらないだろ」
 赤い注射器と青い注射器をそれぞれ丁寧に拾う。
 使い方は知ってる。針を血管に突き刺して、押せばいいだけだ。
「まあ……死ぬより酷い事になるだろうがな」
 振り返れば、肉欲狂いの股間からは既にソレが出始めていた。
 そこで女が叫んだ。
「青よ! 本当に! だから!」
 後はもう、青い注射器を突き刺せば良かった。
 が、まず片目に突き刺そうとした時、片目がそれを弾いた。
 刺そうとしたその青の注射器が飛んで、岩に当たって砕けた。
 ……え?
 片目の呼吸は、深く、長くなっていた。気付けば、体色がやや変わっていた。
 変異、したのか。
 ハンターαという種から、ファルファレルロという種に。死なずに、ただ血を舐めただけで、変異したのか。
 そして、片目はそれをもう、受け入れている。
 残り二本の注射器と、痩身と悪食を見た。
「早くどかしてよ! ねえ!」
 色欲狂いの口から涎が、女の顔に垂れていた。
 ……まあ、赤い方の注射器があれば、いつでもファルファレルロには変異できる。戻れる訳じゃないが。
 痩身と悪食は、青い注射器を弾く事は無かった。
 呼吸は落ち着き始め、体色も変わりはしなかった。
「終わったんでしょ? なら早くどかしてよ! ねえ!」
 色欲狂いは我慢しきれないように、顔を舐めていた。
 男は、やはり変わらない口調で言った。
「好きにしていいぞ」
 その途端に色欲狂いは、暴れ始めた。

 空になった注射器を捨てて、赤い方を眺める。
 これを打ち込めばファルファレルロになる。ただ、あんな粗暴にならざるを得ないのなら、それは止したかった。
 片目は、今はもうすっかり落ち着いて、けれど疲れ切った様子で腰を下ろしていた。
 体の大きさや爪の形とかの変異は全くない。体色と、目の色が少し変わっているだけだった。
 大丈夫なのか? 痩身はそのまま寝ていて、悪食は恨みを晴らすかのように色欲狂いと共に女を犯していた。どちらも、ハンターαのままだった。
 そして、片目も今の所は、あんな粗暴な姿とは違うような、ハンターαだった時のような印象のままだった。
 片目は、自分の身体の調子を確かめるように両腕の爪を何度か動かした。
 ……恐怖が体を襲った。
 その爪が、自分達に向けられる事は無いのだろうか。
 その仕草から、万が一にも、という事を考えてしまった。
 片目が自分の目線に気付いた時、丁度男が自分の前にやって来ていた。
「その赤い注射器は渡して貰おうか」
 男には素直に従った。
 首輪がある以上、この組織の人間にはいつまでも逆らえない。
 赤い注射器も無くなり、ふと、犯されている女の方を見た。
 破り捨てられた服の端に、赤と青の注射器がもう一つずつあったのが見えた。
「そろそろ戻るぞ」
 そう言う男はそれに気付いていなかった。
 女のぎりぎり手の届く範囲に、護身用の銃が未だに転がっている。
 歩くと、男の目線は自分に向かう。だが、銃を遠くに投げ捨てると、男の目線は逸れた。
 そしてそのまま男が自分の方を見ていない隙に、その注射器を口の中に入れた。
 舌で巻いて、口を閉じた。



No.10:

痩身
その渾名の通り痩せ型。体力はやや低め。敏捷性は随一。

No.21:

悪食
体力は随一。やや体は大きめ。リッカーとハンターγも少し食べた。

No.1:
片目
タイラントとの戦闘の時、一番表立って時間を稼いだ。その時に片目を失った。
ファルファレルロに正常に変異。