生物兵器の夢   作:ムラムリ
<< 前の話 次の話 >>

16 / 37
15. 殲滅ミッション 3

 今は夜だが、夜目も少しは利く。
 色欲狂い、それから能天気とも合流し森に向かって走る。痩身は別の方に行っているのか、会わなかった。荒地の方に車とかで逃げた方は、人間達が追っているとか。
 墜落したヘリコプターが炎上しているのも見えた。
 走っていると、人間の死体が多数あった。銃器と共に落ちていて、爆弾もあったが、今はもうこれ以上持てなかった。
 この暗闇なら、煙幕の爆弾は要らないか……? いや、一応持っておこう。
 走り続け、人間の死体が続く中で、プロテクターを着けていないファルファレルロの死体も見つけた。
 中堅、そして、悪食。
 …………死んでいる。本当に、もう、完全に。
 透明になれるからと言って過信し過ぎたのか?
 酷い驚きだった。こんな簡単に死んでいるなんて思いもしなかった。
 傷の跡は、普通に銃弾だった。
 プロテクターを身に着けていれば、屁にもならない弾丸を大量に撃ち込まれていた。
 片目は? 古傷は? 紅は? 他の中堅達は生きているのか?
 恐怖と焦りがあった。森の中からは、銃声が聞こえてくる。
 ……行かなければ。
 それ以降、ファルファレルロの死体が無かった事は幸いだった。

 森の中に入り、木々の上を伝って移動する。体はまだ、そう疲れていない。
 ……いや、ちょっと疲れている。
 未だに首輪を簡単に外せる事実に驚きを隠せていない。組織の人間を殺した事がばれるか不安だ。悪食が死んでいた事に更に驚いている。
 体は疲れていないが、色んな事が起こり過ぎて、頭が疲れているような感覚だった。
 ルービックキューブをずっとやっていた時の感覚にちょっと近い。もっと重い疲れだが。
 木々の上を伝いながら、銃声の方へ進む。
 気を引き締めた。疲れに身を任せるのは、まだまだ先だ。
 勢いのままに跳び、太い枝を掴む。遠心力に引っ張られるがままに更に先へ跳び、幹へ飛ぶ。
 いきなり、腹に衝撃が走った。
 そのまま背中から地面に落ちた。ぐちょ、と泥の中に突っ込んだ。
 ……撃たれた。
 プロテクターが無ければ死んでいた。プロテクターを身に着けてなかったら、ここで自分は終わっていた。
 ぞくぞく、と体が震えた。
 咳をしながら何とか幹の後ろに隠れると、色欲狂いと能天気も降りてきた。
 マスクの泥を払って、息を整えた。
 何なんだ? まだ距離は遠いのに、見えているのか?
 色欲狂いが大丈夫かと喉を鳴らしてきた。……大丈夫だ。
 見えている、というのは多分、間違いないだろう。暗闇に隠れているのも無駄だ。多分、擬態しても無駄なのだ。
 だから、悪食は死んだ。
 丸見えになっていないと思っていたのかどうか。
 はっきり断言は出来ないが。
 ここからは地上を走る事にした。手を握って爪を隠し、腕で顔と首を守りながら。

 走る。腕に強い衝撃が走る。
 骨折くらいはするかもしれない、と言われた。確かに結構痛かった。
 でも、それで済んでいる。そして骨折くらいと言われたなら、骨折程度じゃ使い捨てる怪我じゃない。
 それに……自分の価値は他の中堅や、多分色欲狂いや能天気よりも上だろう。
 かなりの怪我を負ってももしかしたら助けてもらえるかもしれない。
 止まらないと知ると、銃弾が今度は足に当たった。衝撃で思い切り転び、咄嗟に転がる。追撃が直前まで居た場所に来ていた。
 止まろうとした二体に先に進むよう指示し、自分も立ち上がって走ろうとして、気付いた。
 組織の人間の死体があった。そして、ファルファレルロの死体がもう一つあった。背中に傷があった。
 ……古傷だった。
 その近くの木の幹の背後に、まだ生き延びていたファルファレルロ達、片目と紅と中堅達が居た。片目の腕に穴があった。紅の足に穴があった。
 だらだらと血を流していた。
 生きていたが、もう負けていた。ここで縫い止められていた。
 きっと、人間も古傷もやられて、もうこれ以上先へ進めなくなっていたのだろう。
 片目と目が合った。目が、体全体が酷い悔しさで満ち溢れていた。
 行かなければ。自分達でしか殺せない。
 殺さないと、仲間達を助けられない。殺さないと、気が済まない。
 銃声が響いていた。

 先に距離を詰めていた色欲狂いと能天気が息を揃えて爆弾を投げていた。
 丁度良い位置に飛び、爆発と共に人間の悲鳴が聞こえた。
 タタタタ、と弾丸が自分達に当たる。プロテクターが全て弾いてくれる。
「何か身に着けてるぞあいつら!」
「通りでライフルでも死ななかった訳か!」
「どうするんだ!」
「とにかく怯ませろ! 防具を身につけてるとは言え、無敵じゃないはずだ! 狙うのは一番遅く来たリーダーの奴だ!
 指示を出していた!」
 全て聞こえている。
 怯ませるって事は何だ。ショットガンでも当てて来るか? 目くらましでもして来るか?
 固まっているのは危険だ。
 散るように命じた直後、爆弾が飛んできた。
 素直に爆発するか?
 木の幹に隠れ、直後、閃光が襲った。
 大丈夫だ。目は見えている。その場所に、爆弾が転がってきた。
 咄嗟に後ろに跳んだ。目と首を守りながら、そして直後に肩に銃弾が弾け、爆発が自分を襲った。
 吹き飛ばされて、背中を何かに打ち付けた。
 耳が聞こえない。息が一気に吐き出された。でも、首は守らなくては。首を狙われている。
 必死に首を守った腕に、弾丸が当たった。一瞬遅れていたら死んでいた。
 キィィィンと耳が鳴り響いている。何も聞こえない。
 立ち上がらなければいけなかった。けれど、足が動かなかった。
 激しく咳き込んだ。体の全身が痛んだ。
 でも、追撃は来なかった。
 何故?
 何とか立ち上がって目を凝らした時、ショットガンで至近距離から弾き飛ばされる色欲狂いが見えた。木の上の陰から複数の人間の懐に爆弾を投げた能天気が見えた。
 ショットガンを持った人間が倒れた色欲狂いに更に弾丸を放つ。首と目を守ってはいたが、衝撃で色欲狂いの体が強くぶれた。
 そして、爆発が起きた。
 逃げ遅れた人間の血しぶきが上がる。自分の目の前に吹き飛んできた人間を叩き落して爪を首に薙いだ。
 体は痛む。でももう、動ける。
 倒れた人間達へ能天気が素早く動き、命を刈り取っていく。
 色欲狂いにショットガンを浴びせていた人間が、爆風を受けて膝を付いていた。起き上がった色欲狂いが、それでも向けられたショットガンを奪い、思い切り銃床を脳天に叩き付けた。
 起き上がった最後の人間が怯えながら走って逃げ始め、自分が追いかけ、飛びかかって首を撥ねた。
 頭を失った体が、膝を付いて、倒れた。
 ……何とか、終わった。



No.6:
能天気

戦闘能力は片目、古傷にぎりぎり及ばない程で、かなり高い。
そして知性も主人公には及ばないがかなり高い。
万能。でも、暇な時はそんな能力の高い様子は全く無く、アホ面してる。


裏設定:
スナイパー達が成す術も無く殺されていた事より、ファルファレルロの可能性に気付き、サーモスコープの導入をしていた。
それにより、ファルファレルロの内、悪食及びに古傷、中堅複数が死亡。片目と紅も負傷。


ハンターの画像見返していて、思った。
……そもそも首輪、付けられる体型じゃなくね?